オペラ座の王様

とにかくパリの動物写真で一番多かったのは"鳥"でした(295強)
内訳は、①鳥の巣 ②ワシ・タカ ③ニワトリ

家族愛、権力の象徴、フランスの象徴・紋章(雄鶏=ガリア←フランスの古名)
鳥類は人生を象徴するのに適しています

そうそう、先にご紹介したコメディフランセーズで求めたワイングラスにも"鳥"
の文字が彫られていました
※残りの一脚は割れてしまい何が彫られていたかは不明;

「c'est grace aux paroles que tout le monde se sent des ailes」
(みなが翼を持てるのは言葉のお陰だ)
Aristophanes「Les Oiseaux(鳥たち)」より

Aristophanes(アリストファネ)、なんと紀元前445頃~380年頃のお方
※ワイングラスにはsがついていなかった
古代アテナイを代表する喜劇作家、風刺作家
40余りの喜劇を作ったが 現存するのは11篇のみ
「鳥たち」は紀元前414年にアテナイ(アテネ)のディオニューシア祭で初演

物語は、社会の腐敗、裁判、デマゴーグ(煽動的(非難中傷デマ)民衆指導者)
にうんざりしていたアテナイ人のÉvelpideやPisétaireが、鳥の国をつくり世界
の支配者になろうと企てる物語。さて、二人(二羽?)は、世界の支配者になれるのか・・

民主主義の原点として古代ギリシャがいかに発展し衰退したかの一遍を垣間見る
ことのできる、まさに翼に言葉を乗せて現代に生きる我々に届けてくれる演劇
その橋渡しをしてくれるコメディ・フランセーズって、モリエールって、やっぱり偉大☆

・・オペラ座から話が大きく飛んでしまいました;
オペラ座に棲んでいるワシも今にも飛んでいきそう(笑

e0082110_4361071.jpg

by cocobear-riko | 2010-07-06 01:56 | 2e | Comments(0)

鶴田眞利子「Les animaux au coin des rues de Paris ~パリの街角動物~」10年の撮影調査を得て出版へ。只今絶賛発売中♪取扱店一覧はコチラ→https://cocobear.exblog.jp/26111147/


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30