<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
農耕馬とキンタイヤ岬
e0082110_2229067.jpg

新宿伊勢丹用のメインの作品作りを終え、ポストカードデータの入稿も終え、
今宵はちょっとだけほっとしています。。
明日からは、クマ作りとお教室の準備をゆっくり進めてまいります。
作品も少しずつ紹介してまいりますが、今回は、農場の動物達がテーマですので
私もなんだか"のほほ~ん"としています。←いつもと同じ(笑

例えば、農耕馬のシーンでは、テーマソングは、
大好きなポール・マッカートニー&ウィングスの「Mull Of Kintyre」
キンタイヤ諸島の岬の辺りを歩きながら歌っているポール(リンダも一緒♪)もいい感じで
なんとも言えず心癒されます。名曲です。
アルバム「London Town」の一曲でした。

今宵は、ココ農耕馬とキンタイヤ岬をどうぞ^^♪




「ヤギ教室」のお申し込みはコチラ
よろしくお願いいたします☆
by cocobear-riko | 2009-04-27 22:40 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)
撮影大会
e0082110_21365745.jpg

今日は終日、近所の公園で、ポストカード用の撮影をしました。
風の強い一日ではありましたが、野球のボールが当たることもなく(隣でやっていた;
スムーズに撮影を終えることができました。

ちょうど一週間前、ちこれさんから求めた敷布が想像以上にいい味を出していて
とにかく、撮影していて楽しかった~

e0082110_215962.jpg

~風~を感じるクロスです。

所々にあいた穴を別布で優しくアップリケしてあります。
お母さんの針仕事ですね。

「誰だって心に穴が開くほどの辛い経験をしているもの。
穴は、ほら、こうして楽しめばいいのよ」

声なき声が聞こえてきそうな、温かみのあるクロスなのですわ・・

e0082110_2143050.jpg

最後は強風に倒されてしまった動物たちでしたが;
私の気持ちが通じたのか、撮影中はずっと踏ん張って集中してがんばってくれました。

「ヤギ教室」のお申し込みはコチラ
よろしくお願いいたします☆

今日は気持ちがよかった~♪♪
by cocobear-riko | 2009-04-26 22:07 | 鶴田のイベント情報 | Comments(4)
"鶴田農場"の総敷地面積!
e0082110_23391227.jpg今日は、すばっすばっ素晴らしいお天気の中、姪家族と大江戸骨董市へ♪楽しかった~

新宿伊勢丹イベント前にて本来ならパスするところ、なぜか足が向き、こういう時は"何か"があるわけです・・

毎度、宮脇誠商店では、エルメスさまのトランクに心奪われ余韻が続き(今も・・ あぁ 誰かに買われてしまっただろうか・・)

結局、お初のお店で、フランスの18世紀のタイル3枚(こーれがもう一目惚れ><♪)と
昭和初期のクロス(写真)を買うことができました。

このクロスを買うのに、乗っている古モノたちを全て一時撤去させてしまった私;
市は始まったばかりだったのに;
もちろん、こちらの古モノたちにも惹かれるものを感じたのですが、、気がついたら
古モノと古モノの間から見え隠れする継ぎ接ぎとアップリケを目で追い
手でなぞっている自分がおりました。やさしくてあたたかい針目なのです。。。
この写真ではその良さが10%くらいしかお伝えできていないと思うのですが、、
継ぎ接ぎの布からは、道や土や池や太陽や雨や畑や風などが感じられます。
こんなに表情豊かなクロス、見たことないです。

でも、市は始まったばかり、回りのお客さんからも「あら、もう店仕舞い?」と言われながら。「いえ、違うんです、敷物が売れまして」と説明しつつ、「まさかこの敷物が売れるとは・・あの、別れに写真を撮ってもいいですか?」と、お店のご主人。

こういう店主に私は弱い(笑
用途をお伝えしたら、伊勢丹にも作品展を見に来てくださるとかで。
お名前もこれまた一度聞いたら忘れないでしょう、牛抱幾久真(うしいだき いくま)さん。
牛抱さんのこれからがとっても楽しみです!

牛抱さんのサイト
古ボロ庵 titcoRet(ちこれ)

写真のクロスの上に、鶴田農場の動物たちが並びます。
総面積けっこう広いです;
がんばってつくります!

それでは、今宵の一曲^^


by cocobear-riko | 2009-04-19 23:41 | 鶴田のイベント情報 | Comments(2)
新宿伊勢丹「ヤギさん教室」参加者募集中♪
e0082110_222653100.jpg

詳細が決まりましたのでお伝えしま~す♪

2009年5月6日(水・祝日)~19日(火)
「鶴田眞利子作品展~LES ANIMAUX DE LA FERME~」
新宿伊勢丹6階 BEAR!BEAR!BEAR! にて

※LES ANIMAUX DE LA FERME・・・農場の動物たち

今回も、個展の期間中、恒例のお教室を開講いたします。
今回は「ヤギさん」です。
四足はちょっと苦手かも・・と思われている方に特にオススメいたします!
四足にワイヤーを入れますので、綿入れと全体のバランスが比較的お楽に
作業できるのでは?と思われます。


e0082110_22272676.jpg5月6日(水)「農場のヤギさん教室」

5月13(水)「子ヤギと新聞紙バックつくり」

各回、定員10名
針休めの新聞紙バッグ作りが早くも好評☆

時間:11:00~18:00
    (内、一時間、お昼休み)


e0082110_22275279.jpg 講習費:12.000円(税抜き)
     材料費込み
     カット済み(一部縫製済み)

持参するもの:裁縫道具

一応、日程を分けましたが、例えば、「6日に子ヤギと新聞紙バッグを習いたい!」「13日にパパ(ママ)ヤギさんを習いたい!」「一日しか参加できないけど両方つくりたい!」という方にも対応いたします。

キット:12,000円(税抜き)
    材料費込み
    カット済み(一部縫製済み)

お問い合わせとお申し込み:
新宿伊勢丹6階 BEAR!BEAR!BEAR!
tel/fax:03-5269-5744


※サンプルは、新宿伊勢丹6階 BEAR!BEAR!BEAR!に展示中です。会いに来てね^^
by cocobear-riko | 2009-04-15 23:10 | 鶴田のイベント情報 | Comments(2)
シネマ鑑賞記録②
e0082110_1475893.jpg

e0082110_1442854.jpg

写真は、パリ15区、ジョルジュ・ブラッサンス公園にて。
雨で出待ち状態のロバさんたち。
じっと動かずにいたので、最初、オブジェかと思いました・・;
ジョルジュ・ブラッサンス公園にはロバ車(荷台をひくロバ)のブロンズもあるのですが
いまだに見つけることができません><

この週末、以下の映画をみました。
「素敵な歌と舟はゆく」「女はみんな生きている」「息子のまなざし」「名もなきアフリカの地で」「ククーシュカ ラップランドの妖精」「4分間のピアニスト」
一作一言はまた書くとして、、昨夜みた「4分間のピアニスト」は壮絶でしたーー
才能はあるのに自虐的、かつて似たような友がいたなぁ・・と思い出しながらみました。

さて、"鶴田農場"の動物たちも、順調に仲間が増えております♪
白ヤギ、黒ヤギ、カモ、ウサギ、ウシ、羊、が今のところ誕生。
今、製作中なのは、ロバとラバ。
この後、黒豚、農耕馬、ラクダが控えています。
もちろんベアも作ります、ちょっと象徴的な。

引き続き、がんばります☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2009年5月6日(水・祝日)~19日(火)
「鶴田眞利子作品展~LES ANIMAUX DE LA FERME~」
※LES ANIMAUX DE LA FERME・・・農場の動物たち

新宿伊勢丹6階 BEAR!BEAR!BEAR!

恒例のお教室も開講いたします。
詳細はわかり次第お伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「靴に恋して」・・コルセットやハイヒール、、女は履きたいのか履かずにはいられないのか・・
「ビフォア・サンセット」・・「ビフォア・サンセット」の続編。先に見るもよし♪会話が小気味いぃ
「マリー・アントワネットの首飾り」・・首飾りというのはアクセサリーの中で一番魔力的かも
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」・・大事なものと信じるものがあれば、幸せ。
「大いなる休暇」・・オリンピック招致活動みたいだなぁと思った(笑)。嘘から見える真実
「グッバイ、レーニン!」・・東西統一は日本人にとっては対岸の火事だけど、嘘がやさしい。。
「ウィスキー」・・南米では写真を撮るときに「ウィスキー」と言うらしい。無表情がいぃ・・
「ビフォア・サンライズ」・・ジェシーとセリーヌは私の中の永遠の恋人(笑)。恋って素晴らしぃ
「地上5センチの恋心」・・監督は「イブラヒムおじさん~」のエリック=エマニュエル・シュミット♪
「フレンチなしあわせのみつけ方」・・後片付けなんて関係ない!夫婦喧嘩が痛快><♪
「マドモワゼル-24時間の恋人-」・・灯台は船の守り神。孤独で、力強くて、ロマンティック
「ジェイン・オースティンの読書会」・・オースティンと言えば「高慢と偏見」何を思うか・・
「海を飛ぶ夢」・・全ての登場人物に感情移入し、感動。最期はやはり「独り」だということ
「ブラス!」・・実話なのですねぇ。音楽はやっぱり素晴らしい!勇気と希望を音にのせて♪
「ある子供」・・コーエン兄弟が陽ならダルデンヌ兄弟は陰。アダルトチルドレンは寒い。。。
「パンズ・ラビリンス」・・世の中で一番恐いものは?ファンタジーで泣いたのは初めてかも・・
「その名にちなんで」・・名前は大切な宝物。ゴーゴルは名前で苦しみ名前に勇気をもらう
「ダージリン急行」・・「過去を引き摺っていてもしょうがないじゃない」息子を捨てた母の台詞;
「アクロス・ザ・ユニバース」・・ビートルズ好きには堪らないミュージカルな一本♪歌で戦う!
「いつか眠りにつく前に」・・「過ちなんてないのよ」母親から娘への最期のメッセージに涙・・
「白と黒の恋人たち」・・幸せを装うための不幸の連鎖。麻薬って、依存って、恐い。。
「トリコロール/青の愛」・・妻は理想の女性、愛人は性的欲求を満たす対象。 それが自由・・?
「トリコロール/白の愛」・・日本には"負けるが勝ち"という美学があるけど、復讐が平等とは♭
「トリコロール/赤の愛」・・自由、平等、「博愛」が一番難しいかも・・聖書でいうところの黄金律

「素敵な歌と舟はゆく」・・この富豪、家の中で、コウノトリを飼っているのですわ(笑)
「女はみんな生きている」・・いざとなったら女は強し!
「息子のまなざし」・・傷つけられた相手に人は果たしてどこまで優しくなれるか・・
「名もなきアフリカの地で」・・虫の息の老婆がその地に放置され鳥がその死を待つ、常識・・
「ククーシュカ ラップランドの妖精」・・自然の中で言葉は威力をなさない。心で対話する。
「4分間のピアニスト」・・才能はあるのに自虐的な天才。強さと弱さは背中合わせ。
「サラエボの花 」・・皆、秘密くらい持っているでしょう。避けられない真実の中で生きている。
「陽のあたる場所から」・・誰に出会うかで人生が一変する。真心は奇跡を起す。
「息子の部屋」・・息子の突然の事故死。その理由を必死で探す家族。最後はなぜか笑いが
「きみに読む物語」・・夫婦の物語はひとつあればいい。大切に、繰り返し、読む。
「ポロック 2人だけのアトリエ」・・創造することは戦うこと!ゴッホは最期まで戦ったのに・・
「アンジェラ」・・未来が見えない男と過去を消された天使。共通点は自分を愛せないこと。
「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」・・邦画でこんな映画あった?シャルロットが成せる業。
「薬指の標本」・・永遠に綴じ込めたい、綴じ込められたい、遠ざけたい、、コアな精神世界。
「赤い風船/白い馬」・・無邪気で可愛らしい夢。
「消えたフェルメールを探して」・・絵画探偵ハロルド・スミス氏に「合奏」を見てほしかった・・
「マルタのやさしい刺繍」・・マルタお婆ちゃんの様に、幾つになっても、女、仕事人でいたい♪

2009/05/22 一作一言、追記しました~

e0082110_14422214.jpg

小雨の中、シャワーキャップを被って散歩をしているマダムを発見☆笑
でも妙に格好いいと思うのは欲目か・・
by cocobear-riko | 2009-04-12 14:37 | 15e | Comments(0)
我がクマモト⑤ 両親に飴玉のようなダイアモンドをプレゼント!
e0082110_2364333.jpg

両親の結婚60周年のお祝いに、ダイヤモンド婚らしく、ダイヤモンドをプレゼントしました☆
なんちゃって、新宿伊勢丹で見つけたオンリーi商品のおフランス製のキャンディでした^^
夫と地下を歩いていて偶然みつけたのですが、これがクマモトで大受けいたしまして、
さすが東京!さすが伊勢丹!とあらためて思ったのでした。

e0082110_23184456.jpg

実家の近くを流れる白川。水源は阿蘇の白川水源です。
昔はこの川がずいぶんと悪さをしたのです。
また、夏休みには、泳いだりもしていました。←今、考えると恐ろし><

e0082110_23203075.jpg

実家の庭、、よく、おままごとやかくれんぼや日光浴(日焼け)をしたものです。
実家の敷地には、3家族(長女ファミリー、三女ファミリー)が暮らしています。
"放送局"と呼んでいます。笑

e0082110_23242516.jpg

常世の長鳴鶏
闇を払って朝を呼ぶ力を持つ、太陽を連れてくる象徴。
この時期は鶯が朝を知らせてくれます。

e0082110_2325972.jpg

小学校に上がる前に、この家に引っ越してきました。
もうこの家も40代なのですね。。
芸術好きの父の影響で、壁は絵画がびっしり☆美術館のようです。

しばし物思いに耽る私・・

この応接間で、「"アタックNO1"ごっこ」をやっていて(ビーチボールで 笑)
陶器の人形を割ってしまい、母にめちゃくちゃ叱られ、接着剤だけ持って
プチ家出したことを思い出していました。爆
by cocobear-riko | 2009-04-08 23:54 | いろいろ | Comments(8)
我がクマモト④
e0082110_364964.jpg

e0082110_365919.jpg

蜂楽饅頭の白あん
スイス洋菓子店のサバラン(今はリキュール・マロンと呼ばれているらしい)

たまらなく好物♪
by cocobear-riko | 2009-04-08 03:09 | いろいろ | Comments(2)
我がクマモト③
e0082110_2555592.jpg

宇土櫓からの眺め

左から、、遠足でよく登った花岡山
山頂には白い仏舎利塔があり日本山妙法寺というインド系のお寺があります。

中央の広場は、市民の憩いの広場、二の丸公園
その奥が私も学芸員の資格をとるにあたり研修をした熊本県立美術館。

そのまた奥~がテレビ塔が建つ金峰山(きんぽうざん)
熊本市民にとって、金峰山は、天気予報代わり。
頂に雲がかかっていたら"雨"です。

e0082110_2561664.jpg

桜も見頃を過ぎ
はらはらと

e0082110_2562911.jpg

雪のように花びらが舞っていました
このくらいが風情があってよい・・

e0082110_2564047.jpg

熊本県立美術館の玄関にはザッキンのブロンズ。
前からあったかな・・??
by cocobear-riko | 2009-04-08 02:56 | いろいろ | Comments(0)
我がクマモト②
e0082110_2482320.jpg

「畳に寝転がって天井画が見れたらいいね」
とは、義兄の希望^^
でも、確かに、そんなサービスがあったら(年に一回でも)よいかも。。

熱で学校を休んだ時や、そうそう、出産の時も、部屋の天井は暫しの友となります。
本丸御殿の豪華な天井画も、ほのかな月明かりを受けて、闇の中に花々が浮かんで
見えたでしょうか・・

※昭君之間(しょうくんのま)
本丸御殿の中でも一番格式の高い部屋で、藩主の居間、接客の場としても使用
されたと考えられています。
壁や襖などには中国の前漢の時代の話で、匈奴(きょうど フンヌ 現在のモンゴル)に
嫁がされた悲劇の美女、王昭君(おうしょうくん)の物語が描かれています。

e0082110_258478.jpg

本丸御殿が復元された影響で、電車通りからは、天守閣の最上階部分しか見ることが
できなくなったもよう・・(ん~ちょと残念、これが本来の姿なのでしょうが・・
by cocobear-riko | 2009-04-08 02:49 | いろいろ | Comments(0)
我がクマモト①
e0082110_218596.jpg7年ぶりの里帰りでした。

霧が立ち込める熊本空港に無事に着陸できたのも・・気持ちが通じたでしょうか。(前の便まで着陸許可が出ず福岡空港へ。あきらめていたのですが・・)

五人姉妹家族が集って祝った両親の結婚60周年、感謝状を贈り、歌い、踊り、奏で、語り、描き(ウシくんの斑^^)、笑い、涙し・・
感謝の気持ちは言葉では言い尽くすことはできないけれど、この家族に生まれてきてよかった、楽しぃ、しみじみじわじわ幸せを感じた春の宴でした。

一夜明けて、夫が
「久しぶりに熊本城に行きたい。築城400年で本丸御殿も復元されたし」
というので、いざ~


e0082110_0431767.jpg

熊本城は、加藤清正が慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ完成させました。
明治維新後に実際に攻防戦が行われ、52日間の攻撃に耐えて落城しなかった不落城。
(西南の役で、谷干城少将以下の官軍が、西郷隆盛率いる薩摩軍を相手に篭城)
が、薩摩軍の総攻撃の前日に、原因不明の失火で、天守閣などの大部分を焼失><

e0082110_2365774.jpg

こちらは失火から逃れた宇土櫓(国の重要文化財)からみた天守閣。
今回復元された絢爛豪華な本丸御殿(画面中央)ももちろん素晴らしかったのですが、、
私は400年前の姿を残す宇土櫓が好きです。もちろん木造。
床も波打ち、暗く、これといった展示物はありませんが。

e0082110_2371813.jpg

宇土櫓最上階よりズーム・イン☆
築城400年キャラクターの「ひごまる」くん発見!(あは~笑
そう言えば、空港に、熊本城を身に纏っているご当地キューピーが売ってありましたわ。
熊本城は、昨年の入城者数203万9558人で、初めて、全国1位になりました♪

熊本城
by cocobear-riko | 2009-04-07 02:29 | いろいろ | Comments(5)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b