<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
鶴田眞利子作品展「5/Cinq(サンク)」新宿伊勢丹BEAR!BEAR!BEAR!にて
少し先の話になりますが今年初めての作品展のご案内をさせていただきます
今年は2冊目の写真集の出版を考えていますので、作家活動もマイペースになると思われ
ますが、スペシャルなオーダーもいただいており、今年の前半はもう手一杯といった感じ
新宿伊勢丹にも個数は作れないと思いますが、スペシャルなペア作品を作っていきたいと
思っていますので、お楽しみになさっていてください
その他、近々?飯田橋の欧明社へも納品を考えていますので、またお知らせいたしますね

5月18日(水)~31日(火)
鶴田眞利子作品展「5/Cinq(サンク)」
新宿伊勢丹6階BEAR!BEAR!BEAR!にて

ラッキーナンバーの「5」がテーマです
風薫る5月の作品展、定番の5本指を足にも施し、gogoな動物を乗り回す
どんな動物が登場するかはお楽しみ^^♪

※広告用作品のベアの土佐紬はこれにて終了です。あと小さな小さなコが作れそうですが
5本指が大変そうです。。(特に足の)でもチャレンジします!


e0082110_1720136.jpg

e0082110_17205750.jpg

ねんねん むしむし かたつむり^^♪
by cocobear-riko | 2011-01-31 17:29 | 鶴田のイベント情報 | Comments(4)
「サロン・デュ・ショコラ・ジャパン2011」スタート(新宿伊勢丹にて)
年に一度のショコラの祭典、お陰さまで内覧会にて無事に希望のショコラを求めることが
できました♪今年はまた先にもお話しましたように、TBSの「Nスタ」さんからの密着取材
もあり、スペシャルな一日となりました
26日(水)17時〜TBS「Nスタ」で放送だそうです。よろしければチャンネルをお合わせ
下さいね

今年のサロンテーマはずばり「日本」
なにも日本で日本のものを・・と思ったら大間違い!

テレビをご覧になられた方は、私が買ったたくさんの戦利品とショコラを食べながらの
食事にぎょっとなさるかもしれませんが^^;、親日家のショコラティエたちが表現する
母国日本の味わいに感動、新たな魅力と自信と誇りを抱かせてくださいました



e0082110_3122417.jpg
e0082110_3131398.jpg



e0082110_3133273.jpg
e0082110_3134741.jpg



e0082110_0122112.jpg
e0082110_013084.jpg



e0082110_3141042.jpg












e0082110_31421100.jpg

ショコラティエのファブリス・ジロットさん(左)とエヴァン様(右)と
私のことをご存知の方は、私がどれだけこのスリーショットを喜んだかわかってくださること
でしょう。ね、ね、凄いでしょ。幸せそうでしょ(笑)。家宝にします!

それでは、以下、戦利品です♪



e0082110_154554.jpg

赤字はオススメ。アクセント記号は省略しています。今後追記あり

Hugo & Victor・・今回お初の登場。黒胡椒のショコラ、箱もBOOKタイプでお洒落♪
・Christine Ferber
・Jean-Charles Rochoux・・狙っていたカルーセル他、全て完売。c'est dommage><
Fabrice Gillotte・・"アンスピラン・ジャポン"に新たな日本の味を発見v
・Phillipe Bel・・ショコラ・バナーヌは今年も美味しかった〜♪
・Armaud Larher
・Sebastien Bouillet
・Pascai Le Gac
・Franck Fresson・・下にもレポしましたが、昨年の秋にを訪ねたショコラティエ
・christian camprini
・Franck Kestener
・Patisserie Sadaharu AOKI Paris・・我慢できずに"大判焼きマカロン"を立ち食い〜
・Hirsinger
Jean-Paul Hevin・・我家の男チームにバレンタインショコラをセレクト。サインは私宛(爆
・Hotel du Cap-Eden-Roc・・"フィグ(いちじく)"はフィグ好きにはたまらない♪
・Henri Le Roux
・Frederic Cassel
・Patissier es Koyama
Musee du Chocolat Theobroma・・フォアグラサンドクロワッサン、本日の一番♪♪♪
Naomi Mizuno × Mountain・・塩と杏のショコラに一味惚れ!梅干しに似て
Mazet・・父の一番のお気に入り。日本限定の柚子プラズリンにうなりました。ブラボ♪
・Guido Gobino・・まさかのスプレッド買い!←つい買ってしまう私って・・(苦笑
・Francis Miot・・ショコシソンをお遊びで♪
・B de Lyon(ベルナシヨン)・・一番人気即完売でしたが、ショコラの旅の友達にタブレット(なんとお初)を譲っていただく♪最近、屋号を改名なさいました

総額はかなりの額になりましたが、、年に一度のお祭りですし、半分以上は田舎への
寒中見舞いに飛んでいくわけです

他、イートインにて、ココアパルプジュースとビスビバのカフェラテをいただきました
そして、TBSさんの取材は、戦利品を抱えた我が家へ移動

今宵はショコラパーティでしたので、毎年恒例、ショコラに合う夕食をつくりました
味噌漬け(豚肉、豆腐、クリームチーズ)、鶏がらコラーゲンたっぷりの雑炊
そして、コラーゲンの後は、ショコラーゲン(名言でしょ笑)と家族の笑顔
明日は心もお肌もぷるぷるです^^

でも・・

コレクターさんからたまに「鶴田さんのアトリエにお邪魔したい。手作りの料理を食べたい」
と言われていたのが、まさかこういう形で自宅公開、しかも家族総出演になるとは誰が想像
したでしょ(笑



e0082110_1551765.jpg

e0082110_155456.jpg

「Nスタ」の松島ディレクターの撮影風景も逆撮影^^お疲れでした



ps

e0082110_4281929.jpg












 私が書いた『ショコラの旅』レポも
 Hugo & Victor近くの壁に貼ってあります
 こちらもよろしけばご覧くださいね^^
by cocobear-riko | 2011-01-26 04:20 | いろいろ | Comments(10)
Franck Fresson
e0082110_3312294.jpgフランス・メッス(Mets)にお店を構えるフランク・フレッソン

TGVのメッス駅の逆側に話題のポンピドーの別館ができていますが、我々にはショコラが待っています(笑

フランク・フレソンは創業1922年、フランク氏で三代目ということ。老舗の味を守りながらもいつも新しい何かを探し求めているショコラティエです

「愛する奥様をイメージしてつくられたショコラはあります?」

「仕事に私情は入れません」

とマダム・フレッソン(フランクさんは不在で奥様が対応) キリリと格好いい♪
私の周りで人気投票をしたら恐らくFranck Fressonが一位か二位か三位か・・
老舗の自信と誇りを感じるメゾンでした

明日、何から買おうか、、
考え出したら、お目当てのショコラの味をイメージしたら、興奮して、眠れません。。笑

ps
ちょっとした手違いがあり新店舗のジャーニー店にも行くことができました(結果オーライ♪)



e0082110_311369.jpg

e0082110_313334.jpg

e0082110_3251626.jpg

e0082110_3132133.jpg

e0082110_3144626.jpg


+++++


新店舗のジャーニー店
e0082110_343111.jpg

e0082110_325051.jpg

e0082110_3214928.jpg

e0082110_3153530.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-25 03:35 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
Oberweis オーバーバイス
いよいよサロン・デュ・ショコラが新宿伊勢丹でスタートします
私ももちろん明日の内覧会から参戦します^^
例の如く、戦利品は、またココで明日レポートいたしますが、実は、TBSの「Nスタ」さんから
取材依頼をいただき、明日も、終日、密着?取材
私にとっては古巣ですので、担当の女性ディレクターさんのインタビューを受けながら
懐かしい気持ちでいっぱいになりました

家での撮影、家族へのインタビュー、本業でも取材を受けたことがないのに(笑)これも
ご縁ですねぇ

と、いろんな想いに浸りつつ、ショコラ繋がりで、今宵は2メゾン(オーバーバイスとフランク・
フレッソン)をご紹介。両者とも新宿伊勢丹に登場するかな?オーバーバイスは未確認

+++++

オーバーバイスはリュクセンブルグ王室ご用達のショコラティエ
1964年創業、二代目のトム・オーバーバイスさん自らショコラ工房を案内してくださいました
ショコラの他に、ケーキやお惣菜やパン、ケータリング事業にも力を入れていらっしゃいます

店舗2階のレストランも話題になっていて、デザインはフランス現代作家のシュバリエが担当
ノートルダム・リュクセンブルグのステンドグラスを担当したことで有名ですが、清潔感に溢れ
とてもスタイリッシュで、地元のメダムメッシュで大賑わいでした
そして、どれもとてもとても美味しかったです

リュクセンブルグの国民一人当たりのGDP(国内総生産)とGDH(国内総幸福度)が世界一と
いうものわかるような気がしたオーバーバイス探訪でした


e0082110_2143580.jpg

e0082110_215134.jpg

e0082110_233163.jpg

e0082110_2324315.jpg

e0082110_215398.jpg

e0082110_2154994.jpg

e0082110_2205715.jpg

e0082110_220470.jpg

e0082110_220183.jpg

e0082110_2212280.jpg

e0082110_2221360.jpg

e0082110_2223086.jpg

e0082110_2225692.jpg

e0082110_223622.jpg

e0082110_223367.jpg

e0082110_2234762.jpg

オーバーバイスに住みたぁい^0^
by cocobear-riko | 2011-01-25 02:28 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
好きになる理由
e0082110_5181241.jpg

久しぶりに大河ドラマにはまっている我が家
昨夜のねねの台詞は少しくすぐったい感じもしましたが^^

「共に喜び、笑い、そして泣きたいと思っただけ、好きになるのに理由なんてない」

お江からの問い「なぜ秀吉と結婚したのですか?」の返答

喜びとは、悲しみや苦しみの対極にあるもの
頭で考えるものではなく、心で感じるもの
好き、になる感覚と一緒ですね

私もなんでかパリではぬいぐるみにばかり目がいきます^^
Il n'y a pas la raison de sentir la sensation d'aimer!
by cocobear-riko | 2011-01-24 06:25 | Paris | Comments(0)
la maison du sculpteur
建物の装飾はその建物の家紋のようなもの
たくさんの動物オブジェを撮っていて、同じような作品がないというところに
パリの職人たちの意地を感じます
でも流石にライオンは数が多いので整理整頓にちょっと梃子摺っていますが。。

この辺りは中世の街並みの残る4区
この館には、建物の彫刻家が住んでいたと思われます(もしくは工房があった)
イオニア様式+コリント様式な柱を彫っている職人の自画像、その遊び心に脱帽・・

※下の写真は7区


e0082110_439850.jpg

e0082110_4392391.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-23 05:05 | 4e | Comments(0)
la heurtoir
e0082110_2382462.jpg

e0082110_2383747.jpg

e0082110_3335428.jpg

e0082110_334992.jpg

ウールトワ、扉に施されているノッカーのことですが、パリではライオンのそれを
よーく見かけます
中には写真のような馬とライオン(ちょっとお疲れ^^;?)のコラボも見られます
他、イルカ、蛇、イタチなんていうのもあります

洒落てますよね・・
豪華な装飾もありますが↑の三枚目ライオンの表情を見ているとふっと肩の力が抜けます
こういう装飾に出合うから止められないのです、パリの街歩きは

手のモチーフもよく見かけますが、調べものをしていて手の取っ手(笑)を見つけました
コチラ
写真↓に自分が写り込んでしまっていますが、手のフックを撮ったつもり、面白いアイデア
です。・・ちょとコワイか^^;

e0082110_2384810.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-22 03:11 | Paris | Comments(2)
ムッシュも甘いのがお好き^^♪
今宵は2記事up

ぼちぼちリュクセンブルグとフランス・メッスのショコラティエ巡りレポをと思っていますが
乾燥しているので、急に、オーバーバイス(リュクセンブルグの王室御用達のショコラティエ)のアイスクリームケーキが食べたくなったきました><
なんでもリュクセンブルグの皆さんは一年中このアイスクリームケーキを召し上がるそう
大好きなんですって

可愛いだけじゃない、オーバーバイスはどれを食べても美味しかった
私は、というか、日本人の口に合っているかも・・



e0082110_3335915.jpg

e0082110_338215.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-21 03:45 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
l'enseigne 看板
看板は街中の小さなアート
今まで数点ココでも紹介していますが
今宵は魚屋さんと靴屋さんと室内装飾のクリーニング屋さんをご紹介

クリーニング屋さんは看板だけだと椅子の張替え屋さん?と思ってしまいますが
こちらの店舗は高級住宅街の16区、HPを拝見しましたが、その仕事は
絵画の修復と似ています
仕事に誇りを持って活きている、まさにパリは職人の街・・


e0082110_2395840.jpg



e0082110_219321.jpg



e0082110_2194659.jpg

e0082110_220658.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-21 03:25 | 16e | Comments(0)
les oiseaux
e0082110_4252985.jpg

とにかくパリに棲息している動物オブジェナンバー1は鳥!

小鳥は囀り、鷲は大声で威嚇し、雄鶏は甲高い声で刻を告げ、大空に向かって飛び立ち、
風に乗って上昇する。その姿は人生を出世を象徴、縁起がいいとされ、パリの建物のファ
サードでもよく見かけます

特に多いのは、つがい鳥と親子の鳥、仲睦まじい姿にほっとします。。
と書きながら今宵は、それらとは逆の、野性味溢れる鳥が施されたファサードをご紹介
これらの方がいかにもパリらしいかも・・



e0082110_4264287.jpg

e0082110_42656100.jpg

e0082110_427540.jpg



鳥に鳥避け(笑;)
中央の女の子は妖精ですが角度を変えるとちょと強面に。。イタズラ好きそう。。
e0082110_4271948.jpg

e0082110_4273548.jpg

e0082110_4274667.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-20 05:02 | Paris | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b