<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「自分の感受性くらい」
e0082110_23301520.jpgぱさぱさに乾いてゆく心をひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを友人のせいにはするなしなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを近親のせいにするななにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを暮らしのせいにはするなそもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を時代のせいにはするなわずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい自分で守ればかものよ

「自分の感受性くらい」 by茨木のり子

mixi(プロフィール)の「好きな言葉」にあげていますが、ブログで話題にするのは、お初でしょうか。

写真集の入稿が終わりました。写真も物書きも素人な私を相手に、マリア書房さん、がんばってくださいました。。感謝です。。ジャパン・テディベアに連載をしていることも助けになりましたが(2年間~)。ジャパンテディベアの坂口さん(編集部)にも感謝です。日頃「ひとり」で作業をしているので、個人競技から団体競技へ、そんな感じだったしょうか。(世界陸上の男子リレーの決勝、楽しみだわ~♪)

そうそう、↑な感じに、話がすぐそれたりしますから、私って。。クセもありますし。。よくこんな私とお付き合いしてくださいました。。

もうだめだ・・

そう思う度に、「自分の感受性くらい」を唱えました。

この詩は、20年前、ラジオのキャスター時代に、上司のディレクターから、退職祝いに頂いた詞。この詩のお陰で、作品(ベア、コラム、写真)に対する想いにも、変化がみられるようになりました。もちろん、すぐに、忘れてしまうのですが。。

ベアにしても写真にしても言葉にしても、自分の手を離れてしまえば、違う人?生を歩むことがあります。画家は、この光の元でこの角度で鑑賞しなくてはこの絵の本当の意味は理解できないであろう、と、果たしてうたっているでしょうか(中にはありますでしょうか)。
写真集の校正では、私が気付かったことを、たくさん気付かせてくれました。自分のイメージと違うものを紙面に見た時、こういう見せ方もあるのだと、感心しました。それは、まるで、写真が、最初からそうなることを望んでいたようにも感じたのです。写真の解像度の問題もありました。温めていた写真の中には陽の目を見ていない写真もたくさんあります。

京都のイベントでは、自信を持って、「le coin des nounours」をご紹介いたします。色校正等はまだこれからですが、最後までがんばります☆そして、

明日から新学期!お弁当作りが始まる~><
by cocobear-riko | 2007-08-31 23:40 | トランクはパリに預け・・ | Comments(10)
パリには決して終わりがない
そこに住んだ人の思い出は、他のだれの思い出ともちがう。私たちは常にパリへ帰った。その私たちというのが、だれにあったにせよ、また、どんなにパリが変わったにせよ、あるいは、どんなに苦労して、または、どんなに容易に、パリへもどれたとしても。パリは常にその価値があった。きみがそこに何をもって行っても、そのお返しを受けるのだった。

へミングウェイ「移動祝祭日」より

「移動祝祭日」のロケ地巡り(一部の地区)ができそうなくらい、ガイドブック並みの私小説。へミングウェイもまたパリ好きさんだったのでした。いじらしいくらい・・

22歳から5年間、へミングウェイ夫妻は、パリに住んでいます。でも、この「移動祝祭日」を書いたのは、へミングウェイが60を過ぎてから。そして、遺作になります。死の直前にどうしてもどうしても書き留めておきたかった。それが、パリ、だったのですね。

パリには決して終わりがない

へミングウェイの遺言のようにも思います。優しくて大きくて揺るぎのない言葉です。
e0082110_0354930.jpg


うふふ♪カッパレターが届きました~
by cocobear-riko | 2007-08-30 00:47 | クマたちがいる風景 | Comments(2)
パリの風
e0082110_2151334.jpg

「お母さん、ほら、みて♪」

「あら♪楽しい」

娘は ちひさい楽しい がわかる女(ひと)。

ホンモノの風ももちろん嬉しいけど

彼女の優しさにいつも癒されている私です。

明日(今日)、入稿~
最後まで頑張るわ~
by cocobear-riko | 2007-08-27 02:22 | Paris | Comments(0)
オベリスク物語
e0082110_1213459.jpg

想像してみて・・

ナイルを下り、ル・アーヴルまでの外洋を航海し、セーヌを溯上(そじょう)してコンコルド桟橋へ

コンコルド広場にあるオベリスクは、特別に建造された「ルクソル号」に乗って、このセーヌを流れてやって来たのですよ。

1836年10月25日、革命時代に断頭台のあった場所に、オベリスク建立。

ただし、桟橋に着いたのは1834年8月ですから、約2年間、梱包されたまま横倒しに放置されていたわけです。

「あらゆる地の長たちが 汝の足下にある」 

ラムセスⅡ世の治世を讃えるヒエログリフ。オベリスクに刻まれた文字です。

当初は、セントラルパークにある「クレオパトラの針」がフランスに贈られるはずでした。パリ大好きエジプトのムハンマド・アリー総督付きに、「フランスに贈るにはちょとそっちはショボイかも・・」と提案したのは、あのジャン・フランソワ・シャンポリオン(ロゼッタ・ストーンの解読者)でした。提案した相手は、ムハンマド・アリーの相談役のベルナルディノ・ドロヴェッティ(コイツがまた曲者で 笑)。当時の国王は、フランス最後の国王、ルイ・フィリップ。

そうそう、ロゼッタ・ストーンは「ピンクの花崗岩(かこうがん)」でできているそう。黒いのは手垢らしい。真っ黒なのにね~

などど、寄り道をするから、仕事が捗らないのでした。。。。。

つづく

e0082110_0324395.jpg

冬の写真ですが、オベリスクは、その辺に、横倒しに放置されていたわけです、2年もの間。。
by cocobear-riko | 2007-08-25 01:57 | Paris | Comments(2)
パリで一番好きな所・・
e0082110_256181.jpg

「エッフェル塔の中のレストラン」

と答えたのは誰だったかな・・ ←モーパッサン

あ~眠くて思い出せないよ~

とにかく

理由は

「エッフェル塔を見なくていいから」

だった。

どんだけどこまで(笑
by cocobear-riko | 2007-08-24 02:58 | 7e | Comments(2)
無題
e0082110_0173293.jpg写真集用に家にある、ミニチュアの骨董を使って撮影会。  

レストランでも付け合せが美味しいと嬉しいし

物語にはいぃ音楽が効果的。

何が採用されるかわからないけれど

私が投げるどんな球(フォト&キャプション)も全て受け止めてくれる。

編集者に心から感謝・・

フランス語のチェックはシャンソンの先生ご夫妻にご相談。夜中にちょっとしたフランス語講座だったけど;目次のフランス語の列に惚れ惚れ・・

すべての出あいに感謝・・
by cocobear-riko | 2007-08-23 00:19 | いろいろ | Comments(2)
IMPASSE 袋小路
e0082110_1363328.jpg

愛する


   ただ愛するということは

     
         なんという袋小路だろう


              彼らを永遠ならしめることが問題なのだ


                               「夜間飛行」より サン・デグジュぺリ



写真集の校正に朝方まで作業をしていました。
今夜は早くねむれそうです。ねむります。zzz

「メールに忙しさがあらわれてるよ。大丈夫?」

友達からのメール。話が噛み合わないらしい。けど、これって、いつものことかも。笑
メールはちゃんと愛をこめて返信していますよ。

この先、袋小路でも、また、引き返せばいいのだ。
by cocobear-riko | 2007-08-22 01:47 | 3e | Comments(0)
「母音」の詩 
e0082110_2201913.jpg





























お暑うございます。
遅ればせながら、ですが、終戦記念日の朝刊に興味深いコラムが載っていました。

涼しさを呼ぶ風鈴の音色は、静寂あればこそ。

だと。確かにそう。
銀座の喧騒の中でたまに遭遇する風鈴売りの風鈴の音色にも、心清められますけどね。
聞き取りにくい玉音放送が、国民ひとりひとりの心に染みた頃とは、随分と趣きが変わっているでしょうが・・

アルチュール・ランボーは、「母音」の詩の中で、母音の色を発見した、と書いています。

A・・黒

E・・白

I・・赤

U・・緑

O・・青

ricoなら、赤+青、ね。おお♪トリコロール

水分補給をお忘れなく!

ps
フランスの国旗は、青=自由(矢車草)、白=平等(マーガレット)、赤=友愛(ヒナゲシ)、を意味します。
素朴なんだな。
by cocobear-riko | 2007-08-16 22:11 | 1er arrt | Comments(4)
ペルセウス流星群

e0082110_2026100.jpg
見れました?
目が慣れてくると東京上空にもたくさんの星が・・

だけど、そのほうがいいよ。
きみは、ぼくの星のうちの
どれか一つだと思ってながめるからね。
すると、きみは、どの星も、眺めるのが好きになるよ。
星がみんなきみの友だちになるわけさ。


                   ~ 「星の王子さま」より ~

国立天文台
by cocobear-riko | 2007-08-13 01:59 | いろいろ | Comments(2)
美味しいところ
e0082110_0453824.jpg毎年、美味しいパン屋さんに選ばれているのですね。
 
店員さんの真面目で清潔な雰囲気に好感が持てます。

写真集の骨組みをつくるのに今週は何日か徹夜をしました。

6つの項目に写真をふりわけ、キャプションを考え、いや、考えだしたものにはあえてキャプションをつけませんでした。
  
その中には写真が物語っているものもあるし逆に語りかけたくなる一枚もあり。なかなか面白い作業でした。作業です。(まだ終わっていない;これからが本番)

本の出版は子供の出産とよく似ています。今夜は出産を終えてほっとしている気分です。しかし、初産ですから。きっと、思い描く通りには行かないと思いつつ・・ でも、そこが人生の醍醐味。面白いじゃぁありませんか。

全体ちょっとアンニュイな感じに仕上がるかも。。

流行のそれとも違うかも。。

説明も少ないかも。。
by cocobear-riko | 2007-08-12 01:04 | 4e | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b