Champagne② Cathédrale

Notre-Dame de Reims ランスのノートルダム大聖堂
フランク王国の国王クロヴィスがランスの司教にキリスト教改宗の洗礼を受けたことから、歴代フランス国王の戴冠式が行われた歴史を持ちます。百年戦争の英雄であるジャンヌ・ダルクも、シャルル7世と共にランス大聖堂を訪れています。1991年、ユネスコの世界遺産に登録される

フランス革命、第一次世界大戦で戦火に包まれたランスのノートルダムはなんといまだ修復中なのですね。。こういう仕事、憧れます。。

ゴシック様式の最高傑作は、外見だけでなく彫像なども定評があります。特に正門入口(右側)の受胎告知のシーンに登場する「微笑みの天使(ガブリエル)」が有名。微笑みもよいですけど、衣を持つ手のしなやかなこと、、仏像でいうところの印相(身振り)を思い出しました。微笑みの天使のチャームをお土産に買いました♪

聖堂奥には、ノートルダムですから、マリア様の彫像、ジャンヌ・ダルクの彫像も祀ってあります。他、シャンパンの製造過程を描いたステンドグラス(シャンパン製造業者によって寄贈される)、シャガールのステンドグラス(1974年設置)、見応えあったなぁ

デジュネは、大聖堂が見えるレストランで♪ロゼが美味しかった~

※スタルクはupを撮っていないので翻訳不可能;(ごめんしゃい

e0082110_511314.jpg

e0082110_5111888.jpg

e0082110_5115799.jpg

e0082110_5121831.jpg

e0082110_5123973.jpg

e0082110_5133151.jpg

e0082110_51334.jpg

e0082110_5131526.jpg

e0082110_5134522.jpg

e0082110_5135758.jpg

e0082110_5141146.jpg

by cocobear-riko | 2010-07-07 01:35 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)

鶴田眞利子「Les animaux au coin des rues de Paris ~パリの街角動物~」10年の撮影調査を得て出版へ。只今絶賛発売中♪取扱店一覧はコチラ→https://cocobear.exblog.jp/26111147/


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30