<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
Beau Soir
母とあがって以来か・・
久しぶりにギャラリー・ラファイエットの屋上にあがってみた

Quel Beau paysage..


e0082110_147168.jpg

e0082110_1462399.jpg

e0082110_1465583.jpg

e0082110_1472935.jpg



    



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-30 15:18 | 9e | Comments(5)
LA FONTAINE DE MARS
e0082110_5362979.jpg

e0082110_4581727.jpg


この日は、パリのテディベア教室の生徒さん、パリ友のMさんと
とにかく予定は会ってから決めましょうというゆるいランデヴ
まずはエッフェル塔をバックに撮影会


e0082110_458302.jpg

e0082110_4584484.jpg


途中、観光馬車に遭遇!近くに住んでいるMさんもお初だとか
蹄の音がなんとも心地よくあたりに響き渡る・・


e0082110_459742.jpg

e0082110_4592564.jpg


結局、私達は、私の今夏のテーマである噴水繋がりで、LA FONTAINE DE MARS
(3月の噴水)と同じ名前のビストロに行く事に

オバマ大統領がサルコジ大統領とランデヴしたビストロでもあるのですねぇ


e0082110_4513961.jpg古き良きパリを彷彿させる老舗のビストロLA FONTAINE DE MARS(ラ・フォンテーヌ・ドゥ・マルス)

創業はなんと1910年代!店内は木目調で、お店のムッシュも気さくで温か、テーブルセッティングも可愛らしい

メニューは伝統的なものが多く、量はやはり多かったものの、ムッシュお薦めのカリフラワーのムース仕立ての前菜がとっても美味しくて、話も弾み、夜のエッフェル塔にのぼるはずが、終電の時間となったのでした;

LA FONTAINE DE MARS
129, Rue Saint-Dominique


e0082110_4594320.jpg



ふたつめのデセールは、キラキラのエッフェル塔☆
「10月はエッフェルの中のレストラン58 Tour Eiffelに行きましょうね」
再会を約束して帰路についたのでした

e0082110_44045.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-30 15:00 | 7e | Comments(1)
初めての Bateaux Parisiens
e0082110_2215376.jpg


前から乗ってみたかったセーヌ遊覧船にパリ友のharumiさんと乗船
イエナ橋からセーヌを遊覧した60分
まったく同じ日とは思えないセーヌ、パリを見ることができました・・


e0082110_3472467.jpg

e0082110_2174058.jpg

e0082110_2212023.jpg

e0082110_2213266.jpg


冷夏の今夏のパリも、この日はバトー日和り
セーヌ河岸にもたくさんのパリジャンパリジェンヌが
川面を伝うそよ風を思い思いに楽しんでいました


e0082110_2452171.jpg

e0082110_248733.jpg

e0082110_2471580.jpg

e0082110_2474290.jpg

e0082110_2483532.jpg


私はまるで初めてパリに来た日のように
セーヌを、パリを、落ち着きなく見上げていました


e0082110_341957.jpg

e0082110_249298.jpg

e0082110_3504256.jpg

e0082110_3105439.jpg

e0082110_252455.jpg

「このパリに自分は住んでいるのだと こういう景色を見ると あらためて思うわ・・」
harumiさんの言葉が印象的だったな・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-29 17:19 | Paris | Comments(0)
le dimanche 4 septemble
e0082110_502171.jpg

日曜日は蚤の市、早朝の95番バスに揺られ、いつものヴァンブーへ
サン・トゥーアンには今回もいけなかったけど、これもご縁なのかな・・
パリにはあちらこちらで市がたっていると思うけど、私はヴァンブーで十分
今回は1930年代のフランスのクマ(le merveille parisのボタンタグ) に一目惚れ即買!

そして、この日は、市の後、パリ友のhamumiさんの素敵すぎるお宅へ♪
デジュネはharumiさんの手作りイタリアン、デセールはパトーパリジャン^^

雰囲気のあるインテリア、木漏れ日の中でのデジュネ、お嫁入り家具のバーボックス
畳のレストルーム、バレエのレッスンバー(harumiさんはバレエ講師)、etc
harumiさんの想いがたくさん詰まったお家は、とっても居心地がよかった

harumiさんがお料理の間、愛猫のルナちゃんは夢と現をいったりきたりする中
私は撮影大会・・


e0082110_53726.jpg

e0082110_552724.jpg

e0082110_574564.jpg

harumiさんのご主人のダニエルさんは出張中で今回はお目にかかれず
お写真にBonjour♪


e0082110_591358.jpg

e0082110_58380.jpg

美しい動きでささっとおもてなしをしてくださるharumiさん
お手製のサラダのドレッシング、いつ頂いても美味しすぎる♪


e0082110_582934.jpg

e0082110_585239.jpg

e0082110_510687.jpg

e0082110_5103266.jpg

パリ生まれのクマちゃん、日本に旅立つ前に、パリでの日々を想ふ・・
ピエタ像のよう?w

バトー・パリジャンでセーヌを遊覧した後、ディネは13区のベトナム料理へ
harumiさんは鴨、私は海老カレー、そしてロゼ♪

e0082110_5112523.jpg

e0082110_5114545.jpg


この日過ごした時間が今の自分をつくっている、そう思える至福のひとときでした・・♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-29 17:15 | 15e | Comments(0)
La Défense(ラ・デファンス)
e0082110_1853357.jpg

帰国日に少し時間ができたので、靴職人のパリ友、パリでの初個展でお世話になった
tamanoさんとのランデヴ前に、前から行ってみたかったラ・デファンスへ

ラ・デファンスは、フランスのパリ近郊にある都市再開発地区。シャンゼリゼ通り
と凱旋門の延長線(パリの歴史軸)上に位置。1989年7月、第15回サミットの会場
として使用されています

ラ・デファンスにそびえ立つGrande Archeグランダルシュ
中心の空洞部はノートルダム聖堂がすっぽり収まるほどの大きさで圧っ倒ーされました!
35階に展望台、あとはオフィスビルだったのですね。ここが仕事場だなんて格好いい!

正式名称はla Grande Arche de la Fraternité(友愛の大アーチ)
日本語のガイドブックには新凱旋門と書いてあるので、フランス語に逆翻訳すると
意味が違ってきますが、"20世紀の凱旋門"を象徴、設計しているということ

古き良き時代、中世やベルエポックのパリとは対照的で、フランスのハイテクが凝縮
されているような"現代のパリ"をみることができました


e0082110_1815839.jpg

ラ・デファンス駅を降りるとマックのにおい、、他、テイクアウトのお店もあり
パリジャンやパリジェンヌも手軽にデジュネをすませたいのか、新しいスタイルなのか
どこも賑わっていました。雰囲気は品川に似ていると思いました

敷地内には、ミロとセザール(親指)のオブジェ

天気のいい日はピクニック♪

が、背中にプチ哀愁・・(何処も同じか・・フランスのお父さん方もファイト〜)


e0082110_1839322.jpg

e0082110_18475356.jpg

e0082110_18481676.jpg



e0082110_18492041.jpg







      イエ〜イ!w








e0082110_1849969.jpg
 
e0082110_18494556.jpg

e0082110_18503035.jpg

e0082110_18501583.jpg

この日はクマ友の小町さえりちゃんのプチベア"ガク"くんがお伴。しばし日光浴♪
※ガクくんはさえりさんの私物。今回はお預かりかりして、旅のお供に♪


ーーーーー


短い時間でしたが、デジュネは、tamano paris近くのいつものカフェでtamanoさんと♪
現代〜16世紀へタイムトラベル。これまた凝縮したひとときを過ごし「また来月会いましょ」
と、パサージュ・モリエールを後にしました

e0082110_2047131.jpg

e0082110_18555323.jpg

                                        3区 tamano paris




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-28 23:31 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
un Amour de Bonbon
e0082110_642501.jpg

e0082110_2314015.jpg

バトーパリジャンに乗船する時に発見したクマ看板♪

おフランスクマは何気にこうして可愛らしいのですよね。。

イエナ橋発到着所にて



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-28 23:24 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
Le Ciel de Paris パリの空
e0082110_6301383.jpg

e0082110_6305739.jpg

e0082110_6401383.jpg

e0082110_6284436.jpg

e0082110_6312966.jpg

e0082110_631434.jpg

e0082110_6362177.jpg

クマ友から「空の写真がみた~い」とリクエストメールをいただいたので・・merci^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-28 03:14 | Paris | Comments(0)
La Fontaine Cuvier
e0082110_1837350.jpg
e0082110_18371987.jpg


前から気になったLa Fontaine Cuvierの歴史
今回、初めて、スタルクの存在に気がつき大興奮!!
(こんなに目立ったところに建っているのになんで今まで気がつかなかったのだろうw)

さっそく翻訳

の前に、これまで数台のスタルクを翻訳してきましたが、ぱっと見てこんなに年号が
出てくるスタルクは初めてです。まるで歴史の教科書のよう・・

Cuvierとはジョルジュ・キュヴィエ、フランスの博物学者、比較解剖学の大立て者で
古生物学にも大きな足跡を残しました。弟のフレデリック・キュヴィエも動物学者として
知られているよう



ーーーーーー

1767年8月23日
ジョルジュ・キュヴィエは、モンベリアル(ヴュルテンベルクのメンペルガルト)
に生まれ、1793年、フランスの州に召集される

1795年
国立自然史博物館(Muséum national d'Histoire naturelle)の比較解剖学教授
の助手に任命される
※博物学者のエティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールの推薦と思われる

1800年
ルイ・ジャン・マリー・ドーバントンの後を継いでコレージュ・ド・フランスの
自然史の教授となる

1802年
ジャルダン・デ・プラント(植物園)の名誉教授となり、マルセイユとボルドーに
高校を設立

1808年
大学の教育指導主事になり、フランス、征服された領土内で、高等教育の改革に従事

1818年
アカデミーフランセーズ(フランスの国立学術団体)に入ったものの、1821年~1827年
大学の学長の職を兼任したものの、役職を破棄する

1822年
(ルター派として)プロテスタント神学部を監督、画期的な足跡を残す

いずれにしても、これらの行政の役割は、比較解剖学の創設者を、古生物学に熱中させ
動物の体の機能と構造の相互関係の調査研究をよい方向に導いた。そして再び、科学の
アカデミーと宣言された歴史的賛辞の中、科学の歴史家として働くことを個人的に実行した。
それにより、1803年、物理学及び自然科学部門の学士院の終身秘書に選ばれる

1832年5月13日
43, rue Cuvierにてコレラによって死亡

1838年
通りの名前に彼の名前が起用される

ーーーーーー




ジョルジュ・キュヴィエという人は素晴らしい博物学者だったのですね。が、
La Fontaine Cuvierのスタルクなのに、泉のことは一言も書かれていない・・w
おフランスらしいスタルクでした^^

余談ですが(得意)、弟のフレデリック・キュヴィエは、1804年~1838年、パリ自然史
博物館の動物園の飼育係長をしていたそう。ということは

キリンのザラファも担当していたことに~~

キュヴィエ兄弟、BRAVOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!





追伸!!
先にジャルダン・デ・プランツのプチミュージアムのレポでキリンのザラファの絵画をご紹介しましたが
、キャプションを撮影していたことをすっかり忘れていました。翻訳してみたら、ちゃと

「ジャルダン・デ・プランツではフレデリック・キュヴィエが世話をした」

と書いてあるではないか~w

以下、書き足した箇所もありますが翻訳ちゃ~ん・・



e0082110_022939.jpg1825年、エジプトの総督ムハンマド・アリーからシャルル10世へ生きたワイロとして一頭のキリンが贈られた。キリンは、アレキサンドリア(エジプト)から船に乗り、長い首で田舎道を突き進んだ

1826年、秋、エジプト人の厩務員(馬の世話をする人)と日々の食料のミルクを供給するのに3頭の牛を同行させ、マルセイユに上陸、冬を過ごした

フランスで初めて公開された生きたキリンは大人気になった

春、エティエンヌ・ジョフロア・サンティレーヌは、キリンと一行をパリまで導いた。女王(マリー・アメリー・ド・ブルボンのことか?子供の世話と教育に熱心だったフランス最後の王妃)の威厳と歓喜の声のもと、800キロの道のりだった。彼らは、ジャルダン・デ・プラントに落ち着く前にシャルル10世に盛大にお披露目され、植物園のメナジュリー(動物園)で18年間を暮らした。ジャルダン・デ・プランツではフレデリック・キュヴィエが世話をした

キュヴィエは、エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールと共にHistoire naturelle des mammifères (哺乳類動物の博物誌、全四巻)を著した。メナジュリー(動物園)は1803年創立。研究は長期に渡る観察が必要とされる。1819年~1842年の間、動物の行動を研究、まとめた





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-27 02:52 | 5e | Comments(0)
『AU CREUX DE MON ÉPAULE』
※ムッシュ・アズナヴールの『AU CREUX DE MON ÉPAULE』を私訳wしてみました


e0082110_5295527.jpg


ムッシュ・アズナヴール

パリに滞在中、テレビでお元気なお姿を拝見して嬉しく思いました
オリンピアでコンサートをなさるのですね

日程が合えば行ったのに
来月、私が渡仏する頃には、コンサートはもう終わっている・・

数年前、私達夫婦の結婚記念のお祝いに、「さよならアズナヴール」公演を
国際フォーラムで聴きました

2006年、あれからもう5年が経つのですねぇ

さよなら なんて言わないで、また、日本にも、来てほしいな・・



    


『AU CREUX DE MON ÉPAULE』 Charles Aznavour

Si je t'ai blessée
Si j'ai noirci ton passé
Viens pleurer au creux de mon épaule
これまでの君を
傷つけたのなら
どうか僕の胸で泣いてほしい


Viens tout contre moi
Et si je fus maladroit
Je t'en prie chérie pardonne moi
僕の側に来て
またもし僕がへまをやったら
ごめん、どうか許してほしい


Laisse ta pudeur
Du plus profond de ton cœur
Viens pleurer au creux de mon épaule
恥じらいなんか
心のずっと底に置いて
僕の胸で泣いてほしい


Oublie si tu peux
Nos querelles d'amoureux
Et chérie nous pourrons être heureux
痛みや言い争いを忘れることができたら
僕たちは幸せになれるよ


Oh! mon amour
Ne m'enlève pas le souffle de ma vie
Ni mes joies pour
Ce qui ne fut qu'un instant de folie
Ne dis pas adieu
Nous serions trop malheureux
Viens pleurer au creux de mon épaule
あぁ僕の愛しい人
僕の命の息吹と喜びを取り上げないで!
ほんのちょっと馬鹿なことをしたからって
さよならなんて言わないで
でないと僕達は不幸になるよ
あぁどうか僕の胸で泣いてほしい


Car si tu partais
Si mon bonheur se brisait
Mon amour, c'est moi qui pleurerait
君が去ってしまったら
僕の幸せが壊れてしまったら
あぁ僕の愛しい人
泣くのは僕の方だから


Oh! Mon amour
Ne m'enlève pas, le souffle de ma vie
Ni mes joies pour
Ce qui ne fut q'un instant de folie
Ne dis pas adieu
Nous serions trop malheureux
Viens pleurer au creux de mon épaule
あぁ僕の愛しい人
僕の命の息吹と喜びを取り上げないで!
ほんのちょっと馬鹿なことをしたからって
さよならなんて言わないで
でないと僕達は不幸になるよ
あぁどうか僕の胸で泣いてほしい


Car si tu partais
Si mon bonheur se brisait
Mon amour, c'est moi qui pleurerait
君が去ってしまったら
僕の幸せが壊れてしまったら
あぁ僕の愛しい人
泣くのは僕の方だから



注:太字の歌詞は世の女性を敵にまわすでせうw
しかもそれで「泣くのは僕の方だから」と言われた日には・・ww



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございます
限定10で申し訳ありませんが・・よろしくお願いいたします


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-26 07:57 | 7e | Comments(0)
La Rochelle⑤
Museum d'Histoire Naturelle LA ROCHELLE

念願だったザラファとの初対面・・
私は、感動して涙がでました。。


e0082110_347309.jpg

e0082110_3475338.jpg

e0082110_3487100.jpg

e0082110_3483417.jpg

e0082110_3484741.jpg

e0082110_34939.jpg

e0082110_34917100.jpg

Coucou, je suis installeé ici depuis 1931. Je vais te raconte mon histoire..
やっほ~、ボクは1931年からここに住んでいるんだ。今日はあなたにボクの歴史をお話ししま~す

Je m'appelle Zarafa. Mon nom signifie charmante ou aimable. Le vice-roi d'Egypte, Méchémet Ali m'a offerte au roi Charles Ⅹ. Après avoir traversé la Méditerranée, en bateau, je suis arrivée à Marseille en 1826.
ボクの名前はザラファ。ボクの名前は、可愛らしさと愛らしさを物語っています(あら笑)。エジプトの総督ムハンマド・アリはフランス王シャルル10世にボクを贈りました。ボクは、船で地中海を横断した後、1826年に、マルセイユに到着しました

J'ai parcouru 800 Km à pied, afin de me rendre à Paris auprès du roi. J'ai rencontré un succès colossal en traversant les villes et les villages, tout le monde venait voir à quoi je ressemblais. A Paris, j'ai vécu au Jardin des plantes, accompagnée de mon fidèle gardien Atir, qui s'occupait de moi. Je suis morte à 17 ans et demi. Je suis conservée ainsi, car j'ai été naturalisée, c'est à dire que ma peau a été appliquée sur un mannequin soutenu par une structure en bois.
ボクは、王様のそばにパリに行くために、徒歩で800キロ歩きました。町や村を横断している間、ボクは大人気でした。そして、みんなは、ボクが見た感じどんな風かを見にきました。パリでは、ボクの信者で世話をしてくれた庭師のアティール(資料によるとイケメンで優しかったらしい笑。ザラファよりもアティールに会いたくて来園した女性も多かったとか。ザラファもアティールからしか餌を食べなかったらしい。とするとザラファは女の子?それとも・・??)を伴い、ジャルダン・デ・プランツ(植物園)で暮らしました。ボクは17年半で死にました。ボクの皮膚は、木で構成され立った姿勢を保ったマネキンの上にはり付けられ剥製にされたので、このように保たれました

-博物館の小冊子より-



注釈入りですが(笑)、なぜこの物語が映画化されないのか、不思議です。。
庭師アティールの配役に期待しているのですがw



その他の動物たちもとっても魅力的で、学芸員の愛を感じました
その学芸員のムッシュに「日本、ガンバレ!」と言われ、またまたじ~ん。。

e0082110_3582566.jpg

e0082110_45141.jpg

e0082110_453321.jpg

e0082110_462718.jpg

e0082110_4102444.jpg

e0082110_4231355.jpg

e0082110_437588.jpg

e0082110_4115816.jpg

e0082110_4314412.jpg

e0082110_4124986.jpg

e0082110_4135067.jpg

e0082110_414774.jpg

e0082110_4321575.jpg

e0082110_414469.jpg

e0082110_4293850.jpg

by cocobear-riko | 2011-09-24 16:46 | トランクはパリに預け・・ | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
最新情報!テディベア(くまモ..
at 2017-03-28 02:03
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b