タグ:写真集 ( 36 ) タグの人気記事
Calendrier 2017 取り扱い店舗一覧(随時更新中)
お陰さまでホームページが復旧いたしました。お問い合わせメールもniftyからgmailに変更になりましたので、よろしくお願いいたします。


e0082110_16205323.jpg

今や私のライフワークのひとつ、パリの街角動物の撮影研究をぎゅっと凝縮した来年の干支カレンダー「Calendrier2017」・・・取扱店がまたひとつ増えました♬
※日仏両国の祝祭日明記。日仏プチコラム付き(「鳥」について)。

パリで一番美しいパサージュ・・
ギャルリー・ヴィヴィアンヌの歴史のある古書店ジュソームに、私の作品とカレンダー2017を置かせていただけることになりました。11月下旬から来年の春まで。憧れの地での初めの一歩・・小さな小さなイベントですが、お見知りおきを。
※写真はジュソームの四代目店主François Jousseaum
Un Grand Merci..<(_ _)>

Mariko TSURUTA Exposition de fin novembre 2016 jusqu'au printemps 2017 à la Librairie Jousseaume

Permettez-moi de vous présenter mes œuvres et le calendrier 2017 en vente dans la Librairie Jousseaume. N'oubliez pas d'y jeter un œil !

Librairie Jousseaume
Maison fondée en 1826

45-46-47, Galerie Vivienne
75002 PARIS
Tél: +33 (0)1 42 96 06 24
Portable: +33 (0)7 70 70 11 26
Email : librairie.jousseaume@gmail.com




何よりも大好きな空間に自作の作品が有ることを最大の幸せと思って創作活動をしています。夢が叶って嬉しいです。

以下、カレンダーの取り扱い店舗です。よろしくお願いいたします。

ご厚意に感謝しつつ・・




e0082110_17461960.jpg

欧明社
東京都千代田区富士見2-3-4
03-3262-7276
※飯田橋本店にて販売中です。作品もご覧いただけます。


Dear Bear 目黒店
東京都品川区上大崎2-13-29-1F
03-5789-7766
※作品もご覧いただけます。


フルーツパーラーゴトー
東京都台東区浅草2-15-4
03-3844-6988


文房堂
東京都千代田区神田神保町1-21-1
03-3291-3441


Wine Bar タナカ 参道店
熊本市中央区上通町3-26(手取天満宮参道)Casa de Piano 1F
096-351-4424
※隣接するショップにて販売中です。


ホテルサンルート熊本
熊本県熊本市中央区下通1丁目7−18
096-322-2211
※4階フロントにて販売中です。


ティーハウス コッツウォルズ
熊本市中央区下通1-7-18 金剛ビル1F
096-352-5645



by cocobear-riko | 2016-11-16 17:14 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
Calendrier 2017@浅草フルーツパーラーゴト―
e0082110_0451455.jpg

今日はショコラの旅友と浅草ランデヴ♡デジュネの後、パーラーゴト―さんへ。私のカレンダーも素敵にディプレイして下さっていました。ご厚意にあらためて感謝。。また、思いがけず、大好きな画家 樋上公実子さんとコラボレーションのようになっていて、嬉しぃ^^



e0082110_045402.jpg

パリの街角動物のパネルも、ゴト―さんの壁によく合っていて、まるでパリの壁♡と思ったり。



e0082110_0455893.jpg

やはりパリの動物たちを家に眠らせておいてはいけない・・と思ったり。

来年はこの研究も10年目の節目の年、まとめて展示できるギャラリーを探しています。



e0082110_0462214.jpg

いろいろ考える前にパフェ^^今日は王道のミックスフルーツパフェをセレクト。

葡萄・・甲斐路(山梨)
梨・・豊水(福島)
スウィートバナナ(フィリピン)
グレープフルーツ・・南アフリカ
ゴールドパインアップル(フィリピン)
キウイ(ニュージーランド)
柿・・刀根早生(とねわせ 奈良)

自家製アイスクリームやコンフィチュールや生クリームのバランスもとてもよく、種類ごとに味も違う。以前いただいた四種の葡萄のパフェは、最後のひと匙の葡萄のコンポートの美味しさに、心が躍った♡



e0082110_0464328.jpg

ホットケーキは友達とシェア♡店内が一瞬ホットケーキを焼く甘いにおいに包まれるのです。さり気なく美味しいカフェオーレと一緒に。

・・この空間に私のカレンダーが在ることに幸せを感じつつ。。



by cocobear-riko | 2016-09-24 01:46 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
南米へ…
e0082110_1832310.jpg

羊の壁掛け教室の後、姉と、南米を旅してまいりました。

霧 晴れ 雨 色んな顔を見せてくれた天空のマチュピチュ

壮大で不思議でユニークなナスカの地上絵

今も耳に残るイグアスの滝

軽い高山病になりつつも、心躍りっぱなしの10日間

とにかくスケールが大きすぎて…

自分がちっぽけに思えたり、小さい事にくよくよしていたことを後悔したり…

なんてことは、不思議とありませんでしたよw

なぜか、自分は自分、と思えたのでした。

感動覚めやらぬうちにレポートしたいところですが…(気晴らしにレポできたら…)

とてもとても写真におさまりきれない南米の大自然、、ちょこっとダイジェストでご紹介しつつ、あらたなミッションでござる…



e0082110_2144714.jpg

私の初のカレンダー「パリの街角動物カレンダー2015 干支編」の通販をスタートいたします!

ご興味のある方はお知らせくださいませ。
よろしくお願いいたします(^.^)(-.-)(__)

rtsuruta@nifty.com
※非公開コメント、メッセージボックスなども、ご利用ください。



by cocobear-riko | 2014-10-06 18:04 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
鶴田眞利子作品展 "La boîte à jouets"@新宿伊勢丹Bear!Bear!Bear!
e0082110_4481526.jpg

GW明けの恒例イベント、いよいよ水曜日からとなりました。

今回のテーマは「おもちゃ箱」
おもちゃ箱をひっくり返したような遊び心のある作品ばかりですよ。

以下、告知と作品紹介です。よろしくお願いいたします。



♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


2014年5月7日(水)~2014年5月20日(火)
「鶴田眞利子作品展 "La boîte à jouets"」
新宿伊勢丹6階 Bear!Bear!Bear!にて
営業時間:10:30~20:00

初日はご来店の方を優先、10時30分から45分の間にお集まりいただき
ご購入の順番を決める抽選を行います。

作品は即売になりますので、作品展の期間中に全ての作品をご覧いただけない
可能性がありますので、ご了承ください。

販売方法など、詳しくは直接ショップにお問い合わせください。
03-5269-5744

作品はカナルのホームページにも掲載されます。コチラ


♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦



e0082110_229824.jpg

e0082110_2293371.jpg

今はなき渋谷の老舗洋裁生地店「マルナン」で求めた羊皮でつくったアニモー頭部たち。土台も小物も全てアンティーク、正に一期一会な組み合わせです(マルナン限定の羊皮、色と柔らかい手触りが気に入っていたのですが・・)。お部屋の片隅で飼ってあげてくださいませ^^



e0082110_242551.jpg

e0082110_2431271.jpg

e0082110_3262449.jpg

e0082110_2435230.jpg

e0082110_240163.jpg

そして、こちらも一期一会、ロッキングシリーズも、これにてお仕舞いとなります。。私物にしていたシュヴァルたちも手放します。今回の展示にピッタリ . ・☆



e0082110_2492754.jpg

壁掛けアニモーの中に配置させたのは「ムッシュJ・J(ジェイジェイ)」。バゲットとゼンマイ犬付き♫土佐紬ベアはフランスのアンティークの瞬きアイ、ドイツのアンティークパジャマを着ています。・・ちょっと今回は私物にしておきたい作品ばかりで、写真を撮りながら情が移ってしまいましたなり。。



e0082110_2553590.jpg

e0082110_301281.jpg

e0082110_303126.jpg

そして、定番の土佐紬ベアの新ヴァージョン、刺繍ベアたち~

「ムッシュ・ムーリス」とは一緒にパリを散歩・・

人気の「ショコラティエ」はキスマークの勲章つき・・

フランス人パントマイマー(マルセル・マルソー)がモデルの「ピンクのピエロ」・・

どのコもいぃでしょ♫

・・と、ここで気がついたのですが、うちの五本指のコたちは、手を合わせると ♡ハート♡ の形になるのです。ラブ注入♡の逆さヴァージョン^^



e0082110_3174915.jpg

もちろん「くまモン☆マリヌヌ」もおりまするよ。59号、ご苦労さ~ん^^/
※応援団に私物の39号を送り込んでいます!!



e0082110_325194.jpg

e0082110_3254328.jpg

そして、末筆ながら・・

今年はテディベア歴20周年の節目の年、そして、新宿伊勢丹BEAR!BEAR!BEAR!での初個展からちょうど10年!(今、気がつきました!)

これは何かサプライズがないと・・ということで、私の分身でもある、写真集にも登場しているベアたちを手放すことにしました。

「このコを手放す時は筆を折る時」とずっと言ってきましたが、深い意味はありません。年齢的に後どのくらい作家活動を続けているかわかりませんが、少なくとも折り返しは過ぎています。まだまだ新しい作品をつくり続けていくべく、今回、手放すことにしたのです。

・・プライスもサプライズですが、数字には代えることのできない想いを感じとって頂ければ嬉しいです。

ディスプレイに使っているプチマカロンも販売します。ルーヴルの職人展で使ったものです。パリジェンヌはこれを「携帯につけるわ♫」と言って買っていってくれました。

話は尽きませぬが、全て拘りの素材を使った一期一会な作品ばかりです。心躍りながらつくらせていただきました。

よろしくお願いいたします(^_-)
by cocobear-riko | 2014-05-05 06:11 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
パリ、今昔
Teddy Bear's Club 大阪うめだ阪急店(10F)でショップ内個展中ですが、なんと8年ぶりにブログのタイトルを変更しました!

タイトルバックはルーヴルのイスラム部門で撮った紀元前の教会装飾。なぜかモザイクに惹かれます。。動物は"ガゼル(カモシカ)"。女性の美、エレガンス、優美さの象徴。"砂漠の鹿"と呼ばれます。

うめだ阪急イベントは、通販も始まっています。毎日、作品展へのお取り合わせ、ご予約、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

平成25年4月10日(水)~23日(火)
「鶴田眞利子作品展"le violet(紫)"」
Teddy Bear's Club 大阪うめだ阪急店10Fにて

出展作品はコチラ。ご要望があり、写真集"le coin des nounours"も納品しています。在庫が残り少なくなってまいりましたので、よろしければ、この機会に、お求め下さいませ。



e0082110_8512950.jpg

芸術橋、今
南京錠で歩いている人が見えない。。。。。



e0082110_852659.jpg

芸術橋、一年前
南京錠はこの1年で急激に増えたことがわかる。。。。。
※芸術橋の移り変わりをまとめた記事はコチラ



e0082110_853194.jpg

53, rue des petits champs、今



e0082110_8533858.jpg

53, rue des petits champ 、8年前(私の写真集「le coin des nounours」より)

épicerieエピスリーは厳選食材を扱う食料品店、confiserieコンフィズリーはボンボンなどの砂糖菓子を扱ういわゆる日本でいうところの駄菓子屋さん、老舗のお店はパリでも希少価値になっているとか。なんとも可愛らしくて魅力的なショーウインドウ、つい覗き込んでしまう~



e0082110_8552276.jpg

e0082110_8561252.jpg

e0082110_857334.jpg

e0082110_857178.jpg

e0082110_8571744.jpg

e0082110_8574857.jpg

e0082110_8583643.jpg

今、お店は、マダムの娘さんがやっていらっしゃるのかな・・
ずっとここに居てほしいな。。
by cocobear-riko | 2013-04-15 07:07 | Paris | Comments(0)
L'Hotel(ロテル)の羊
e0082110_1675042.jpg


少し間があきました。お変わりありませんか?

私はといいますと、大学受験で上京中の姪を預かっていますので、賑々しくも楽しい(姪は受験だがw)毎日を過ごしています。そして、今年に入り、針を置いて作業を進めていた、パリの動物オブジェのフォトブックの編集・投稿が無事昨日終わりました~。私的なフォトブックですので、これを出版社にみてもらうわけですが。とにかく莫大な数の下調べ物が残っていますので、ぼちぼち地道に頑張らなければ!と決意を新たにしているところです。でも、そうのんびりともしていられず、来週から暫く熊本に里帰りすることに。また、戻ってまいりましたら、新作など、ご紹介いたしますが。オーダーやショップへの納品に加え、近いイベントとしましては、3月1日(木)から7日(水)まで、「昆虫の仲間達展」が、新宿伊勢丹BEAR!BEAR!BEAR!で開催です。私も久しぶりの昆虫作品を3作品、納品予定ですので、お楽しみに~

それでは、写真の説明を少し・・
(ちょっと加工して暗くしています。夜はたぶんこんな雰囲気なのでは・・とイメージ)

その前に・・

1997年から本格的に動物オブジェの撮影、研究(こう書くと専門家の先生に叱られそうですが)をしていますが、統計の結果、今までに、パリ20区の729ヶ所で、77種1,902体の動物と出合ったという数字が出てきました。前記の通り、まだまだ道の途中にて、今後これらの数字も膨らむことと思われまするが。ベスト10は、多い順に、鳥類、ライオン、魚類、馬、爬虫類、犬、羊、猫、牛、イルカ、昆虫(次点)。オベリスクとヴァンドーム広場のコラムをきちんと数えると馬がランクアップすると思われます。動物オブジェ密度ベスト3は、16区の95ヶ所、1区の75ヶ所、7区の59ヶ所。写真の建物のある6区も5番目に入る、動物オブジェ激戦区です

追記:ちょっとすみません、また余談w
今回、全体の統計とフォトブックに掲載するのに選んだ動物たちの統計を比較してみたのですが、あながち大きな違いは見られませんでした。どちらも、1852年から1940年のオブジェが圧倒的多数、それはいわゆる"今のパリ"が出来上がった時代の動物オブジェたち。今まで選挙の出口調査というものをあまり信じていなかったのですが、今なら信じることができますw


ここはセーヌ河近くのボザール通り、有名な国立美術学校エコール・デ・ボザールのある小さな通り。この通りの一角で羊(頭)が玄関守りをしていました。人の出入りが途切れることがなく、いい"気"を感じていたら、ここは、ホテルのよう。建物には、歴史プレートが数枚かかげられていました

もともとはあのマルゴ王妃(カトリーヌ・ドゥ・メディシスの娘。アンリ4世と政略結婚をさせられ、サン・バルテルミの虐殺では、マルゴの結婚式に集まったプロテスタント6000人が虐殺された。。)の別邸だったのですねぇ。ホルヘ・ルイス・ボルヘス(アルゼンチン出身の作家、詩人。幻想的な短編作品で知られている)のプレートもあります。ベル・エポックの歌姫ミスタンゲットもこのホテルを愛したひとり。そして、この16号室で、オスカー・ワイルド(アイルランド出身の作家)がその生涯を終えています(梅毒による脳髄膜炎)。

こんな歴史のあるオテルに導いてくれた羊さんに感謝です-人-
いつか泊まってみたいパリのホテルのひとつになりました。が、20部屋しかありません。。そして、とにかくお高い。。でも、あの、円形吹き抜けのエントランスで写真を撮ってみたい。。欲望は尽きません。。

あ、大事なことを書くのを忘れてしまいましたw
羊は、太陽と神性に結びつき、炎と情熱、生命と防御の象徴。パリでは果実や花々と一緒に飾られた羊頭のファサードをたくさん見かけます。果実や花々はその建物に住む人々に豊かさをもたらすと考えられています。このホテルのファサードの羊がなぜ羊なのかは残念ながら今のところはわかりませんが、、5年前にわからなかったことが最近わかったりしたこともありましたので、やはり地道に調査を続ける必要性を感じています。でも、わからないことがあっても、たまにはよいかも・・

ボザール通りと同じ6区、オデオンの近くのサンタンドレ小路に、大革命の際、ギヨタン博士が羊で人道的な断首器(いわゆるギロチン)の実験を行った屋根裏があるという記事(ミシュラングリーンブックより)を読みました。私は、犠牲になった羊たちのことを想像してしまいました。。泊まる予定もないのに、いろんなことを妄想していますw誰か止めてください!いや、泊めてくださいw

l'Hotel(19世紀はじめ)
13, rue des Beaux Art, 6e






ベル・エポックの歌姫ミスタンゲットの歌声を聴くことができます。美空ひばりさんをふと思い出したりして・・
by cocobear-riko | 2012-02-11 17:13 | 6e | Comments(0)
Minifee(小さい魔法使い)
e0082110_38108.jpg

忙しいのですが検索していたら「魔法使いサリー」のフランス語版に辿り着きまして(笑)

早口言葉のようで面白いなぁと思っていたら

歌詞が知りたくなり

意味が知りたくなり

そして、数年前にリュクサンブール公園で出会った天使を思い出しました・・

この時はパリ在住のフォトグラファー都筑清さん(私の写真集にも都筑さん撮影の写真
が数枚ありますが)に撮影を手伝っていただきましたが、今は東京を中心に活動していら
っしゃいますので、今月のパリでは、ご同輩のフォトグラファーさんをご紹介して頂きました
今からお目にかかるのが楽しみです
※↑の写真は私撮影です

で、サリーちゃんですが、、フランス語では(どうやらケベックでの放送だったよう)

Minifee(小さい魔法使い)

面白いのは歌詞の内容と歌い手の違い。サリーちゃんと人間という風に分かれています
訳詞はいつものように+-ありです。文字化けするのでアクセント記号も省略しています
「これは違うだろう」というところがありましたらご指摘ください。よろしくお願いします







「Minifee(小さい妖精)」

On m'appelle Minifee
Je suis une petite sorciere
Je voyage sur mon balai
Ca va plus vite qu'en chemin de fer
人は私を小さい魔法使いと呼ぶ
そ、私は小さい魔女よ
ほうきにのって旅をするの
電車より速いのよ

Elle arrive tout droit du beau pays magique
Son pere en est le roi
Et c'est la que ca se complique
彼女は魔法の国からやってきます
彼女のパパは王様です
それは事態をややこしくさせます

Minifee Minifee
ミニフェ~ ミニフェ~

Le roi est en colere
Quand elle est sur la terre
Il voudrait bien qu'elle revienne
Sa petite magicienne
パパは怒っています
小さい魔法使いが地球から
戻ってくることを願っています

Minifee Minifee
※この辺のコーラスにちょっとお一人音痴なムッシュがいますよね(笑)
Oui, mais nous on veut la garder
Wow
ミニフェ~ ミニフェ~
王様の気持ちもわかるけど、、このままいてほしい。。

Elle peut arranger d'un petit clin d'oeil magique
Elle peut meme transformer un vieux chameau en moustique
彼女は小さい魔法のウインクで問題を解決することができます
彼女は同じようにして蚊を年老いたラクダに変えることもできます

Minifee Minifee
ミニフェ~ ミニフェ~

Depuis qu'on la connait
On ne s'ennuie jamais
Avouez que c'est pratique
D'avoir une amie magique
人々はそれを知っていから
決してもめません
それが便利であることを認めてください
※王様にお願いしてる?便利って訳が合っているなら他力本願が少々気になる(笑)

Minifee Minifee
C'est chic d'avoir une amie fee
ミニフェ~ ミニフェ~
魔法使いの友達を持つことは素晴らしいことです

Minifee Minifee?
ミニフェ~ ミニフェはどこ~?

Me voila
私はここよ~





今度はYoutubeに合わせて日本語の歌詞で歌ってみてください
大変なことになります。お一人のときにエセイエしてみてください(笑)
※音痴に間違えられる恐れあり・・





「魔法使いサリー」

マハリク マハリタ
ヤンバラヤンヤンヤン
マハリク マハリタ
ヤンバラヤンヤンヤン

魔法の国から やって来た
ちょっとチャームな 女の子
サリーサリー
不思議な力で 町中に
夢と笑いを ふりまくの

サリーサリー
魔法使いサリー
ウーン

ほうきに乗って やって来た
ちょっとおちゃめな お姫さま
サリー サリー
魔法の言葉を となえると
愛と希望が とび出すの
サリーサリー 魔法使いサリー
サリーサリー サリーちゃん
by cocobear-riko | 2011-03-05 03:25 | 6e | Comments(0)
Les animaux fantastiques
e0082110_4295542.jpg

e0082110_43076.jpg

パリの動物達の中には架空の動物もたくさんいます
やっとこのコーナーの整理整頓ができましたが、まだまだ未撮影箇所が多々あることに
愕然としつつ・・その物語を調べていたらもう時間が足りない。。。。。
架空動物はいわゆるサイドメニューだと思っていたのですが、神話・伝承、最も大切な分野
だと気が付きました。架空動物達の種類がそれを物語っています

la gargouille(ガーゴイル)
les gorgones(ゴルゴーン)
la licorne(ラオコーン)
le centaure(ケンタウロス)
le dragon(ドラゴン)
le griffon(グリフォン)
le pégase(ペガサス)
le phénix(フェニックス)
le sphinx(スフィンクス)
la chimère(シメール怪物)
les chevaux marins(タツノオトシゴ)
l'hydre de lerne(レルネのヒュドラ)
l'hercule(ヘラクレス)

もろモローの世界(笑)
中でも驚いたのは赤字にしたles chevaux marins(海馬・タツノオトシゴ)!
l' hippocampeもタツノオトシゴですが架空動物だとles chevaux marinsになるのですね(?)
ちょうど来年の干支で勉強になりますが(笑)
コンコルド広場の燭台に施された馬とオブセルバトワールの噴水の馬(フレミエ作)も実は
ただの馬じゃなくてles chevaux marinsだと今気が付きました。。。。。^^;
フレミエの表現力に鳥肌が立ちました(フレミエを前にするといつもそう)

眠るのが惜しい位、資料作りが楽しい♪
が、そろそろ軍資金も必要だし、、オーダーの仕事もあるし、、そろそろ針も持ちたい。。でも・・

干支の"タツ"をつくりたくなってきました〜(笑


e0082110_4304195.jpg

e0082110_4317100.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-19 05:13 | Paris | Comments(0)
「ジャパンテディベアフェスティバル2009 in 東京」一日目
e0082110_225593.jpg

今朝は朝早くから17時の閉館ぎりぎりまで、「ジャパンテディベアフェスティバル2009 in 東京」にお越しいただきまして有難うございました。お疲れは出ていませんか~

久しぶりにたくさんの皆さんにお目にかかることができました。仲間たちにも。友達にも。お昼抜きでいっきに突っ走った感じですが、楽しかったです。今もうほっとして眠気(抜歯後の痛み止めも効き)に見舞われておりますが、、;

初めての会場中央での出展でした。やはり、フェスティバルは賑やかですねぇ。来年の開催も決まったそうですので、また、参加(花粉症の症状が心配材料ですが・・)したいと思っています。その前に、明日も、フェスティバルを楽しみます♪明日はゆっくり会場を見て回れるでしょうか。トランプもできるかな?笑

オペラ座バレエチーム(勝手に笑)作品も歴代のお教室サンプルチームも好評で、高原のリス教室の宣伝もがんばりました。写真集も買っていただきました。17時の閉館ぎりぎりには「ずっと気になって・・」と、ミドルベアのグリザイユを素敵なマドモアゼルが連れて帰って下さいました。ココベアはいつもちょっと個性派揃いのラインナップになりますが、、その違いをわかって下さるメダム&メッシュがいてくださって、、しみじみと嬉しさを噛み締めているフェスティバル一日目です。

A demain☆
(ア ドゥマン また明日)

e0082110_23115069.jpg

by cocobear-riko | 2009-03-21 23:36 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
トリコとセーヌクルーズ

e0082110_13231280.jpg クマ友のMさんが
 ヨーロッパ旅行の
 写真を送って下さ
 いました♪


 ココベア(トリコくん)
 をお供に。
 寒い中をこんなに
 素敵な雰囲気のあ
 る写真を撮って下さ
 いました。


 他、モンマルトルの
 カフェ、オペラ座、
 サンシャペル、エッ
 フェル塔、ホテル、
 ドイツのテディベア
 ショップなど。
 ※プロフィールの
  写真もMさん撮影


 お気に入りが居る
 風景はまるでその
 風景を独り占めして
 いるようにも感じます。


 セーヌ下りは未体験
 にて、嬉しかったです。
 下から見上げたパリ
 の景色、新鮮です♪


 merci



ps
ひさしぶりに写真集ネタを。
アマゾンでの取り扱い分が売り切れになったようです。(プレミア価格になっています)
出版元(マリア書房)にも在庫はありません。
イベント用に残してある本がありますので、購入希望の方はメール下さいませ。
rtsuruta@nifty.com

webでは以下でも購入可能です。
本やタウン
ジュンク堂書店
セブンアンドワイ
ブックサービス
JBOOK
紀伊国屋書店
オンライン書店ブープル
楽天ブックス
ヤフーブックス
by cocobear-riko | 2008-02-14 13:26 | クマたちがいる風景 | Comments(6)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31