<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
「銀座三越 クリスマスwithテディ 2012」
お待たせしました!!「銀座三越 クリスマスwithテディ 2012」の作品を、ご紹介いたします。ユニークでチャーミングなコたちばかりですよ~よろしくお願いいたします♬




e0082110_2249894.jpg

まず、最初に作り始めたのは、「フレンチ・でんでんsold out merci*
イギリスのアンティークのクマガラガラをフランス風?にリメイクした、個性的なでんでん太鼓^^wになりました。



e0082110_22493072.jpg

ドール用のアンティークの目は過日のパリで求めました。その他の古物も全てフランスのものです。



e0082110_07393.jpgこちらは変身前のマダムでんでん

アンティークのリメイク品にてどうしても値段設定が高くなってしまいますが、、なんともチャーミングなコに生まれ変わりましたので、よろしくお願いいたします。
















動画もお楽しみください♪「いないいないバー、チーキーズ」同様、ちょっと手放したくない作品です。。。。。。。。。。



ぶれぶれで失礼しましたw
でも、、カワイイでしょ~~~~~
※BGMは、シャルル・トルネ「L'Ours(ルース/クマ)」です^^




e0082110_22562399.jpg

そして、こちらは、「ファラオ・ツタンカーメンsold out merci*
来年の干支もの作品を考えていて閃いた作品(被り物にコブラ^^)。エジプトにとってフランスは国の考古学の発展に貢献した国、フランスにとってエジプトは興味をそそられる神秘の国。それはパリのランドマークからも一目瞭然。エジプト旅行は家族全員一致の夢であります。守り神のアヌビス風のチャームは、前に求めたもの。実は、『テディべアの群像』に登場したべアがつけていました。群像のべアは、パリで販売予定です(衣替えをし再登場!またこちらでご紹介します)。でも、アヌビスがここで役に立つとは。。小物ももちろんフランスモノでかためました。被り物のストライプも一本一本アップリケ!!



e0082110_073859.jpgベアの素材はフランスの古い綿です。パリの老舗のデパート、サマリテーヌ(老朽化で閉店。リニューアルされる予定)で販売していた、赤ちゃん用の腹巻きだったよう。土曜日のヴァンブ蚤の市(業者向き)で出合いました。縫ってみてビックリ!土佐紬によく似ているのです。。残りも大事に使います。。
















以上の2作品です!



と思いましたが~




e0082110_22583625.jpg

今年は実演できませんので、特別出陣!私物でしたが、「(くまモン)マリヌヌ2号」をマリコロン付きで納品させていただきました。お得感たっぷりですが、とてもお似合いのカップルなので、よしとします。



以下、告知です。よろしくお願いいたします。



ーーーーー


2012年12月1日(土)~9日(日)
銀座三越 「テディべア with テディ」
9階テラスコート・テラスルームにて

作家テディベアの販売について(HPより抜粋)
12月1日(土)に、銀座三越地下1階 化粧品口にて午前8時より整理券を配布いたします。
※整理券の配布は、当日午前9時30分にご集合可能な方に限らせていただきます。
整理券をお持ちの方の入場を優先させていただきます。

詳細はコチラをご覧ください。


ーーーーー
by cocobear-riko | 2012-11-28 23:56 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
「カルーゼル技術工芸・創作見本市2012」
※up済みの記事ですが、追記を赤字で書き足しています。


e0082110_6595840.jpg

2012年12月5日(水)~9日(日) 10時~20時
「カルーゼル技術工芸・創作見本市2012」
フランス・パリ / ル・カルーゼル・デュ・ルーヴルにて
主催: イル・ド・フランス地域圏手工業者・職人組合
※12月5日(水曜日)は、13時にオープン、
19時~22時まで各ブースでヴェルニサージュ(オープニングパーティ)♬

2年に一度、イル・ド・フランス地域圏手工業者・職人組合(パリ市を含む8つの県で構成)、およびパリ市の支援のもと、ルーヴルの一角で開催される、今年で7回目を迎える「カルーゼル技術工芸・創作見本市2012」に参加します。本来は、フランス人アーティスト、クリエーターのための展示会ですが、毎回、招待国として世界から一ヶ国が招かれており(2008年はカナダ・ケベック、2012年はロシア)、2012年の今年は、なんと、日本が招待国として選ばれたのでした。ジェトロ・パリもブースを構えるということですので心強いですが、なるべくご迷惑をかけないよう頑張ります! よろしければ、遊びにいらしてください!

そして、イベントの詳細がオフィシャルサイトにupされました。私はアート部門に入れて頂きましたコチラ。部門は3つ、Art et Espace、Déco-Design、Mode。本格的に制作を始めたのは1995年ですが、2003年になっています。でも、たくさんのプロフィール文の中で、2003年を抜粋した意味を考えると、、もしかして間違いではないかもと思い、訂正依頼を取り止めにしました(2003年はecole de cocoをスタートさせた年)。さっそくフェイスブックでフランスの職人さん方と繋がり、交流開始。会話に不自由しそうなので先手必勝ですw。
※私のブースはX5です。

出展者は、モザイクとステンドグラス職人が目立ちます。ルーヴルのイスラム部門を見た甲斐があったというか(モザイク三昧だったので)、気になる職人さんがいたので、会場で作業風景を拝見できることを楽しみにしております。他、カリグラフィーや彫刻や面白いところで暖炉のマントロピースやブーメラン職人やORIGAMI(折り紙)アートと題してアクセサリーをつくっているマダム、etc、etc

出展者のサイトを見ているだけでも楽しいですし、バーチャルな予習になり、モチベーションがまたまたあがりました!

Chambre régionale de métiers et de l'’artisanat d’Ile-de-France
marie nounours(Mariko TSURUTA)


ーーーーー


- Le Carrousel des métiers d'art et de création 2012 -
du 5 au 9 décembre
au Carrousel du Louvre à Paris

La 7ème biennale du Carrousel des métiers d'art et de création, organisée par la CRMA Ile-de-France, aura lieu du 5 au 9 décembre 2012 au Carrousel du Louvre à Paris. Cinq jours de découvertes, de rencontres, d’échanges, de coups de coeur pour des métiers d’art et de création !

Veuillez me rendre visite. Je suis heureuse que vous puissiez venir.

- le mercredi 5 décembre de 13h à 20h
- du jeudi 6 au dimanche 9 décembre de 10h à 20h

Mercredi 5 décemble de 19:00 à 22:00 : soirée vernissage
Jeudi 6 et vendredi 7 décembre : visites d'établissements scolaires


ーーーーー
by cocobear-riko | 2012-11-22 23:06 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
「バリアを越えるイマジネーション」
e0082110_22473886.jpg

パリレポが完了し、一人ほっとしています。。twitterやfacebookは、記録としては残りませんので、ブログでのレポートを、これからも大切にしてまいります。仕事が押している時は大変な時もありますが、出来るだけ、がんばります。

暫く、イベント情報が続きます~

友達の長棟まおさん(詩人、テディベアコレクター)が、12月15日(土)、明治大学に新しく新設される国際日本学研究科の開設記念イベントのシンポジウム「バリアを越えるイマジネーション」のパネルディスカッションで、パネリストとして登場することになりました。




e0082110_22473331.jpg

チラシの裏面、まおさんのプロフィール写真と共に、イメージ画像として、まおさんからのご依頼で制作・撮影協力したマルティン・ルターベアが掲載されています。まおさんの5年間にわたるコレクション、英国ハルシオン・デイズのクマ楽団もレアで素晴らしいです。シンポジウムには我が家の男子チームも行くと言っています。皆さんも、是非!!

詳細はコチラをご覧ください。
by cocobear-riko | 2012-11-22 23:04 | いろいろ | Comments(0)
Nouvel 11
e0082110_1836308.jpg

新しい記事を一気に11記事upしました!! 見てやってくだされ。
来週は、銀座三越作品と、パリに連れて行く作品を、ご紹介しますよ~
お楽しみに~/
by cocobear-riko | 2012-11-22 18:41 | 7e | Comments(0)
干支教室2012
e0082110_1062530.jpg

今年はどうしたことでしょう、干支教室@中目黒Dear Bearでの「干支教室」は、早々に定員10名に達し、受付終了となっています。キャンセル待ち、ヘビコロールのオーダーも頂き、気に留めて頂きまして有難うございました。でもいかんせんこの素材がもうないのです。代用できる布、またはデザインを変えて、干支作品をご紹介できればと思っています(12月中旬前には)。その前に、12月1日より「銀座三越クリスマスwithテディ2012」がスタートいたします。こちらも、干支ものを納品する予定ですので、また、ココでご紹介してまいりますね。よろしくお願いいたします。

写真は、パリ3区にて。宝石屋さんかな?と思ったら、Credit Municipal (公益質屋)でした。私はパリのオークションは未経験ですが、ドゥルオーよりも敷居が低く初心者向け、らしい。興味津々。いつか行ってみましょ。

le Crédit municipal
55, rue des Francs-Bourgeois
by cocobear-riko | 2012-11-22 18:14 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
Au revoir à Louvois !
e0082110_18523637.jpg

e0082110_18531557.jpg

いきなり話しは飛びますが(いつものことw)、修復といえば、ルーアン大聖堂が修復を終え、平日でも内部の見学が出来るようになったのですね。私が前に行ったのは確か日曜日、平日に行っていたら入れなかったのですね。ラッキーでした。でも、その後に行ったジャンヌ・ダルク教会は開館時間に間に合っていないので、プラマイゼロですけど(そういう問題ではないw)。そして、アンヴァリットでのお目当て、「ル・ーヴォア(狼は見ている)侯の記念碑」は、まだ、修復中でした。ルーヴォワ侯に、足場の間から、「また来なさい」と言われているように感じつつ・・

ルーヴォワ侯ことフランソワ=ミシェル・ル・テリエ (1641年1月18日 - 1691年7月16日)
17世紀フランスの政治家。父ミシェル・ル・テリエはルイ14世の陸軍大臣。頑固で自負心が強く、遠慮のない人柄が太陽王に気に入られましたが、保守的な政治姿勢で王の好意を失い、50歳で世を去ります。

しかし、このルー・ヴォア侯、姿を変えて、アンヴァリットに住み続けているのです。。。

1671年、傷病兵を療養させるため、このオテル・デ・ザンヴァリッドを建設、その際、自分の紋章を中庭の建物の切り妻壁に残したのです。太陽王は、全てを取り除くよう、彫刻師に命令しますが、彫刻師のひとりが、右5番目の彫刻に、狼の脚の間に小窓を配して「ルー・ヴォア(ルー=狼、ヴォア=見ている)」を残したのでした。

ルーヴォア侯は、兵士に対する規律の厳格化で質の向上を図り、兵器工場及び兵舎や馬の食料貯蔵庫の設立で後方支援を整え、1687年には当時最新鋭の銃剣を採用、これらの努力によって、ルイ14世の軍隊を世界一と賞される強さに仕上げました。失意の最期だったかもしれませんが、その自信が伺える「ル・ーヴォア侯の記念碑」、さて、いつ、姿を現してくださることでしょう。

一部、wikiとミシュラングリーンブックより引用しました。



e0082110_1033956.jpg

と、近くを歩いていると、蹄の音・・



e0082110_104337.jpg

e0082110_1044437.jpg

Ecole Militaire(士官学校)でした。同じくルイ14世時代にポンパドゥール夫人の尽力によりつくられました。ここの卒業生といえば、なんといっても、ナポレオンです!!

あぁでも私はこの辺は鬼門だったのですよ。克服でくるものなのですね。ここに来るのは次回は来春、かな。。

A la prochaine fois! Au revoir à Louvois ^^/
by cocobear-riko | 2012-11-22 18:04 | 7e | Comments(0)
La Messe Des Animaux à l'Eglise St Rita à PARIS
e0082110_9562549.jpg

e0082110_9571324.jpg

e0082110_9574128.jpg

パリ15区のサン・リタ教会で、動物たちの為のミサが、毎年11月の第一週目に行われています。今年は行ける♬と思って教会に向かうと、ガックシ・・ ミサは、15:30からでした(私がアパルトマンを出発する時刻)。ミサとか午前中ではないのか~と思いつつw、ま、「また来なさい」と言われているようで(こればっかりw)、持参したリスちゃん(前に飼っていたリスを偲んでつくった作品)と写真を撮って、サン・リタさま(教会の入口に亡骸が。。たぶんマネキンだと思われまするが。。)に再訪を約束し、教会をあとにしました。

いったいラクダはどこから連れてきたのだろう。。w
by cocobear-riko | 2012-11-22 18:01 | 15e | Comments(0)
Mauro Perucchetti
5年ぶりのルーヴル、イスラム部門に行こうと思ったら、この日はマルディ、休館日だった。。前は必ずチェックしていた美術館・博物館の休館日と営業時間、、とんとご無沙汰している間に。。いかん、いかん、気持ちを入れ替えなければーー、と思っていると、ここにも登場、アンケートジプシーが「マダム、アンケートに答えてください。マダム、マダム、、」としつこくつきまとってきた。。でも、この日のマダムは、そういうことで機嫌が悪かったのだ。一喝で近寄らなくなったw。

でも、クールカレ沿いの街角アートで楽しい出合いがあったのでよしとしよう。イタリア人アーティストMauro Perucchetti作の「レディ・ダビデ」(タイトルを書いたメモを無くしてしまった)と「見ざる聞かざる言わざる」、面白い!

見ざる~はよく目にするテーマだけど、やはりこれって永遠のテーマ、カラフルなグミのようなオブジェからパリを覗き見ながら、しばし撮影を楽しみました。

e0082110_9322960.jpg

e0082110_926532.jpg

e0082110_9325335.jpg

e0082110_9332256.jpg

e0082110_936143.jpg

e0082110_933566.jpg

by cocobear-riko | 2012-11-22 17:58 | 1er arrt | Comments(0)
kikiちゃんとAntoineさんのmaisonへ♬
e0082110_4203810.jpg

私のブログをご覧の方にはもしかしてchibiruさんと書いた方がピンとくるかもしれませんが、chibiruちゃんことパリ友のkikiちゃんとアントワーヌさんのお家にお招きにあずかり、これまたお初、サンラザールからトランシリアンに乗り(右往左往しましたw)、楽しい夜を過ごしました。

未だにトラックバックのやり方がわからない私w、その日の様子を、kikiちゃんがブログに素敵に紹介してくれているのでコチラご覧になってくださいませませ。



e0082110_4205753.jpg

かわいいご夫婦♬

でも、実は、kikiちゃんには言っていませんが、「うちに来ない?」と言われ、一瞬緊張したのですw。だって、chibiruさんと言えば、テディベア界では知らない人はいない有名人、私は箱根テディベアミュージアム(閉館しましたが。私の作品も飾ってありました)に飾ってあった彼女作の世界のテディベアが今でも忘れられない程、私にとっては憧れの作家さんだからです。

今やジャンルを超えてフランスでアーティストとして活躍しているkikiちゃん。そして、ご主人のアントワーヌさん。これまた、フランス語に興味がある人で、お二人を知らない人はいない! と言い切ってしまいましょう、「学校行かずにフランス語!」のお二人ですよ。今考えてみたらフランス語の先生なわけで(気付くの遅っw)、よくまぁ私ったら、カタコトすぎるフランス語で会話をしたものだと(もちろんほとんどkikiちゃんが通訳をしてくれたので困ることはありませんが)、お二人の気配りに、優しさに、感謝するばかりです。。

そして、ディネでは、パリでは野菜不足に陥るのですが、人参スティック(大好物)もカレーもチャイもあったかくてホントに美味しかった~♬「今度はお泊まりセット持参で来てね~」とも言ってくれて(;_;)嬉、本当に次回はお泊まりセット持参で行くと思われますので、kikiちゃん、アントワーヌさん、よろしくネw。

と、ここでまた気づいたことがあるのですが、私の友達って私よりもうんと年下なのですわ(気付くの遅っ)。ということは、皆さん、一応、私に、気を使ってくれているのでしょうか。。でも、対等にお付き合い下さっているような気もするし。。というか、私がもっとしっかりしないといけないのか?w。いやでもそういうことはホントに関係ない、なんだろう、心と心の繋がりが、フランス繋がりの友達とはあるような気がしているのです。

来月のカルーゼルでは、また新しい出会いがあるでしょうか。ワクワク♬言葉の心配はしていない(もちろん不安はありますが。。)、度胸だけはしっかりしているの私なのでした(´艸`)
※本当は必死で勉強していますw
by cocobear-riko | 2012-11-22 17:51 | Paris | Comments(0)
パリで食べたもの。・*・゚☆(珍しく長くなってしまったw)
e0082110_8513489.jpg

e0082110_8515441.jpg

e0082110_8521616.jpg

e0082110_8524430.jpg

e0082110_853893.jpgパリに到着してすぐにショコラの友達とディネ。前から行ってみたかったバカラのレストラン部門。アジアンテイストの特別メニューをいただきました。バカラでのむワイン、、病みつきになりそうです。。前菜とワインとパンがあれば生きていけるかもw

Cristal Room 
11, place des Etats-Unis

そうそう、忘れるところであった。今回も、行きの飛行機では、いつものお寿司を搭乗前に買って、一食目にいただきました。これはもうすっかり私の定番になっています。



e0082110_8541052.jpg



e0082110_854436.jpg

cafe Verlet
今も、ヴェルレで買ってきたコーヒー豆でコーヒーをいれ、飲みながら書いています♬優しいお味、気取りのないこじんまりとした店内、好きです。

256 Rue Saint-Honoré




e0082110_6204054.jpgカフェといえば、、
今回は、16区のLa pâtisserie des rêvesにも、行くことができました♪

が、なんと、京都・大阪にすでに支店がオープンしているのですねぇ。日本って・・;

残念ながらカフェ部門はお休みにて、マドレーヌとフィナンシェのセットと京都ブレスト(日本でも食べられるそうw)を買って、他所で食べました^m^(この日、移動がなければ生菓子他も買えたのだけど・・)。焼き菓子は私の朝食になるのですが、とっても美味しかったです!!!!!

しかしこの日の私はこの後に着物を着るので最低限のものしか身につけていないというか、、カラスみたいだわww





e0082110_8552082.jpg

sanukiya
パリ友とディネ、お口直し(ヴォージュ広場でいただいたオニオングラタンスープがコクのない塩グラタンスープだった。。)に初来店ここのおうどんは日本と比較しても美味しかったですぞ♬カレーうどんと迷いに迷い天ぷらうどんに、肉うどんも食べてみたい。ああどうしてパリで食べる和食は美味しいのだろ~

9, rue d'Argenteuil



e0082110_857535.jpg

e0082110_8562578.jpg

e0082110_8593100.jpg

e0082110_8575981.jpg

e0082110_8582861.jpg

Un Dimanche à Paris
ひと頃の人気は少し落ち着いた様子。前菜はパスしてプラの海老のリゾット。前夜の天ぷらうどんといい、海老率高しでw、海老ちゃんだけ少し残しましたが、ホントに美味しかった。精算で手こずったけど(何度言っても計算まちがってくるムッシュ♭)、ここのミルフイユは私の中の堂々ナンバー1!!!!! 他のガトーも食べたいけど、迷いに迷って結局ミルフイユにしてしまうかもな、それか2コオーダーするかもなw、とっても魅力的なお味でした。デセールは、お店のショーケースから選んでもいいと言うことでしたので、店内をウロウロ。店員さんに「今年はサロン・デュ・ショコラには出店なさっていなかったのですね」などお話しながら、至福の午後を過ごしました。

4-6-8 Cour du Commerce Saint André



e0082110_8594128.jpg

e0082110_90780.jpg

e0082110_905613.jpg

e0082110_955610.jpg

e0082110_91588.jpg

ココットのレストランはよく耳にしていたのですが、まさかこの日にいけると思っていなかったので、しかも大好きなパリ友と。シェアしながらとっても楽しい美味しいディネになりました。ここでも特記したいのはデセール。このゴーフル(日本で食べる一般的なワッフルよりも薄い)が香ばしく、そして、大好物シャンティイ(生クリーム)がこれまた軽くて美味しいのなんのって、3秒で食べてしまいました(誇張しましたw)。デセールはパリ友と半分ずつにしたのですが「まりこさん、半分ずつしなくても、きっとひと皿食べることができるわよ♬」と言っていた意味がよくわかりました。う~また食べたくなってきた~~。それにしても、ここの器、全て重っ、ストーブ社の鉄製ココットとテイエール(急須)、お店のマドモアゼルが握り拳を見せてくれました^0^。とってもサンパなレストラン。予約は受け付けていないので並ぶしかないけど、並んでいる時間も楽しかったなり♬
Les Cocottes
135, rue Saint-Dominique



e0082110_924570.jpg

フランス→日本
白とガズーズで、なんちゃってスパークリングワインw
by cocobear-riko | 2012-11-22 17:43 | Paris | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b