<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
銀板の女王は銀
宿命の対決、素晴らしかったですねぇ。私は、浅田真央選手の「鐘」に、遅ればせながら、感動を覚えています。審査員もそうなのでは・・(と信じたい)

攻め

人生においても大切ですね。そんなアレーアレー(gogo)な気持ちでつくった「昆虫の仲間達展」の二作目が完成しました(まだぼやかしていますが^^;)

「テントウムシ号とgogoマリコロン」、テントウムシ号は、ソリになっています^^♪

只今、「蝶マリコロン」の佳境に入っております。真央ちゃんの「鐘」に影響されて、蝶マリコロンは、個性的なゼブリナ(ガガイモ科 フェル二ア属)の上に鎮座する予定! お楽しみに~

e0082110_230271.jpg

by cocobear-riko | 2010-02-26 23:00 | クマたちがいる風景 | Comments(2)
「Power of DOGU」
国立博物館で開催された「土偶展」も昨日を持って好評の内に閉幕しましたが、
今日は、ミュージアムショップの片隅に置いてあった、土偶展限定のガチャポン(ミニタオル)
で私が出したものをご紹介したいと思います(笑)面白かったから~^^
レポートは裏diaryをご覧ください



「土偶展」でのマイナンバーワン"みみずく土偶"が出るまでネバネバ粘り、計4回(笑
まず、とにかく、えいっとやってみたら~
「猪形土製品 縄文時代後期 青森県弘前市十腰内遺跡出土」 ↓

e0082110_23371395.jpg




おっ、動物、イノシシ、よいのでは♪イノシシ年のKさんに差し上げよう♪では、もう一回ね(笑
「"みみずく"がでますように・・-人-」が・・
「遮光器土偶 縄文時代晩期 秋田県麻生遺跡出土」 ↓

e0082110_23372722.jpg




ありゃ(笑)、ま、いいか、土偶と言えば、遮光器土偶だもんね♪(ほしい方、います?笑)
ん~、ん~、もう一回、もう一回だけやってみよう(笑) で、出てきたのは~
「重要文化財・ハート型土偶 縄文時代後期 群馬県吾妻町郷原遺跡出土」 ↓

e0082110_23374388.jpg




ハート土偶♪可愛い可愛い♪よいかもよいかも
もう止まらない(笑)こうなったら"みみずく"が出るまでやるよ~
で、祈りが通じたのか♪
「重要文化財・みみずく土偶 縄文時代後期 埼玉県さいたま市真福寺貝塚出土」 ↓

e0082110_23375849.jpg

え?私に似てる? ↑
でも、そうなんですね、近頃の私、クルクルパーマだしね(笑
なんとなく通じるものを感じるのですよ、マリコロンとか
とにかく、日本人というのは、縄文の時代から、なにやらユニークなものをつくって
いたのですわ
自国の文化に、誇りと自信を持たなきゃと、あたらめて思った「土偶展」でした~
※みみずく土偶は"みみずく"に似ているところから命名
by cocobear-riko | 2010-02-22 23:06 | クマたちがいる風景 | Comments(2)
「昆虫の仲間達展2010」
2010年3月3日(水)~9日(火)
「昆虫の仲間達展」
新宿伊勢丹6階 BEAR!BEAR!BEAR!にて

去年に引き続き、お声をかけてくださいました。ありがとうございます
今年のラインナップは、

DM作品の「カブトムシと森の妖精マリコロン」
  ※素材は全てフランスの古いものを使用
今製作中の「テントウムシ号に乗るGOGOマリコロン」
同じく「蝶マリコロン」です

マリコロンへのご希望が多々あり、引き続き、マリコロン登場です
ココベアの看板娘になりそう^^お楽しみに

e0082110_034715.jpg

by cocobear-riko | 2010-02-21 00:20 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
バレンタインズデー歌舞伎
e0082110_23524549.jpg昨夜は、結婚22周年を記念して、家族で、歌舞伎鑑賞いたしました

歌舞伎の殿堂として121年の伝統と歴史を育んきた歌舞伎座は、この四月の興行をもって、改築のため、しばらく休館
演目もいいので、連日(特に休日は)、満員御礼です

特に、息子は、今秋、日舞の師範試験を受ける予定にて、みてほしかったのでした

「歌舞伎がこんなに面白いとは思わなかった。また行きたい」

歌舞伎貧乏になりそうですが(笑)、子供達も気に入ってくれて、ほっとしました、いい記念になったかな


私は、「十二夜」以来、2年ぶりの歌舞伎座。家族はなんとお初の歌舞伎。勘三郎さんをテレビタレントと思うはずです。。帰り、たまたま、出待ちの横を通りかかり、七之助さんと、お父上の勘三郎さんをお見かけしたのですが、その飾り気のなさに、子供達も感激していました。さっきまで歌舞伎の大舞台に立っていた方々が、そこに居て、気軽にサインや記念撮影に応じているのですから・・


e0082110_23512382.jpg

e0082110_23513527.jpg

e0082110_23514957.jpg

e0082110_23551414.jpg

e0082110_2352686.jpg



e0082110_23564246.jpg昨夜の演目は、

・壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)
・高坏(たかつき)
・籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

二月歌舞伎は、十七代目中村勘三郎二十三回忌追善、勘三郎さん大活躍の巻でした


「壺坂霊験記」は、夫婦愛の物語。ご年配の方は泣いていらっしゃいましたね。。この演目は、思いがけず、結婚記念日にちょうどようございました(^^
盲目の座頭沢市(三津五郎)と美人で器量良しと評判の女房のお里(福助)は貧しいながらも仲睦まじく暮らしている。しかし、沢市は、夫婦になって以来、毎夜、お里が出かけていくのが気掛りで、貞節を疑ってしまう。夫の目が明くよう、壺坂寺(つぼさかでら)の観音様へ毎日通っていたのも知らず。。観音様役の玉太郎ちゃんが可愛らしかった~。福助さんの女形もやっぱり大好き~。夫いわく、「お里さんに熊本のお母さん(私の母)が重なった」と・・"私"ではないのよね、はい。爆

「高坏」では、十七代目の当り役を勘三郎さんがどう演じるかと思っていたら、下駄でタップですよ!勘三郎さんは、正しく、新時代の歌舞伎の担い手だと思いました。次郎冠者(じろうかじゃ・勘三郎)は、主人の大名某(だいみょうなにがし・彌十郎)と太郎冠者(亀蔵)と共に花見に出かけます。大名は次郎冠者に盃を載せる高坏を買うよう命じ、太郎冠者と立ち去ります。そこへ、高足(たかあし・下駄)売り(橋之助)が~^^

「籠釣瓶花街酔醒」では、玉三郎さまの花魁姿をみることができました♪こーーれは必見です。上州佐野の絹商人、佐野次郎左衛門(勘三郎)は下男の治六(勘太郎)と共に桜の咲き誇る吉原仲之町へやってきます(親子共演ですね)。白倉屋万八(家橘)に安く遊ばせると騙された二人は、立花屋長兵衛(我當)に助けられて帰ろうとしますが、次郎左衛門は兵庫屋八ツ橋(玉三郎)の花魁道中を見て魂を奪われてしまいます。。ご存知、江戸吉原を舞台にした「縁切り狂言」のひとつ。遊郭の仕組みがよくわかったねーと夫が言っていましたが、休憩中の日本酒がきき(笑)、ところどころ意識がなかった私し。。前に座っていたお嬢さんは、遊女(玉さま)がお客さん(勘三郎さん)に、身請けの話しを断るシーンで、泣いていましたね。。だって、自分の関係者がいる前で「嫌い」と言われたのですから、人生最大の屈辱ですよ、うん。籠釣瓶(かごつるべ)とは妖刀のこと。これを所持した次郎左衛門の宿命、長い長いお話でした。息子が「音声ガイドは、聞かなくてもわかったよ。演目によっては、聞かない方がいいかも」と言っていましたが、確かに、一理あり・・


e0082110_041157.jpg

e0082110_045419.jpg

e0082110_052274.jpg


+++++


せっかくの「吉兆」の懐石弁当だったのに、20分で食べることに(苦笑
でも、美味しゅうございました-人-

e0082110_071474.jpg

e0082110_072478.jpg

by cocobear-riko | 2010-02-15 23:12 | いろいろ | Comments(7)
Happy Valentine's Day♪Bon Appetit
e0082110_23553927.jpg

e0082110_2324274.jpg

e0082110_23244279.jpg

e0082110_23251447.jpg

e0082110_23262813.jpg

e0082110_23264230.jpg

e0082110_23371857.jpg

e0082110_23484987.jpg


e0082110_2333565.jpg エヴァンさまのショコラを
 彼へのプレゼントにした方も多いのでは

 センスのいい方ですわ^^

 素敵なバレンタインズデーでありますように・・♪
by cocobear-riko | 2010-02-13 23:30 | Paris | Comments(4)
Mariko TSURUTA - Atelier d’ours en peluche à Paris 2010
e0082110_4134425.jpg

e0082110_204018.jpg

「鶴田眞利子 テディベア教室 in Paris」の詳細が決まりましたので、お知らせまで♪
不明な点は、鶴田まで(rtsuruta@nifty.com)

お申し込みは、タマノさんまで
「Tamano Paris」
157 rue Saint Martin 18 Passage Moliere 75003
tel/fax:01 42 78 09 53

ps
クマ友の間で話題になっているバンクーバーオリンピックのマスコットたち、スミ、ミーガ、クワッチ。プロフィールがなかなか凝ってる。クマかと思ったら雪男だったり(笑)。サンリオっぽかったり・・

Quatchi (クワッチ)
カナダの神秘の森からやってきた雪男(想像上の野生の大男サスクワッチをモチーフにしている)。シャイな男子ながら、アイスホッケーが大好き。将来の夢は世界的ゴールキーパーになること。

Miga(ミーガ)
シャチと白くまをイメージしたシーベアの女子。バンクーバーの入り江に住んでいる。趣味はサーフィンとスノーボード。ハーフパイプで大技のコーク720を決めることが夢。

Sumi(スミ)
バンクーバーパラリンピックマスコット。サンダーバード(北米先住民の伝説や神話に登場する想像上の鳥)の翼とブラックベアの脚を持ち、オルカ(シャチ)を象徴する帽子をかぶった動物たちの精霊。Sumiはセイリッシュ(BC州ファーストネイション)語で「守護神」という意味を持つ。ホットココアが大好き。

Mukmuk(ムックムック)
クワッチ、ミーガの応援団長。生息数が非常に少ないバンクーバー島のマーモットがモデル。ムックムックは、スコーミッシュ語の「ムチャムック(食べ物という意味)」という言葉に由来。
by cocobear-riko | 2010-02-13 01:37 | 鶴田のイベント情報 | Comments(2)
ヌーベルバーグの伝説映画~明治以降の日本画
e0082110_17564570.jpgVIRONでプチデジュネしてフランス映画へ

と思っていたら、はい、ヴィロンは、やっぱり、長蛇の列・・そう、祝日でした。。

気持ちを入れ替えて、寒かったので、ドゥ マゴ パリでヴァンショーを飲むことに

ふーふーしながら、映画の時間まで、ゆっくり
し過ぎました~(笑

少ぉし遅れて渋谷ユーロスペースに到着;

日本初公開のジャック・ロジエ特集より、「アデュー・フィリピーヌ」(1962年)をみました。朝からヴァンショーがきいて、何度もいい気分で居眠りをしてしまいましたが(笑)、そのくらいな気分でみた方がよかったかも



e0082110_17565767.jpg映画の後は広尾・山種美術館
リニューアルしてまだ行っていなかったし、開催中の「大観と栖鳳」展、東西対決も楽しみ

山種所蔵の速水御舟(はやみぎょしゅう)「炎舞」はみることができませんでしたが、、出光美術館と並んで、ふらっと行きたい美術館のひとつになりました
                    エントランス(階段の上)には加山又造「千羽鶴」(1977年)                    
    

東西対決、私は、とてもとても迷いましたが、大観率いる東に軍配をあげたいと思います。大観がこんなに動物大好きのとは知りませんでした。実際、自宅で、動物をたくさん飼育していたのですわ。西は栖鳳(せいほう)、山種所蔵の「班猫(はんびょう)」ももちろん秀逸でしたが、門下には小野竹喬(私がいま一番行きたい展覧会がもうすぐ開催されます)もいますが、大観も一目を置いていた菱田春草の「月四題のうち 春」「月四題のうち 冬」に、昨日の私は、心を奪われてしまったのでした。。海外で暮らすことがあれば(最近こればっかり笑)、この2幅1対の掛け軸を連れて行きたいと思っています(言うのは勝手^^)。

猫好きの友は、もちろん、栖鳳「班猫」の前から離れない、西に軍配をあげました

でも、東西対決で一番悩んだのは、「cafe 椿」の和菓子でした(笑)。大観の「富士山」に対抗する栖鳳のお菓子がなく(残念)、秋篠宮殿下が「素敵なお菓子ですね」とおっしゃったという、これまた山種所蔵の速水御舟「名樹散椿(めいじゅちりつばき)」をイメージした椿の和菓子をいただくことに。美味しゅうございました(料理研究家・岸朝子さん風に笑)。この「富士山」の影響か、パンフレットは、大観が売れていたように思います(んなわけありませんが、笑、私がみる限りでは、大観の方が売れているようでした)←展示会のパンフレットは、図録というよりも小さな作品集といった感じ、別々に売られていました。今回の催し用に作られたものではなく、山種美術館が出版している書籍の二冊。

バンクーバーが始まりますが、アート巡り、納品も目白押し、フランス映画祭も開催されるし、楽しく頑張りましょ♪

(比較はできませんが)ヌーベルバーグの伝説映画と明治以降の日本画の軍配は、は、、(笑;
by cocobear-riko | 2010-02-12 17:57 | いろいろ | Comments(2)
gens de Paris パリの人々
e0082110_0591253.jpg

e0082110_0592519.jpg

e0082110_10751.jpg

e0082110_110347.jpg

e0082110_1016100.jpg

e0082110_102462.jpg

e0082110_1105428.jpg

Twitterはじめました(がまだよく理解できず;)。フォローし合いましょう(というのか;)。よろしく~。tsuruta_ma
by cocobear-riko | 2010-02-11 01:00 | Paris | Comments(2)
パリの手作り
e0082110_112145.jpg

ベルシーの手芸屋さんにて
何かあるかな♪と思ったのですが、、フェルトの粗悪さに(失礼)驚きました;
サンプルのキティちゃんのフェルトバッグは、おそらく、本を数冊入れたら・・・・・
でも、もう、キティちゃんったら、パリにすっかり馴染んでいるかも
持ち手の長さもちょっぴり個性的


e0082110_1121090.jpg

ボン・マルシェにて
ボン・マルシェは、トイレ休憩地点ですが、同じ階に、ドログリー(表参道に支店がある)があります。ここで少し買い物をして、地下で文房具を買って、一階でお土産とお惣菜とワイン(ホテルで食べる)を買って、なパターン

ここっていつも大きなシロクマがいるのですよ。。ほしい。。ダイブしたい。。笑
(将来パリに住むことになったら真っ先に買うからね笑)
by cocobear-riko | 2010-02-10 01:19 | 12e | Comments(2)
Jean Le Rond d'Alembert(ジャン・ル・ロン・ダランベール)
久しぶりにスタルク(パリの歴史板)のお時間です^^

が、どこに建っていたか、定かでないのです。。窓ガラスにうっすらとパリ友がうつっているので(あは)、狩猟博物館の近くだと思われますが。。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださいね

ジャン・ル・ロン・ダランベール(1717~1783)、日本でも小学生向きの伝記本が出てもよいのでは、と思いました(いつものように自己流な訳、脱線多しです)

e0082110_0533153.jpg

1717年、11月16日、伯爵夫人である彼の母親は(父親は、騎士デトーシュ)、ジャン・ル・ロン教会前の石段に、未来の数学者・哲学者、ジャン・ル・ロン・ダランベールを捨てました(ダランベールの名前は、教会の名前に由来。教会は現存しません)。彼は、ここに住んでいたマダム・ルソー、ガラス職人の夫婦に引き取られました。マダムとの結びつきは強く、48歳まで、この乳母の家で暮らします。父親が残してくれた財産のお陰で、後に、ダランベールは、バカロレアに合格、法律や医学で身を立てようとしますが、数学に全てを捧げます。彼の最初の仕事は、科学アカデミーに評価され、24歳の時に、助会員に選ばれます。1745年、ディドロと一緒に、「百科全書」の編集をはじめ、1751年、長大な「序論」で名声を博します。タンベールは、数学者・哲学者として広くその名を知られ、とりわけ、マダムGeoffrinに気に入られ、社交界でも人脈を広げます。1764年、ジュリー・デ・レスピナス(生涯で愛した唯一の女性と言われている。15歳年下。2度の浮気でダランベールを悲しませる)の家に移り住みます。1754年、アカデミー・フランセーズの会員になり、1783年10月29日、突然亡くなるまでに、アカデミー・フランセーズの終身幹事という最高の栄誉職に就きました。



e0082110_10846.jpgこちら、モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール作(ポンパドール夫人の肖像画で有名)のダランベール氏の肖像画です

可哀想な過去を持ちながらも、なんて上品で豊かなお顔立ちをなさっているのでしょう

産みの親より育ての親、ということだったのでしょうか

何が彼を動かしたのでしょう

数字(美)の魔力か

15歳年下の彼女の存在か・・




+++++

その他、スタルク風景を一挙ご紹介(一部です。訳はまたいつか^^;
私の管轄(笑)ですと、上から二番目、ご覧ください(9区)。建物の帯の部分に、狩猟をイメージしたレリーフが彫られています(犬、鹿、イノシシなど)。かなり細かく、しかも、迫力もあり、私はこの周りを、上を見上げながらぐるぐるぐるぐる廻ってしまいました。そうすると、パリの人達も、「こんなところにこんなのがあったんだ」と、暫し立ち止まって見て行かれるのでした。

e0082110_19243.jpg

e0082110_192412.jpg

e0082110_194083.jpg

e0082110_1100100.jpg

e0082110_1383865.jpg

e0082110_1101380.jpg

e0082110_143081.jpg

e0082110_1412478.jpg

by cocobear-riko | 2010-02-09 00:53 | 3e | Comments(4)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b