タグ:パリ1区~20区覚書 ( 1 ) タグの人気記事
パリ1区~20区覚書(かなり私寄りな;)
e0082110_1542485.jpg皆さんもお気づきのことと思いますが、パリ関係のブログにおいて、カテゴリーを1区~20区としている方を多くみかけます。ココもそうですが。最初は、道を覚えるために、と思っていたのですが、歩いてみると、これまでの歴史や区ごとの行政方針の違いが街に反映していて、「○区らしい」「ここって何区だろう」「住むなら○区」など、個性を楽しむようになってきました。

パリ(フランス)の住所は「番地+通りの名前+区番号」なので、住所が分かると場所も正確に分かります。グーグルマップのストリートビュー(個人情報保護法はどうなってるの??)でみたら、、便利な反面ちょっと恐かったりして><近所を歩いている自分、べランダで洗濯物を干している自分が映っているかも;住所は簡単に教えるものではなさそうです。。

Le 1er arrondissement
ルーヴル美術館、裁判所、ヴァンドーム広場
パリ(フランス)の中枢。観光客が多くきらびやか。最も犯罪率が高い。

Le 2e arrondissement
パサージュ群、日本人街、オペラ通り(北)
日本が恋しくなったら2区!

Le 3e arrondissement
人形博物館、ピカソ美術館、カルナヴァレ美術館
美術館・画廊の数がパリで一番多い。

Le 4e arrondissementサンス館、ヴォージュ広場、ノートル・ダム寺院
中世の古い街並が残っている。お洒落なお店や人が多い。(美)男性カップルをよく見かける。

Le 5e arrondissement
植物園、クリュニー美術館、パリ第3~第6大学(ソルボンヌ他)
カルティエ・ラタン。若さ、活気がある。

Le 6e arrondissement
リュクサンブール公園、サンジェルマン・デ・プレ教会、動物オブジェ(パリで一番多い)
パリの人たちも憧れるサンジェルマン・デ・プレ地区。

Le 7e arrondissement
エッフェル塔、オルセー美術館、アンヴァリッド
住人の所得の高さがパリで一番☆

Le 8e arrondissement
コンコルド広場、シャンゼリゼ大通り、エリゼ宮(サルコジさんが居る)
ということでポリスも多し!そして、地霊を感じる地区。。
※エリゼ宮近くの立ち入り禁止地域をダッシュで通り抜けようとしてポリスに注意された経験あり。笑

Le 9e arrondissement
オペラ座、ギャルリー・ラファイエット、アヴニュ・フロショー(袋小路)
アヴニュ・フロショーの住人には、ユゴー、ロートレック、大デュマ、ジャン・ルノワール、モローなど。映画「パリ・ジュテーム」にもちらっと登場。

Le 10e arrondissement
北駅、東駅、馬小屋(通り、小道、広場、同じ名前が3つ集まる地域あり)
昔は馬、今は鉄道。旅行者狙いの犯罪多し!

Le 11e arrondissement
バスティーユ広場、シルク・ディヴェール、カナル・サン・マルタン
バスティーユ監獄には"ベールで顔を覆った囚人(仮面の男)"が1703年まで収監されていました。

Le 12e arrondissement
リヨン駅、ヴァンセンヌの森、ナシオン広場
ナシオン広場の「共和国の街頭」(ダルー作)は隠れた名作。マリアンヌとライオン。

Le 13e arrondissement
ビュット・オー・カイユ、チャイナタウン、オーステルリッツ駅
楽しい落書き多い。街歩きが楽しい。

Le 14e arrondissement
ヴァンヴ蚤の市、モンパルナス墓地、カタコンブ(地下墓地)
19世紀のモン(山)パルナス(詩人・詩歌)、石切り場では多くの労働者が働いていました。
労働者の街。

Le 15e arrondissement
ブラッサンス公園、サン・ランベール公園、ZOO(大好きなレストラン「ゾー」^^)
パリで犯罪率が一番低い区。ジョルジュ・ブラッサンス公園では週末に古本市が開催される。好きな市。

Le 16e arrondissement
凱旋門、シャイヨー宮、ラヌラフ公園
日本人駐在員が多く住む高級住宅街。品のある建物(動物オブジェ)が多い。

Le 17e arrondissement
凱旋門、モンソー公園、バティニョール公園
正統派な動物オブジェ多し。古くて格好いい。威厳を感じる、「生きてる!」と思う。好き。

Le 18e arrondissement
モンマルトル、ムーラン・ルージュ、クリニャンクール蚤の市
昔も今も芸術の街。村。

Le 19e arrondissement
お祭り広場、ラ・ヴィレット、ビュット・ショーモン公園
一人あたりの平均部屋数がパリで最も少ない(狭いアパートに大勢で暮らしている。映画でもそういうシーンを見ることがある)。有色人種の割合が高い。

Le 20e arrondissement
ペール・ラシェーズ墓地、ベル・ヴィル公園、Rue du Japon(日本通り)
ベル・ヴィル地区、住民でも怖くて通れない場所があるよう、"美しい街"という名前なのに。。

※こまめに更新します。
by cocobear-riko | 2009-02-16 16:09 | Paris | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31