モン・サン・ミッシェル 7時


e0082110_10132686.jpg夜は潮が満ちて海だったのに

朝はランニングロードに

生まれて初めてご来光を拝みました

ギャラリーは3人

皆、日本人

国民性でしょうか

確かに、日暮れの方がドラマティックではありますが

朝陽には生命力を感じます

さっ一日が始まりますよ

あなたもわたしもガンバッテ
Commented by trico-travil at 2006-09-12 00:42
同じ陽の光なのにもかかわらず...

朝の陽の光と
夕暮れの陽の光ってどうしてあんなに違うのでしょう....

なんて書いていて...

それをすごく論理的に誰かに説明されても...困るのですが(笑

なにせ一応ロマンティックに浸っているので...(汗

でも確かに朝の陽の光って生命力に溢れていますよね♪
Commented by cocobear-riko at 2006-09-12 10:17
tricoさんへ♪rikoより

あはは、ロンリーな説明も聞いてみたいような気もしますが。

夕陽の中では愛する人と触れ合っていたいなあと思いますね。
↓のカップルのように。
でも、一人でもいいか。
朝陽は、はい、ロッキー(今なら亀田?)な気分にさせてくれます!

三年前、アラスカで夏のオーロラを見たことがあるのですよ。←夜中の3時
驚異を感じましたよ。

「誰と見るか(感じるか)」でも違ってくるでしょうねぇ。
by cocobear-riko | 2006-09-11 10:20 | トランクはパリに預け・・ | Comments(2)

鶴田眞利子「Les animaux au coin des rues de Paris ~パリの街角動物~」10年の撮影調査を得て出版へ。只今絶賛発売中♪取扱店一覧はコチラ→https://cocobear.exblog.jp/26111147/


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31