<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
パリの落書き
e0082110_23152381.jpg「よいお年を」の前にもうひと記事(笑)、パリの落書きの続きがまだでした;

写真は、パリ14区、ラスパイユ通り
左はモンパルナス墓地、右はカルティエ現代美術財団

でも、ここが、ジャン・ヌーべル建築のカルティエ美術館の壁だと理解するまでに、時間がかかりました。。

1984年以来、カルティエ現代美術財団は、その時代を生きる芸術家たちの、最も新しい芸術活動の促進、その普及に努めています。芸術家たち(もしくは芸術家の卵たち)の生の声を伝える。これらの落書きも、公認なのでしょう。

e0082110_23271816.jpg

e0082110_23272971.jpg


e0082110_23281234.jpgと、

落書きの横をさっそうと通り過ぎる
素敵なムッシュを発見(笑)

左手にワイン、右手にフランスパン

パリですねぇ

この先を左へ

Rue Boissonade沿いの
ファサードにリスが施されたアパルトマンに
入って行かれました・・

しかし、私は、相変らず、マニアック

今日、雑誌フィガロで、フランスの田舎
ノルマンディ一とブルターニュを紹介する
記事を読みましたが、

たまにはフランスの田舎で過ごすのもいいなぁと思いつつ、なぜか、パリ20区をクマなく歩いては写真を撮っているわけです。。

でも、1年前の記事を見返してみると、なかなか面白いのですよね。まずはせめて自分が「面白い」と思わないとね(笑)。来年もマイペースでいきます。

                                                ↓ リス
e0082110_2338533.jpg


今日はパリのたまのさんからもメールが届きました。Tamano ParisのDMマリコロンも、残り1マリコロンになったよう。皆さんには、今年は、Tamano Parisの作品もご贔屓にしていただきまして、ありがとうございます。ありがとうございました。

↓は何気に撮った一枚ですが、のんびりマリコロン(ビキニのコ)が、一人、ガラスのエッフェル塔にもたれかかっております。いたってマイペースといった感じで。笑

最後の1マリコロン、お気に留まりましたら、Tamano Parisへ。(たまのさんもホリデー中にて、来年のお取引になります。ご了承ください)

e0082110_23315379.jpg

今年も残り少なくなってまいりました。皆さんにとって今年はどんな年だったでしょう。よいこともそうでないことも全て受け入れ、場合にとっては右から左に受け流し(笑)、よいお年をお迎えください。そして、来年も、仲良くしてくださいね^^♪
by cocobear-riko | 2009-12-30 00:19 | 14e | Comments(0)
大阪ウナ・カーザで干支教室「トラ吉」編
e0082110_1153594.jpg夢のように過ぎてしまった
毎年恒例となったウナさんでの「干支教室」

ご参加くださった生徒さん、場所を提供してくさったウナさん、京都から遊びにきてくれたクマ友、励ましのメールをくださった皆さま・・

ありがとう -人- ありがとうございました


ウナさんでのひと時は、私にとっては、掛け替えのない、一期一会の時間なんです。マイペースですが、今後とも続けてゆきますので、よろしくお付き合いください。

飛行機の機種変更で出発が遅れ、レッスンに遅刻してしまった私ですが(今回は飛行機のせいですから笑)、お陰で、新作ベアの撮影をすることができました(携帯なので写りがよろしくありませんが・・)。さっそくお問い合わせもいただき、ありがとうございます。。
※作品は2ベアともsold outです。merci



e0082110_1311641.jpgレッスンは、とにかく十二支で一番難しいと思われるトラでしたが、皆さん、悪戦苦闘しながらも、実に、個性豊かなトラ軍団が誕生しましたv

それから、今回は、ウナ・カーザの早川さんのガイドで、本町(ほんまち)グルメとプチ動物園(?)も楽しむことができました♪

ランチは、ウナさんの近くのイタリアン
(前菜とデザートは一気に食べてしまい撮影忘れ; 白ワインは誰が飲んだのでしょう・・仕事中なのに・・ アハ)

帰りは評判の和菓子屋さんへ
こーれが、恐らく"私の一番"になるくらい、美味しい和菓子でした。並んでいる生菓子を、右から左、全部食べたい♪と思った程・・



e0082110_1314772.jpg


e0082110_1534646.jpg更に、珍しいリンゴ飴やマカロン(帰りの飛行機の中でいただきました。サンドされたクリームが美味しかった~)、ブルーチーズのチーズケーキはクマ友から(merci)、等々

ご馳走さまでした♪

で、毎年、ランチでゆっくりしすぎて、時間が押せ押せになるのですが。はい、今年も、立つ鳥跡を濁しっぱなし状態で失礼した私でありました;



e0082110_22863.jpgそれで、案の定、斑入れは
宿題になってしまったのです
ね(ゴメンナサイね・・

でも、ここまで来れば、
お家で、じっくり、
気分を変え、
神経を集中させ、
斑描きをしていただきたいと
思います

それにしても、尻尾ひとつとっても、全て、表情が違います。大阪チームは、今回、尻尾にとっても拘りを見せてくれました。尻尾がダンスをしています^^

来年もいい年になりそうですね

来年もきっといい年になりますよ☆



e0082110_231576.jpgあ、そうそう、それで、イタリアンのお店の前に、アルパカとカピバラとワラビーがいたのですね(笑)。

アルパカさんの名前は「楓(かえで)」さん

この写真がなんとも愛嬌があって笑ってしまったのでした


e0082110_234782.jpg企業(カレッジか)がペットとして(?)飼っているようで、
子供達の人気も集めていました

平日は、本町界隈を"散歩"しているそうですよ(笑

ん~大阪は実に奥深いです。。

食い倒れ

面白ろ倒れ

縫い倒れ

来年も、たくさん倒れたいわ^^/
by cocobear-riko | 2009-12-22 02:39 | 鶴田のイベント情報 | Comments(2)
羽田にて
e0082110_10133067.jpg

e0082110_10133059.jpg

e0082110_0585414.jpg

おはようございます
本日は晴天なり♪

これから大阪(干支教室♪)ですが、飛行機が遅れています

徹夜で誕生した「マドモアゼル・リス(白いベア)」と
「マドモアゼル・ベール(フランスのアンティークサル付。いい相棒になってくれています)」をちらりご紹介

・どちらも、ファブリックはドイツモヘア
・目はぼちぼちお馴染み(になっているかな?)手刺繍(フランス製の刺繍糸で)の自作くるみボタン
・洋服と小物は、パリのヴァンブとサントゥーアンで求めたフランスのアンティーク
・身長43センチ(私にはビッグサイズ)

リスさんは、ユリの紋章のブラウス(セーラーにリメイク)を着ています
ハットピンはフランスの象徴のニワトリ(トリコロール)です

ベールのモヘアの色は大人色
相棒がこれまたいいのだ♪

お気に留まりましたら、ウナさんまで‥
tel:06-6541-6693
http://www.unacasa.co.jp

※作品は2ベアともsold outです。merci

j^エ^l♪
by cocobear-riko | 2009-12-20 10:13 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
pochoir(ポシュワール)
e0082110_22594339.jpg

ポシュワール、英語ではステンシル、フランス伝統の「型抜き」と言われる手法です。前にもココでご紹介しましたが(連載でも)、パリを歩いていると、さまざまな落書きに出くわします。落書きと言っても、その行為は、一種のオートマシスム(自動現象)、一種のアートと位置づけられています。

もちろん、基本的に、落書きは、フランスでも、法律で禁止されていますし、社会問題になっている現状も否めませんが(メトロの落書き除去には多大の税金が使われている模様)。

帽子のポシュワールは、6区、モンパルナス・ビアンブニュの動く歩道にて。
高速の動く歩道はまたもやメンテナンス中・・



e0082110_2353262.jpg帽子繋がりで^^
この秋も、20区にアトリエを構えるエステルのお店に行きました。

彼女の帽子は私を帽子好きにしてくれました。

「次回は来春ね♪」

お店を後に、Rue de Menilmontent を歩いていると、


Nemo(ネモ)発見↓


e0082110_238640.jpg

ネモは写真集が出版される程の有名人ですが、アメリカのアニメーター、ウインザー・マッケイ(アニメーションの創始者)作の"Little Nemo"が名前の由来とか。

動きとストーリー性を感じる、楽しくてどこかミステリアスな落書きです。


ps.
オマケ
週末は、大阪ウナ・カーザで、干支の「トラ吉教室」ですが、マレ4区のRue des Rosiers で、トラに遭遇!ファラフェル屋さんの近くです。といっても、今もまだ存在しているかどうかわからないのが、落書きの宿命・・
※このロボット?も、パリのあちこちで見かけます。Speedy graphito作

e0082110_073087.jpg

明日も落書きの話です。~
by cocobear-riko | 2009-12-18 23:44 | 20e | Comments(0)
CORDONNERIE (コルドヌリ・靴修理屋)
e0082110_12333134.jpg Tamano Paris 繋がりで

パリ19区、Rue de Crimee

運河を渡った先に・・

佐伯祐三(1898-1928)だったら
キャンヴァスに残すでしょうか




e0082110_032812.jpg

e0082110_33147100.jpg

by cocobear-riko | 2009-12-18 00:07 | 19e | Comments(0)
Il neige à Paris!
e0082110_22184972.jpg

今秋のパリレポはこれからなのに、パリは、雪が降っているそう・・(タマノ特派員より)
寒いのが苦手な私ですが、冬のパリも"暗くて"素敵。。
パリに住んだことのない私には甘い想像かもしれませんが。。

Tamano Paris のマリコロンも、歩みは遅くとも、のんびりと動いております。
ありがとうございます。コチラ、販売状況です。

リンクも張っていますが、本業サイトの裏ダイアリーも気紛れに更新中です。
こちらは主に食記と化しておりますが(笑)、隠れロムラーさんもいて下さっているようでして、少し照れてしまいますが、アートや映画やetc情報、お役に立てれば幸いです(--)ゞ
by cocobear-riko | 2009-12-17 22:48 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
「maricorons & Animaux Photos」Vernissages
e0082110_21335854.jpg2009年10月15日(木)、Vernissages(ヴェル二サージュ/オープニングパーティー)

只今、パリの職人通りパッサージュ・モリエールのTamano Parisとコラボレーション中ですが、日々、お問い合わせをいただき、作品も、日本に里帰りしております

ありがとうございます
コチラ、販売状況です)

今日も、パリのタマノさんから、画像が届きました。パリはマイナス5度ということですが(><寒そ)タマノさんのお友達がヴェル二サージュの様子を撮影してくださっていましたので、ちらりご紹介・・


ありがとうございました -人- (多謝


e0082110_21341397.jpg

e0082110_21342338.jpg

e0082110_21343432.jpg

このコ達は誰を待っているのか・・


+++++


少し懐かしい画像を見つけました。内2体は旅立っていますので、貴重な一枚・・

e0082110_2147430.jpg

by cocobear-riko | 2009-12-15 21:38 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
"Tamano Paris"のマリコロンたち
※完売しました。心から、ありがとう。。


e0082110_248562.jpg総じて、スロウスターター、スロウのココベアですが、Tamano Parisへも、日々、お問い合わせをいただいているようで、有り難く思っております。多謝・・

「でも、"マリコロン展"なのに、パリのマリコロン(DM用の)が動いていないのは、不思議です」とタマノさん。

確かに(笑

「誰かを待っているのでしょう」と、私。いつもの台詞。

ご希望がありましたので、一部写真を加えて、「"Tamano Paris"のマリコロンたち」をご紹介いたしますね。

それにしても、タマノさんのつくるお靴は、色気があってホントに素敵・・
(プチ"トリコロール"マカロンともよく合っています)




e0082110_1585650.jpg

















「ウルトラモッド(撮影)のマリコロン」hold



e0082110_8472879.jpg















「人魚マリコロン」hold
※人魚マリコロンのみワイングラス付き←グラスには微炭酸のロゼ♪のイメージなんです



e0082110_2114165.jpg

















「マリコロン(ドレス)」hold



e0082110_849039.jpg















「マリコロン(ビキニ)」個人的に好み^^



e0082110_21151946.jpg

















「初代マリコロン」sold out



e0082110_21152863.jpg
















「毛深(笑)マリコロン(ミドルサイズ)」個性派♪



e0082110_21155164.jpg




「ノワールマリコロン(ドレス)」sold out
※ノワールマリコロンの洋服は、古いシャネルのシルクブラウスをリメイク



e0082110_2373339.jpg















「カバーガー」hold



e0082110_2116252.jpg
















「土佐紬ベア」・・5本指。雰囲気ありますhold



e0082110_23872.jpg





「ベア+マリコロン+プードル」
一番パリらしいかもな3ショット♪♪♪


e0082110_2112682.jpg




<その他の作品>
・カリブー5体(内1体はsold out
・和風ベア&河童(セット価格です。私物ですが、パリ初個展の記念として、出品します)sold out
・ノワールマリコロン(着物も手作り)
・アニモーパネル各種
・プチマカロン15色(内2点はsold out

お問い合わせは、Tamano Paris まで
HPでも、タマノさんが紹介してくださっています。
"exposition"をご覧ください。

※今回、ホリデーサービスとしまして、ご予約期間を長く設けました。来年の1月いっぱいまで可能ですので、気になる方は、お早めにご予約ください(その際、キャンセルはなるべくご遠慮いただきたく思います。よろしくお願いいたします)。それから、今回、パリで展示した作品につきましては、日本での販売はありませんので、是非、この機会に、ご利用いただきたいと思っています。また、タマノさんのご好意で、価格も、日本よりも安めに設定できておりますので(少しですが)、合わせて、お問い合わせください。
by cocobear-riko | 2009-12-12 02:15 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
SALON DU CHOCOLAT PARIS 2009④
e0082110_291591.jpg10月14日(水)、サロン初日

今年も、フランスをはじめ世界中から集まったショコラティエが所狭しとブースを並べ、たくさんのショコラ好きで賑わいました。

その中でもひときわ賑わっていたブースは、マダム・セツコ。

江戸時代の模様をあしらったEdo-Kirikoが好評を得ていました。

私は、タマノさんのお土産に、マダム・セツコの「ワサビ味のショコラかりんとう」を買いました。

断面は緑!ピリッと辛い!
ヴェル二サージュで受けましたね^^v

そうそう、アルファベットショコラコーナーもとても賑わっていました。文字を組み合わせて、愛の告白に甘さを添えるのでしょうか^^。ショコラが溶けるのでは?と思う程、熱気に溢れていました。その横で子供達も真剣にショコラ選び。抱きしめたいくらい(笑)可愛らしかった・・


e0082110_2181224.jpg

e0082110_2405397.jpg

e0082110_2203836.jpg

e0082110_22106.jpg



e0082110_2265353.jpgまた、今年は、初めて、企業向けのフロアにも入ることができまできました。

会場の奥では、ショコラの世界選手権も開かれ、世界中のショコラティエが、その腕を競っていましたが、緊張の中でも、選手も審査員も、楽しんで臨んでいる姿が印象的でした。

また、梱包用品コーナーはさながらショコラのブティック。私も、ジャン・ポール・エヴァンのパリ限定のショコラやジャン・シャルル・ロシューのショコラスプレッドを買いましたが、お味もさることながら、そのお洒落な箱(蓋)を開ける度に、幸せを感じるのでした。

人気ショコラティエによるデモンデモンストレーションや子供のためのデザート教室も不動の人気ぶり。

「ショコラと美は永遠なり」と思った、節目の年の「サロン・デュ・ショコラ・パリ 2009」でした♪ 


e0082110_2351993.jpg

e0082110_2301716.jpg

e0082110_2302662.jpg

e0082110_2315312.jpg

e0082110_2313383.jpg

e0082110_2341275.jpg

e0082110_2581774.jpg

e0082110_2344793.jpg

e0082110_2353657.jpg

              ↑ マリコロン? (違う違う笑)

e0082110_2321289.jpg

笑顔はショコラの最高の友^^v
by cocobear-riko | 2009-12-11 02:38 | Paris | Comments(0)
SALON DU CHOCOLAT PARIS 2009③
e0082110_1375697.jpgオフィシャル・スポンサーは、今年も、
大手コーヒーメーカーのカルト・ノアール
でした。

前夜祭では、
シャンパンと一口サイズのオードブルと、
目の前でつくってくれるシュセット
(棒付きショコラ)に、
長蛇の列ができていました。

シュセットにまぶされた金色の粒々は、
なんと、口に入れるとパチパチと弾ける
キャンディで、ビックリ!でも、フランス
らしい遊び心に(お祝いムード満点☆)
思わず笑ってしまいました~^^

※パチパチと弾けるキャンディ
フランス語で何と言うのでしょうか・・
つくっていたのは"フォション"でした



e0082110_1385421.jpg

e0082110_1384171.jpg

e0082110_315063.jpg

by cocobear-riko | 2009-12-11 01:45 | Paris | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b