<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Juin Mariee ジュアン マリエ 6月の花嫁
e0082110_1257193.jpg

そっか、今日で、6月も最後でしたね。仕事上、年末を追っているので、夏は自分の中で終わっていました;子供が小さい時は「夏休み」の計画に入っていた時期ですが、その子供たちも早、女子高生と大学生。巣立ってくれました。フランスでもジューンブライドは人気があるのでしょうか。
ル・ボン・マルシェ近くを歩いていて、アジアンチック(ちょっと流行なのかな?)なデコレーションを目にしました。ヴァカンス前に結婚式をあげてそのままハネムーンへ。季節もよいし。大いに結構。甘いヴァカンス。必要です。

Bonne Vie♪
by cocobear-riko | 2007-06-30 13:03 | 7e | Comments(2)
Téléphone portable
e0082110_1840626.jpg

写真はタクシーの中からですが、どうしたんでしょ・・
ほとんどのドライバーがワイアレス携帯でお喋り運転をしていましたよ。。
お釣りも言わないと知らん振りさんもいたし(チップは別にして)。。
東京のメトロも、携帯、化粧、飲食(呑み屋のごとく)、音もれ、日常茶飯事だし。
吊革にぶら下って体操ごっこをし出す子供たちも(これは昔から)。親はきまって遠くに座っているの。
人類はいったいどうしちゃったんでしょ・・ 絶対ヘン・・
お陰で携帯無くすし・・(ド・ゴール空港で)←まだ言ってるし(笑

ps
これで夜の10時☆明るいです。
にしても、パリってこんなにタクシーがつかまらない街でしたっけ・・?
いつもはメトロだけど、今回は母と一緒でしたので。タクシーに乗るのが少し憂鬱でした。。
大好きなパリだけど、そうじゃないところも、ことも、あります、当然。
by cocobear-riko | 2007-06-29 19:14 | Paris | Comments(0)
VERTIGO
その前に、昨日の日記で、区を間違って書いてました。ジョルジュ・サンク通りは8区。旅行者はこれだから┐('д')┌

めまい

ヒッチコックの映画にもありました。VERTIGOは高所から下を見た時の「めまい」のこと。高所恐怖症をテーマにした心理サスペンスでした。一度みたことがありますが内容はきっぱり忘れてしまいました。でも、ポスターは覚えているという(家にあるから 笑)広告ポスターの力は凄いなぁと、ちらっと入ったパリの広告美術館でも思った次第です。お決まりの"金髪"美女Kim Novak(キム・ノヴァク)を妖艶に撮るヒッチコック監督の姿がスクリーンを通して感じられ、ん~♭と思った映画でもあります。

話がそれてしまいましたが、パリでは毎日、まさに「めまい」を起こしそうな街角アート(工事現場をカバー)の横を通って出かけていました。ジョルジュ・サンクは、このすぐ先。シャンゼリゼからも見えるので(ヴィトン本店とカフェ・フーケッツの間)、撮影スポットになっていました。
e0082110_11274048.jpg

サインを見つけました。Pierre Delavieというアーティストの作品のようです。日本でもアートな工事現場をよく見かけるようになりましたが、ここまでインパクトがあるとベールを脱いだ後のことも気になってしまいます。
e0082110_1128141.jpg

by cocobear-riko | 2007-06-28 12:15 | 8e | Comments(4)
George V ジョージ・ブイ
ではありません。ジョルジュ・サンクが正解^^
雑誌の編集者との往復書簡(みたいな)で、そう言ってフランス人に笑われたお友達がいるという話を読んでうけていたところですが。微笑ましい話です。
宿泊はパリ8区のジョルジュ・サンク通りにあるジョルジュ・サンクでした。
シャンゼリゼ大通りのあのルイ・ヴィトン本店から入ってすぐの立地のいぃオテルです。フォーシーズンズホテルが母体なだけあってフラワーディスプレイが素晴らしかった。フルーリスト、クリスチャン・トルチュ(流)の世界に、毎日、魅せられました。。
e0082110_10555332.jpg

部屋はゲーリー・クーパーもご宿泊したらしいフォトスタンドがベッドサイドのチェストの上に飾ってありました。マットが雲のようで、形状記憶というのでしょうか、体を包み込んでくれるというのはこういうことを言うのでは・・ な心地よさで、毎夜、緩やかに滑るように夢の中へ・・連れて帰りたかった。笑
e0082110_1056628.jpg

とにかく働いている人たちがみなさん素敵で・・ 確かに高級ホテルではありましたが、ありがちな緊張感を抱くこともなく、気分良く過ごすことができました。

「あなたはパリジェンヌ(まあまあ 笑)ですものね。今朝もフランス語のメニューをお持ちしましょう」と、毎朝、素敵な笑顔をみせてくれたレストランのムッシュ。

「彼女はなんて歌が上手なの。素敵」と、母の鼻歌(なぜか「ムーン・リヴァー」)に作業の手を休め聴き入っていた若くて可愛いメイドさん。

「ぼ、ぼ、僕でよいのですか?」一緒に写真に入っていただけますか、と尋ねると、驚きながらも快く承諾してくれ、ハニカミ王子顔負け(笑)な爽やかな笑顔を見せてくれたドアボーイ(写真集に登場するかも)。
e0082110_10562291.jpg

誇りを持って働く。
素晴らしいことです。
そして、その姿は、人々を、静かに、穏やかに、感動させます。
by cocobear-riko | 2007-06-27 12:29 | クマたちがいる風景 | Comments(0)
機上にて
ジヴェルニーが続いたのでちょっと空へ・・
離陸する前にウェルカムドリンクで乾杯☆この後、赤ワイン+白ワインも頂いた私は少し酔ってしまったのでした;
e0082110_23124756.jpg

大好きな浅野忠信さんがフォアグラ好きになったキッカケとなったエールフランスのフォアグラ。これを食べるのが夢でした。想像以上に美味♪サラダにかかっているドレッシングといい♪
e0082110_2313293.jpg

オリヴィエ・プシエ氏(ソムリエ)セレクトのワインも美味しく。ほろ酔い気分でみた映画では
ジョン・トラボルタ主演のコメディで大笑い、キャメロン・ディアス主演のラブロマンスにほろり。
e0082110_0383341.jpg

機上だということを忘れてしまいそう・・
by cocobear-riko | 2007-06-26 23:44 | トランクはパリに預け・・ | Comments(2)
Giverny 5 - モネの家 -
港町ル・アーブルに生まれたモネは、アルジャントゥイユ→ヴェトイユ→ポワシー→そして、1889年からジヴェルニーに転居。永住します。写真はモネの家のお勝手口。右の路地を下ると表玄関です。モネが出てきそう・・
e0082110_10194231.jpg

破産したエルネスト・オシュデー(パトロン 妻はモネの愛人)一家も移り住み、モネの家は12人家族に。想像通り、何かと噂の絶えない日常だったようです。
「睡蓮から毒が出て川が汚染されるのでは!」
とまで言われていたようですから、今ならワイドショー沙汰になったことでしょう。
e0082110_10195768.jpg

モネの人生を想うと、私は、一人静かに「睡蓮」を見ていても、なんだろう・・
気もそぞろで癒しとは違う感覚を持ってしまうことがあります。そのことを吉岡さんに聞いていただくと・・
「そうですか、僕は、睡蓮の絵に囲まれてずっとそこに座っていると、心が休まりますけどね。
モネは、晩年は、精神世界の中で、睡蓮を描いていたと思われます」
e0082110_10201824.jpg

消えゆく光の中で、全身全霊でキャンヴァスに「その一瞬」を止めて(描いて)いったモネ。時間を止めるが如く・・
モネの絵に癒される時がいつか私にも来るでしょうか。
by cocobear-riko | 2007-06-25 11:16 | トランクはパリに預け・・ | Comments(5)
Giverny 5 -草花-
e0082110_2321771.jpg

6月24日は、洗礼者聖ヨハネの祝日。ヨーロッパでは最も重要な日なのだとか。
ケルト=ゲルマンの原始宗教において、この日の前夜に、魔女・妖精・死霊などの超自然が異界からいっせいに地上に姿を表し、肉眼でも見ることができると信じられてきたそう。草花が特別の魔力を持つとされることから、人々は草花を摘んだり抜いたりして、その力にすがりました。ムラサキベンケイソウ、クマツヅラ、ニガヨモギ、モウズイカは、聖ヨハネの草花と呼ばれています。火事や雷から家を守ったり病気や災難から人を保護してくれるそうです。農事歴では、
「聖ヨハネの日に雨が降ると、聖ペトロの日は晴れる」
「もし聖ヨハネの日に大雨が降らずに借りをつくると、聖ペテロがそれを払うようになる」
とセットで語られるようですが、聖ペテロの日は6月29日、今年はどうなりますか。
                                    (鹿島茂「フランス歳時記」参考)
でも、こういうお天気に関する諺も、地球温暖化で、少しずつ変化してくるかもしれませんね。 

ジヴェルニーの庭には妖精が住んでいると思いました・・

六本木は熊?盛り♪
by cocobear-riko | 2007-06-23 23:49 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
Giverny 4 -水-
じ~っと見ていると、いろんな表情を見せてくれる漢字ですね、水って・・
今日は、来年の干支教室のサンプル(もう、ですよ。笑)を作りつつ、渡仏写真の整理整頓中。ひさしぶりの友にメールを返送したり、パリで会った友にサンジャルマン・デ・プレで撮った写真を送信したり。そして、これまたひさしぶりに覗いた真由ちゃんのダイアリー(アフリカのマリ共和国に行ったのね)を読んで、読んだだけで体温が上がり、今日の雨とジヴェルニーのフォトへ飛び込んだ私です。笑 彼女にはいつも励まされます。ピカソは「千の太陽」を持っていたと言われているけど、真由ちゃんはなんだろ・・
e0082110_14105864.jpg

「ジヴェルニー滞在中はモネの家の2階に泊まらせてもらっていたのですよ」
と吉岡さんの講演会でお目にかかった庭師さん。きっとモネ(一家)は大歓迎してくれたはず。
e0082110_14114319.jpg


そして人は水辺に集う・・
by cocobear-riko | 2007-06-22 14:15 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
Giverny 3
e0082110_21505590.jpg

e0082110_22385785.jpg

君の目の高さで・・
by cocobear-riko | 2007-06-20 21:51 | トランクはパリに預け・・ | Comments(0)
Giverny 2
e0082110_15292554.jpg

モネが愛した家、たくさんの愛を植えた庭、今年も花となって、私達を迎えてくれました。

「いったい何種類の花がどれだけ咲いているの」

「そんなの聞くのは気にするのは日本人だけだよ(笑)」

c'est beau...
by cocobear-riko | 2007-06-18 15:38 | トランクはパリに預け・・ | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b