タグ:写真の話 ( 6 ) タグの人気記事
パリの街角動物まとめ@2015春
e0082110_6434783.jpg

e0082110_646558.jpg

九ちゃんは「上を向いて歩こう」と歌っているけど・・


e0082110_644942.jpg

e0082110_6483468.jpg

探し物は足元にあることもある。
女の子に教えてもらった^w^

現在 899ヶ所 88種類 2,643体 !!

来年のカレンダーのテーマはズバリ「クマ」
クマはガリアの象徴、地上の権力の象徴でもある。
今回も3体の素敵なクマたちと出合ったので登場してもらう予定なり。
by cocobear-riko | 2015-04-21 18:06 | Paris | Comments(0)
撮影大会
e0082110_21365745.jpg

今日は終日、近所の公園で、ポストカード用の撮影をしました。
風の強い一日ではありましたが、野球のボールが当たることもなく(隣でやっていた;
スムーズに撮影を終えることができました。

ちょうど一週間前、ちこれさんから求めた敷布が想像以上にいい味を出していて
とにかく、撮影していて楽しかった~

e0082110_215962.jpg

~風~を感じるクロスです。

所々にあいた穴を別布で優しくアップリケしてあります。
お母さんの針仕事ですね。

「誰だって心に穴が開くほどの辛い経験をしているもの。
穴は、ほら、こうして楽しめばいいのよ」

声なき声が聞こえてきそうな、温かみのあるクロスなのですわ・・

e0082110_2143050.jpg

最後は強風に倒されてしまった動物たちでしたが;
私の気持ちが通じたのか、撮影中はずっと踏ん張って集中してがんばってくれました。

「ヤギ教室」のお申し込みはコチラ
よろしくお願いいたします☆

今日は気持ちがよかった~♪♪
by cocobear-riko | 2009-04-26 22:07 | 鶴田のイベント情報 | Comments(4)
戦場カメラマンを想う
e0082110_12313369.jpg

NHKで放送されていた報道写真家・石川文洋さんのドキュメンタリーを興味深くみました。
石川さんは、1965年からフリーのカメラマンとしてベトナムのサイゴンに滞在。4年間にわたってサイゴン政府軍、アメリカ軍の従軍カメラマンとして、ベトナム戦争の最前線を撮り続けました。

「戦争は人を変えてしまう。怖さに慣れることはなかった。日に日に怖さが増し、自問自答の日々だった」

四国巡礼の旅にも出られたということ。
「戦争は愚かなこと。繰り返してはいけない」という言葉には重み深みがあります。

写真は、カンボジアのシュムリ・アップ、アンコール三聖山のひとつプノン・バケンから撮ったアンコール・ワットの夕暮れです。お天気がイマイチで残念でしたが、、
一ノ瀬泰造さんも、正にこの場所から、アンコール・ワットを撮っています。

プノン・バケンは60mの丘ですが、少し前までは登山道も整備されておらず、急斜面を上り下りしなくてはいけなかったので大変だったと夫が言っていましたが、それでも、頂上付近は急な階段になっていて、腰が抜けそうになりました(私だけ;)。

一ノ瀬泰造



e0082110_12322061.jpg  人間には、生きるための本能があると
  同時に、死に向かう本能があると、フロ
  イト(オーストリアの神経科医 1856~
  1939)は主張しています。

  鹿島茂さんのご本からの受け売りです
  が、マラソンランナーのランナーズハイ
  もその一種らしいです。

  石川カメラマンは、戦場では恐怖が慣れ
  ることはなかったと述べていらっしゃいま
  したが・・
  一ノ瀬泰造さんはどうだったのでしょう・・

  止まることは自分が許さない

  動かす何かがあった

  マラソンランナーのようです。

ゴールは「祈り」
by cocobear-riko | 2008-06-04 13:48 | いろいろ | Comments(2)
SAISON 5  セゾン サンク  五つめの四季
e0082110_22265440.jpg

昨夜は楽しい夜でした。この年で新しい友達ができると言うのは宝だなぁと思って。彼女(同じ年)の専門は心理学、パリでの再開を約束し、明後日、遅咲きの新婚生活をスタートさせるべく、デュッセルドルフへと旅立ちます。

ディネの前にシャネルビルの中にあるNEXUSホールへ寄りました。
アントワーヌ・プーペルの写真展開催中でした。私がパンプレットを見ていると・・
「これとこれは上のレストランに展示してありますよ」(英語で)
どなた?と思ったらプーペルさんその人でした~;♪
※上のレストラン・・10階「ベージュ東京」 シャネルとアラン・デュカスのコラボレーションによって生まれたレストラン

パリのキャバレー「クレイジーホース」の舞台裏を撮影した作品で知られる写真家が撮る自然は、奥様が日本人ということも影響してか、四季、いや、四季を超える「五つめの季節」という独特な世界を創り上げていました。私は、ジャクソン・ポロックのアクション・ペインティングをイメージしましたが、映像の重ね織りは着物の反物のようでもあります。

添付した写真は、私が6区のザッキン美術館の中庭で撮った写真ですが、時に、自然(人工ですが)と向き合って、無心になって撮っている自分がいます。プーペルさんはいわゆる"シャネルの5番"へのオマージュを込めて「SAISON 5」としましたが、お洒落ですね、五つめの四季は見る側それぞれの心の中に自由に存在している世界だと思いました。感じるままに感じたい感じていたいですね。
e0082110_024251.jpg

リュクサンブール公園の近くにあるザッキン美術館は静かで心休まるところでした・・

Ossip Zadkine(オシップ・ザッキン)
1890年7月14日~1967年11月25日
旧ロシア領ベラルーシ・ビテプスク出身の彫刻家、画家。
ピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治らとともにエコール・ド・パリ(パリ派)の芸術家として活躍。黒人彫刻の影響を受け、アフリカ的手法を取り入れた作風で知られている。藤田嗣治を証人に立て、アルジェリア出身の女流画家ヴィランティーヌ・プラックスと結婚。二科会外国会員として二科展にも多く出品。親日家としても知られている。
e0082110_2359138.jpg

by cocobear-riko | 2008-04-28 22:27 | 6e | Comments(4)
初受賞
あるフォトコンテストで人気投票2位をいただきました。写真では始めての受賞。
今日、電話で受賞の知らせを聞いて、小躍りした私です。
ロムラーさんで投票してくださった方もいると思いますが・・(^^

投票してくださった皆さん、ありがとうございました。

上手く吹こうとか、誉めてもらおうとか…そんなのどうかしている。
さあ!いざ音楽を!!

mixi繋がりで仲良くしていただいているクラリネット奏者、玄 宗哲氏のある日の日記(引用、ごめんね)。
同じ心持です。ベア製作も写真も。
彼から、マイミクさん(mixi)から教わることが多い不思議をいましみじみ感じながら・・

私の写真に共感してくださった方が一人でも居てくださることに
言葉には言い表せないほどの幸せを感じでいます今。それだけ。
このコンテストが行われたのが名古屋だったことも必然かも。。

心から・・

merci
e0082110_21265651.jpg

by cocobear-riko | 2007-05-05 21:37 | クマたちがいる風景 | Comments(6)
VR Zoom-Nikkor 18-200mm
く~;(いきなり嬉し泣き)うちのD50に新しいレンズを買ってあげました。
フランス行きに向けて特訓精進であります!

昨日、フランス語の帰りに銀座レモン社へ。
レモン社はカメラ少年の楽園でありますね。うちのD50もここで購入。
レンズを購入後、待ち切れなくてさっそく撮影会♪
e0082110_13105085.jpg

おお奥行きがでますねえ。ポールもちゃんと確認できるし。
e0082110_1311546.jpg

くるっと向きなおして、毎度お馴染み銀座ビーチグローヴへ。
紫陽花が満開でした♪大人買いしたい美しい一品です。
(ARGY ROUSSEAU アルジー・ロッソー 1921 フランス)
砂時計は1時間時計。1800年初期のもの。これもいいねえ。
e0082110_13152421.jpg

旅行がなければ大人買いするかもな一輪差し。おフランスモノ。色といいカットといい私好み。
e0082110_13184051.jpg

いつも私のお遊びに付き合ってくれる堤氏に感謝であります。ペコリ

つづく
by cocobear-riko | 2006-07-01 13:26 | いろいろ | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31