タグ:au travail! ( 76 ) タグの人気記事
N°5・・・Photographier(写真を撮る)
e0082110_23365472.jpg

ひさしぶりの<au travail!(美しき仕事人たち)>(タグ)です。トロカデロのビストロで働いているムッシュは、お洒落で品があって親切で、お料理も一層美味しく感じられました。

ステーキフリット(ビーフステーキのフライドポテト添)を食べました。パリで必ず食べる一品です。結構、当たり外れのない料理かも?つけ合わせのフライドポテト(店々で料理方法が違います)も好きだったりします。なにもパリに来てまで、と思われるかもしれませんが、アメリカのそれとも違い、美味しくいただけるのです。好きです。ワインはロゼで。

e0082110_0153593.jpg

パリの街中ではジャガイモがこんな風に売られていました。米俵ならぬ芋俵;


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


e0082110_23301767.jpg「JAPAN TEDDY BEAR vol.45」

N°5・・・Photographier(写真を撮る)

フランス語の先生が一番気にいって下さっていたN°5。オルセー前でキリン(「メタモルフォズ」)を描いていた画家との再会はまだ果たせていません。いつの日か、きっと。


バックナンバーのお問い合わせご購入はコチラから
よろしくお願いいたします。
by cocobear-riko | 2008-12-07 00:19 | 16e | Comments(0)
仕事はお好きですか
e0082110_2364756.jpg

美しき仕事人たち、ひさしぶりの更新です。
締め切り三昧の今日この頃ですが、でなくても、暇さえあれば、アトリエの椅子に座っている私です。
今日、ある人から、「ホントにベアをつくるのがお好きなんですね」と言われました。
作りたい為に作っている、終わりがないですね、なんだろ、やはり、好きなんでしょうね。
私は仕事が大好きです。

今度の日曜日は、大阪ウナ・カーザで、「ネズミ教室」♪
e0082110_1452633.gif
by cocobear-riko | 2007-12-14 23:37 | 12e | Comments(2)
「ショコラの旅」を振り返る
e0082110_13445661.jpg

今日のブランチは、夫が、新宿伊勢丹で買ってきてくれたbeのパンとショコラ・ショー(MONBANA)。アラン・デュカスプロデュースのbeのパンはシンプルに食べたい時も嬉しいお味ですねぇ。ショコラ・ショーといえば、リヨンの老舗べルナシヨンで飲んだショコラ・ショーを思い出してしまいますが、以来、よく飲みます。
e0082110_13484094.jpg

ショコラ(たぶんこの名前 笑)が気持ちよさそうに朝寝坊をしている間、我々はキッチンの中へ・・
何かと大揺れの日本の食業界ですが、ベルナシヨンはいわゆるオープンキッチンですね。今回の旅で、チョコレートの奥深さを少し知ることができました。ベルナシヨンの特筆すべきは、昔ながらの製法で、カカオ豆の状態から商品になるまで、すべての作業を自社で行っている、というところ。
(現在のチョコレート専門店はクーベルチュールチョコレートをブレンドして使用することがほとんど)
e0082110_1350227.jpg

職人さんが、丁寧に、嬉しそうに、力を込めて、チョコレートが出来るまでを説明してくれました。
e0082110_14252925.jpg

Madokaさんが「ほしぃ~」とおっしゃっていましたっけ^^
e0082110_13493747.jpg

私は目ざとくクマを発見♪
e0082110_1355112.jpg

中庭を挟んだ先では、なめらかになったチョコレートが形になってゆく光景を見ることができました。
e0082110_13571443.jpg

こんな可愛らしいベルトコンベア~見たことありません☆
e0082110_14264392.jpg

もしかして手作業の方が早いのかもしれませんが(笑)、微笑ましいです。
e0082110_1359079.jpg

板チョコが一枚一枚手作業で詰められているなんて、なんて丁寧なのでしょう!と思いました。
e0082110_13591281.jpg

ベルナシヨンがリヨンにしかお店を構えないのが、わかるような気がしました。
品質保持のことを考えたら、お客さまのことを考えたら、輸出はもちろん、パリにも出せないはず。
e0082110_1415140.jpg

そんな中、日本人の若い女性が、2人、修行中でした。来年、新宿伊勢丹で開催される「サロン・デュ・ショコラ」で、帰国するそう。壁に貼られたレシピを見る、その眼差しは、真剣そのもの、職人の顔つきでした。
e0082110_133388.jpg

行く先々で書いていただいた有名ショコラティエのサインとツアー参加者のサイン。合作です♪
私は伊勢丹の「 i 」のところにクマを描いたのですが、「小さいですよ~もっと大きく描かなきゃ~」と言われてしまいました。こんなところに控えめな性格がでるんだなぁ(笑)。

来年も(あったら)是非参加したい、楽しい美味しい「ショコラの旅」でした。~

ps
明日は、「サロン・デュ・ショコラ2007(パリ)」、会場のショコラ風景をポンポンっとご紹介します。
by cocobear-riko | 2007-11-17 14:31 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
しぇりークラブ
コラムの下調べに汐留アド・ミュージアム東京へ行きました。
気になっていた電通ビル(ここがそうだったのね;ジャン・ヌーヴェル作)も表から見ることができました。不思議ですね、このビルは(も)。周りを映し込み、個性を持たずにただここに存在しているように感じます。でも、なんで、こんなに、心惹かれるのでしょう。。
e0082110_122533.jpg

夜はそのまま飲み友と銀座「しぇりークラブ」へ。
e0082110_12611.jpg

こちらでもコラムの下調べがあったのですが、が、楽しいお酒になってしまい、すっかり忘却;
e0082110_1263888.jpg


「しぇりークラブ」のつづきはコチラ
by cocobear-riko | 2007-09-13 12:36 | いろいろ | Comments(4)
美味しいところ
e0082110_0453824.jpg毎年、美味しいパン屋さんに選ばれているのですね。
 
店員さんの真面目で清潔な雰囲気に好感が持てます。

写真集の骨組みをつくるのに今週は何日か徹夜をしました。

6つの項目に写真をふりわけ、キャプションを考え、いや、考えだしたものにはあえてキャプションをつけませんでした。
  
その中には写真が物語っているものもあるし逆に語りかけたくなる一枚もあり。なかなか面白い作業でした。作業です。(まだ終わっていない;これからが本番)

本の出版は子供の出産とよく似ています。今夜は出産を終えてほっとしている気分です。しかし、初産ですから。きっと、思い描く通りには行かないと思いつつ・・ でも、そこが人生の醍醐味。面白いじゃぁありませんか。

全体ちょっとアンニュイな感じに仕上がるかも。。

流行のそれとも違うかも。。

説明も少ないかも。。
by cocobear-riko | 2007-08-12 01:04 | 4e | Comments(0)
83
e0082110_13281055.jpg

NHK教育テレビのフランス語会話が月曜から水曜になって、やっと習慣化してきました。昨夜はひさしぶりに”シリルの音楽情報コーナー”を見ることができて嬉しかったです。私は「Jardin D'hiver(ジャルダン・ディベール 温室 2000年)というシャンソンが好きなのですが、昨夜はちょうどその歌を歌ったアンリ・サルヴァドールと、サルヴァドールの復活の立役者でもある歌手で「Jardin D'hiver」の作詞者ケレン・アンが紹介されていました。サルヴァドールはこの時、83歳。現在90歳でいまだ現役で国内外で愛されています。大らかで豪快な(あの笑い袋のような笑い 失礼)お人柄ゆえですね。写真のアズナブールも御年83歳(こじ付けのようですが。いや、こじ付けです。笑)。パリで大々的にコンサートを行うようですが、サルヴァドールからしてみたら83歳なんてまだまだ・・ 「さよなら、アズナブール」なんて言ってたけど、忘れます、もう一度、いや何度も、日本に来て下さい。小さな雰囲気のいぃ会場であの歌声をもう一度、聴かせてほしい。。

ケレン・アンの「Jardin D'hiver」も持っていますが、やはり、サルヴァドールのシャンソンがいぃですね。

Ta robe a fleurs sous la pluie de novembre,
mes(tes) mains qui courent, je n'en peux plus de t'attendre.
Les annees passent. Qu'il est loin l'age tendre!
Nul ne peut nous entendre.
※発音記号は略

Je voudrais~
の出だしもいぃけど、サビのこの4行は、年を重ねた者にしか歌いこなせないものを感じます。そして、愛する者(愛妻)を亡くした者だけが理解できるサビシサ・・

11月の雨の中の花柄のワンピース 
走る手(スキンシップのこと 面白い表現です) 私は君を待つことができない
年月は過ぎ去る 若い時代 やさしい時代は なんて遠いのだろう
誰も私たちを聞くことはできない

ちなみに、「Jardin D'hiver」の作曲者バンジャマン・ビオレの妻は、あのマストロヤンニとドヌーヴの娘キアラ。役者が揃っています!
by cocobear-riko | 2007-07-12 14:23 | 8e | Comments(15)
George V ジョージ・ブイ
ではありません。ジョルジュ・サンクが正解^^
雑誌の編集者との往復書簡(みたいな)で、そう言ってフランス人に笑われたお友達がいるという話を読んでうけていたところですが。微笑ましい話です。
宿泊はパリ8区のジョルジュ・サンク通りにあるジョルジュ・サンクでした。
シャンゼリゼ大通りのあのルイ・ヴィトン本店から入ってすぐの立地のいぃオテルです。フォーシーズンズホテルが母体なだけあってフラワーディスプレイが素晴らしかった。フルーリスト、クリスチャン・トルチュ(流)の世界に、毎日、魅せられました。。
e0082110_10555332.jpg

部屋はゲーリー・クーパーもご宿泊したらしいフォトスタンドがベッドサイドのチェストの上に飾ってありました。マットが雲のようで、形状記憶というのでしょうか、体を包み込んでくれるというのはこういうことを言うのでは・・ な心地よさで、毎夜、緩やかに滑るように夢の中へ・・連れて帰りたかった。笑
e0082110_1056628.jpg

とにかく働いている人たちがみなさん素敵で・・ 確かに高級ホテルではありましたが、ありがちな緊張感を抱くこともなく、気分良く過ごすことができました。

「あなたはパリジェンヌ(まあまあ 笑)ですものね。今朝もフランス語のメニューをお持ちしましょう」と、毎朝、素敵な笑顔をみせてくれたレストランのムッシュ。

「彼女はなんて歌が上手なの。素敵」と、母の鼻歌(なぜか「ムーン・リヴァー」)に作業の手を休め聴き入っていた若くて可愛いメイドさん。

「ぼ、ぼ、僕でよいのですか?」一緒に写真に入っていただけますか、と尋ねると、驚きながらも快く承諾してくれ、ハニカミ王子顔負け(笑)な爽やかな笑顔を見せてくれたドアボーイ(写真集に登場するかも)。
e0082110_10562291.jpg

誇りを持って働く。
素晴らしいことです。
そして、その姿は、人々を、静かに、穏やかに、感動させます。
by cocobear-riko | 2007-06-27 12:29 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
Giverny 3
e0082110_21505590.jpg

e0082110_22385785.jpg

君の目の高さで・・
by cocobear-riko | 2007-06-20 21:51 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
コンコルド広場にて
秋に出版予定の写真集には「美しき仕事人たち」のコーナーも設ける予定です。
e0082110_2312832.jpg

パリは初夏ですか・・ 今日は八十八夜・・
e0082110_23122183.jpg

by cocobear-riko | 2007-05-02 23:14 | 1er arrt | Comments(8)
新年度
夫の会社も今日が入社式。
息子の大学の入学式も今週末(と書きながら、グレコのコンサートの日だ!と気付かされ;)。
でも、日々の営みは変わらない。
今週も今月も小さな楽しみ喜びを感じながら過ごしましょ☆
e0082110_1445219.jpg

by cocobear-riko | 2007-04-02 14:16 | 1er arrt | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b