<   2010年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
2010年1月 最終週 徒然(長いです;)
e0082110_23515743.jpg早いもので1月も終ってしまいました(この分で行くと3月まであっという間だ・・

浅草では、飯友さんたちと無事に会うことができ^^、月見草(つきみそう)で、美味しいディナーをいただきました。〆にタラバガニの炊き込みご飯とお味噌汁、こういうスタイルのお食事は嬉しいです

←写真は前菜。白子のムースと人参ムース生ウニ添え紅白新春の出会い

この後は、海の幸パイの宝船仕立て甘口ソーテルヌワインの風味、口直しのシャーベット、三陸産鮑のステーキオリジナル肝ソース、デザート、コーヒー、ほうじ茶、しみじみ美味しかった・・

私は、白と赤をグラスでいただきました



日付かわって土曜日・・



e0082110_09820.jpg昼間はDear Bear 目黒店に今年初ベア他を納品
夜は友と白金で新年会

その前に、メゾンエルメス(銀座)のル・ストゥディオ(10階)で無料サービス上映中のロバと女王を観ました

原作:シャルル・ペロー
監督:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーブ
50年代のフランスの美、マン・レイ
ドヌーブの相手役はお馴染みジャック・ぺラン

これだけでもどんな映画か想像つきますが^^、実にキッチュ(久しぶりに口にしました)な映画でした。これは何も考えずに観るべし、動物好きさんには特にオススメ☆

写真はメゾンエルメスのエレベーターの中(エルメスの香りがします)




e0082110_0393725.jpgそして、夜は、白金のAU GAMIN DE TOKIO (オー・ギャマン・ドゥ・トキオ)

たまたまカメラを持っていたので撮影をさせていただきましたが(許可は得ています)、お味、雰囲気、サービス、コストパフォーマンスよし、私の中のダントツ一番になりました

ローヌの赤を片手に、黒板を見ながら、お店の方と相談(このひと時も楽しく)、メニューを決めていきます

e0082110_0564187.jpg

e0082110_0565870.jpg

珍しいお野菜は1つずつ紹介して下さり。↑プンタレッラ(ローマ産)↑白タンポポ(アスパラ横)

e0082110_0571393.jpg

白アスパラのサラダ(なんと生で!甘~い♪大分直送、新鮮だから生で食べることができるのだそう)

店内はオープンキッチン、スタッフは男性ばかりですが、動きが美しくしなやか。お客さんは、本当に、老若男女さまざまで、あっという間に満席になりました。中には、ふらりと立ち飲みにという方々もいて、たくさんのファンに愛されているレストランなのだなぁと思いました。とにかく居心地がいい。友とも話が尽きず・・

他、白タンポポとプンタレッラの炒め物
トリュフのスフレオムレツ
とうもろこしのムースと生ウニ
カモのコンフィ
わさびのパスタ
黒ごまのムースと苺のスープとエスプレッソ

お店のムッシュに、「すごいですね!(よく食べましたね、という感じ笑)」と言われてしまったお皿の数々は、長くなりそうですので、別記事をたてます;


そして、今日、日曜日・・



e0082110_1172083.jpgシャネル・ネクサス・ホール(銀座)の、こちらも無料イベント、フィリップ・マリニグ写真展「イントゥー・ザ・ワイルド」が今日まででしたので、シャネルの一日にしましょう、ということに(写真はシャネルビルのエレベーターの中。ん~♪シャネルの香り)

シャネルビルに行く前に、シネスイッチ銀座で「シャネル&ストラヴィスキー」を鑑賞しました

ストラヴィンスキーと言えば、私は、ヴァイオリン協奏曲が好きですが、「春の祭典」と、シャネルの5番の誕生秘話、初めて知りました・・

狂おしい恋が音楽に、行き場のない情熱が香りになった。(パンフレットより)

シャネルの生き様に励まされました。永遠の憧れのシャネルですが、最期は(も)、一人だったのですから・・

監督は、ヤン・クーネン。シャネル役はモデル出身のアナ・ムグラリス。ストラヴィンスキー役もこれまた適役、マッツ・ミケルセン。衣裳はカール・ラガーフェルド。もう一回みてもいいかも

シャネル・ネクサス・ホールのフィリップ・マリニグ写真展は、アフリカの動物たちが、ホールの音、照明、色、空調(少し湿度を感じました)によって、よりリアルに感じることができました。しかし、緑のカバ(藻まみれ)には驚きました。。。やられた。。。笑

でも、私も、ここで、写真展(パリの街角動物オブジェ)が出来るといいな・・(夢は大きく!)


e0082110_1401280.jpg写真展の後は、シャネル気分で(笑)、シャネル本店内をしゃなりしゃなり

ラ・メゾン・デュ・ショコラで小休止して、出光美術館へ(意外と混んでいて驚きました)

ラ・メゾン・デュ・ショコラでは、オリジナルのフルーツフレーバーティと季節限定のショコラムースのケーキをいただきました

出光美術館は、なんと、お初(こんなことではイケマセン笑)。今年は美術検定の2級を取得する為(だけではないけど)、積極的に、アート巡り予定です。それで、ずっと見たかった「長次郎(ちょうじろう)の黒楽(くろらく)の茶碗」は、ぽってりと渋い黒、これが利休好みの茶碗だったのですね。今日は、シャネルの黒と長次郎の黒に日仏の美意識の違いを見たように思いました
※長次郎・・安土桃山時代を代表する陶芸家。楽焼の創始者

出光からの景色は絶景。お茶(これまた無料^^)を啜りながら、夕暮れの皇居をしばし楽しみました・・

e0082110_1395223.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-31 23:57 | いろいろ | Comments(4)
縁起物!?隠れ龍と虎のおパンツ
e0082110_18583780.jpg

e0082110_19241026.jpg

e0082110_19241036.jpg

e0082110_19241081.jpg

e0082110_19241044.jpg

友の到着が待たれますが、待っている間も楽しい浅草寺

「雷門」の底には龍、雷神さまはなんと虎のおパンツをはいていらっしゃいます(トラ縞と思いきや笑
by cocobear-riko | 2010-01-29 19:24 | いろいろ | Comments(2)
浅草にて
e0082110_18583780.jpg

e0082110_18583751.jpg

e0082110_18583756.jpg

e0082110_18583732.jpg

e0082110_18583733.jpg

e0082110_18583753.jpg

これから新年会ですが、珍しく早く着きすぎて(笑)、浅草寺のまわりを三週してしまいました

ふじ屋さんで、てぬぐいを買いました(またまたオマケまでいただき・・-人-)

夜の浅草も、いいよぉ♪

来月、再来月は、歌舞伎座にも行かないとね(さよなら公演
by cocobear-riko | 2010-01-29 18:58 | いろいろ | Comments(2)
pont de Bercy
e0082110_22503087.jpgここもパリ

パリはいろんな顔を持っています。流行の雑誌の中のパリはほんの一部の一部のパリ・・

右に目を向けると、パリで一番新しい橋、シモーヌ・ドゥ・ボーヴォワール橋と、ローマ時代の水道橋を思わせる2階建てのベルシー橋(メトロ6号線が通っています)

その昔、この辺り、ベルシー地区は、アルコールが免税だったのですね。よって、水上運輸で各地からワインが荷揚げされ、ワイン倉庫街に貯蔵されました(現、ベルシーヴィラージュ、流行のショッピングモール)

ベルシー橋と言えば、シャンソン「パリの空の下」(以前、コチラで紹介済み)

久しぶりに、シャンソンは、ジュルエット・グレコで・・

sous le pont de Bercy
un philosophe assis

ベルシー橋の下 哲学者が座っている
 
e0082110_22492618.jpg





e0082110_22544029.jpg

荷揚げされたワインたちは、このレールの上を移動したのでしょう


e0082110_2314520.jpg

シモーヌ・ドゥ・ボーヴォワール橋
by cocobear-riko | 2010-01-28 22:48 | 12e | Comments(0)
SALON DU CHOCOLAT ISETAN(内覧会)
e0082110_1845381.jpg今年も行ってまいりました♪サロン・デュ・ショコラ伊勢丹(新宿店)。夕食後、さっそく、カーペットにクロスを敷き、ショコラピクニックを楽しみました♪(映画「マーサの幸せレシピ」の受け売り^^床に座ってイタリアンを食べている様子が素敵でした。取り皿なし、直接、鍋から食べる)完璧太ったかも(笑;

今年は前夜祭はなく、iカードの会員であれば入場できることになっていました。思ったよりも混雑はなく、希望の品を買って帰ることができました。場内は、テーマが本国と同じ「オペラ」だけあって実に華やかなでしたね。テーマ作品もアートしていました。

いの一番でジロットさんのブースへ

ショコラのツアーでご一緒したマダムとも合流でき、ジロットさんのショコラを購入後、ジロットさんと、昨秋の話しに花が咲きました。お写真を差し上げたら、なんと、「このプチカドーがとっても嬉しかったので、小さなキスをしてもいいですか?」と、両頬に、キスのプレゼントをいただきました(私だけ*^^*)。ジロットさんはホントにサンパ、感じのいい、キュートなムッシュ。作品にも表れています。新作のカカオジュレのショコラからは、たくさんの愛と自信を感じました。

他、今回は、ジャック・ジュナンとサダハル・アオキ・パリのカカオのエクレア(限定。4種類あります)が、いい仕事をしているなぁと思いました。ジャック・ジュナンは、3月の渡仏で、絶対に行きたいメゾンのひとつになりました。




e0082110_19105580.jpg
e0082110_1911249.jpg

"ファブリス・ジロット"                 "ジャン・ポール・エヴァン"




e0082110_1912516.jpg写真は、あのドバイより、"アルナスマ"

今回、一番、注目を浴びていたかも

こちらのショコラは、なんと、ラクダのミルク入りなのですね。ラクダのミルクは脂肪分が低くミネラルが豊富なのだとか

試食をさせていただきましたが、なんだろう、特別なお味ではなかったのですが、独特な風味を感じました。。"ラクダ"という、先入観かな?

アルナスマとは、夜明けとともに海から砂漠地帯に吹く爽やかなそよ風という意味なのだそう。そよ風というか春一番のような風を感じました(笑






e0082110_19115722.jpg
e0082110_19123719.jpg

"ピエール・エルメ"                  "フィリップ・ベル"




デジュネは、伊勢丹近くの、ミシュランの☆付き割烹店"中嶋"へ。いわしフライ定食(800円)が美味しかった~。これでお口がリセットされ、再び、サロンへ(笑)。ベルアメールのソフトクリーム(ミックス)を食べて、今日のところは(笑)帰ったのでした~

e0082110_19172510.jpg
e0082110_19174946.jpg




ps.
そして、今年も、「ショコラの旅」のポスターとツアーレポを作らせていただきました。結構、皆さん、見て下さっていて、嬉しかったです。そうそう、私は買わなかったのですが、ダロワイヨの「オペラ」のホワイトチョコレート版も注目している方が多いよう(ベルナシオンほどではありませんが)。「オペラ」を最初につくったのは、ダロワイヨとのこと。「オペラ」誕生50周年、てっきりデメルかと思っていました。

e0082110_04150100.jpg
e0082110_052669.jpg










<購入一覧>
セレクションボックス「オペラ」
・ジャン=ポール・エヴァン
・ジャック・ジュナン
・ジャン・シャルル・ロシュー
・マルク・ドゥバイヨル
・パスカル・ル・ガック
・メゾン・フェルベール
※「オペラ」はCD付き。以上のメゾンたちの紹介映像です。
・ジャン=ポール・エヴァン(プチフール←やっぱり買ってしまった;)
・ジャン・シャルル・ロシュー
・ファブリス・ジロット(カカオジュレ入りショコラ)
・マダム・セツコ(江戸切子とワサビショコラかりんとう
・サダハル・アオキ・パリ(サブレ入りショコラとカカオのエクレア)
・イルサンジェー
・マゼ(冬限定の缶が可愛い♪)
・ベルアメール
・エルセイボ(ショコラショーの素と苺とミントのショコラコンフィチュール)
※ワインは、友達からの誕生日プレゼント。ボルドーの赤、ショコラに合います。merci

e0082110_1850956.jpg

e0082110_18512946.jpg

e0082110_18514763.jpg

ジロットさんがサインをしてくださいました
「マリコさんへ。極上の一日をお過ごしください。あなたは、私達のアトリエを訪問して下さった、初めての日本人です。ファブリス・ジロット」

はい、今年も、しっかり、散財してしまいました。。 -"-


+++++


こちらはパリ39番のバス。サロンの時期になると、メトロやバスに広告が出ます。

e0082110_18363441.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-26 18:39 | いろいろ | Comments(4)
en prière
e0082110_2504517.jpgアン・プリエール

祈り

5月の新宿伊勢丹BEAR!BEAR!BEAR!での作品展のタイトルとします

お楽しみに^^♪

パリでは、必ず、教会で祈りを捧げます

いつも違う教会と決めています

昨秋は、サン・ドニ近くの教会へ

そう言えば、昨春入った教会前の広場は、映画「パリ・ジュテーム」、ヴィクトワール広場(諏訪監督)のロケ地だったのだわ。最近、映画をみていて、気がつきました。笑


e0082110_2595011.jpg



こちらはお馴染みサン・ジェルマン・デ・プレ教会
プチデジュネの時間帯・・

e0082110_301233.jpg

e0082110_302666.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-26 03:01 | 3e | Comments(0)
Avenue des Ternes
17区、この辺りもいいオブジェがたくさんあるのです
16区同様、ヌーヴォー期の建物がたくさん残っていますので、丁寧に見て歩きたいところ

凱旋門の近く、テルヌ大通りでは、美味しそうなケーキに心を奪われ
鳥の壁絵に心が躍りました~(人も飛んでるの笑

e0082110_2256685.jpg

e0082110_2253378.jpg

e0082110_2335982.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-24 22:54 | 17e | Comments(0)
la même histoire
e0082110_22374744.jpg

e0082110_22405027.jpg

e0082110_22385531.jpg

e0082110_2238634.jpg

e0082110_2246198.jpg

e0082110_22395557.jpg

e0082110_2243721.jpg

e0082110_223933100.jpg

e0082110_23445813.jpg

「la même histoire」
気がついたら口ずさんでいるシャンソン・・(映画「paris je t'aime」より)

「一体、何なの、私達を繋ぐこの絆、私達を分かち、突然 また結びつけるものは?私達は、その日その日を、さまざまな欲望や愛に生きている。ひたすら前へ進もう、時とともに、風の向くままに。いつだって同じストーリーの繰り返し・・」

quel est donc
ce lien entre nous
cette chose indéfinissable?
où vont ces destins qui se nouent
pour nous rendre inséparables?

on avance
au fil du temps
au gré du vent

on vit au jour le jour
nos envies, nos amours
on s'en va sans savoir
on est toujours
dans la même histoire

quel est donc
ce qui nous sépare
qui par hasard nous réunit?
pourquoi tant d'allers, de départs
dans cette ronde infinie?

on avance
au fil du temps
au gré du vent ainsi

on vit au jour le jour
nos envies, nos amours
on s'en va sans savoir
on est toujours
dans la même histoire

dans la même histoire

on vit au jour le jour
nos envies, nos amours
on s'en va sans savoir
on est toujours
dans la même histoire

la même histoire

前向きになれるんですね・・パリでエッフェル塔を見つけた時のように・・♪




Elisabeth Anais(エリザベス・アナイス)も好き♪




by cocobear-riko | 2010-01-23 22:43 | Paris | Comments(0)
METRO
e0082110_23213923.jpg

e0082110_23222839.jpg

e0082110_2331387.jpg

1001listes.fr・・ミルアンリスト、結婚(出産)祝いリストのwebショップの広告。「今度、結婚します。お祝いは、リストの中から選んでね」というもの。日本で言うところの"引き出物リスト"ね。確かに、効率的かもしれない。



e0082110_0211580.jpg

e0082110_0204693.jpg

e0082110_23284458.jpg

e0082110_2322934.jpg

昔はパリのメトロにもチケット捥ぎりお姉さんがいたのですね。
Marc Jolivet、コメディアンでしょうか?笑
by cocobear-riko | 2010-01-22 23:24 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
Rue Blanche
e0082110_23125731.jpgこの寒暖の差に、私の周りは、体調を崩している続出、皆さんも、ご自愛なさってくださいね

さて、パリを歩いていると、「ん、この通りは、他とはちょと違う・・」という通りに出くわす時があります。と言っても、私の場合は、建物の装飾を見て、ということになりますが

←写真は、9区の"Rue Blanche"

このアパルトマンの装飾には、蠍、羊、天秤、牛、双子ちゃんなどが見られます

どうも星座をモチーフにしているよう

なんだか夢があっていいですよね・・

「私のアパルトマンは、そう、ブランシュ通りの星座のオブジェが散りばめられている建物」なんてね

このもう少し先、ブロンシュ駅の近くの建物には、ファサードに施されるのは珍しいアイテム(取っ手などにはたまに見かけますが)、手のモチーフ。目を引きます。この他にも珍しいオブジェが多々。「隣には負けられない!」職人の意地を感じます。

そして、nickさんを思いながら撮影をした骨董屋さんの働く自動車たち^^

e0082110_23295499.jpg

e0082110_23324147.jpg

e0082110_23325960.jpg

e0082110_23315334.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-21 23:24 | 9e | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
最新情報!テディベア(くまモ..
at 2017-03-28 02:03
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b