カテゴリ:3e( 17 )
【パリの街角動物】調査の覚え書き@2016夏
e0082110_1185516.jpg

Musée d'art et d'histoire du judaïsme
ユダヤ歴史美術館

パリでは、狩猟美術館など、小さくとも趣味の合うミュージアムに出合うと心が躍る。ジュダイズムには、このグルフォンの紋章狙いで来館。開館時間に間に合わずに門の隙間からの撮影だったけど、盾のデザインがクッキーの型にしたいくらい可愛かった。♡



e0082110_120752.jpg

グリフォンは、勇気と知識、王家を象徴。1650年にダヴォー伯のために建てられた館のファサードで威厳を漂わせていた。別名サン=テニャン館(コルベールの女婿。ルイ14世の3人の孫の家庭教師)。



e0082110_122179.jpg

今回は、SDカードの不具合で画像がランダムに表示された為、追跡調査にかなり時間がかかってしまった。。

このジュダイズムのグリフォンは、前の資料から見つけた一枚だけど、つい寄り道をしてしまい、調査に時間がかかってしまう。。グーグルマップでもまた新しい動物をたくさん見つけてしまった。。

103(1 226か所)
4(99種類)
300(3 587体)
※()はこれまで(9年間)の集計。

鳥とライオンの数の一位ニ位は揺るぎない。16区も断トツの多さ。ウロボロスはお初の出合い。エンジェルかケルビム(頭部に羽が生えてる)か迷うものがあるけど、今回から、可愛らしいエンジェルはケルビムにカウントすることにした。

地味な作業だけど、肩が凝るけど、コツコツやるしかない。。

続く・・♡



by cocobear-riko | 2016-09-09 01:41 | 3e | Comments(0)
マレのクピド♪
e0082110_9425576.jpg

皆さん、ご存知でした? Sonny Angel mini figure

このコは"さかなくん"みたいですけどねw。知らなかったのは私だけなのかな? 随分前から世に出ているではないですか~! なんだかナイツの土屋さんにツッコミ入れられそうですがw。私はこのパリで初めて知りました! てっきり キューピーとばかり思っていたのですが、どことなくアントワーヌ・カロン作「アモールの葬列」に描かれているクピド(アモール)を想像し、「クピドちゃん」と呼んでいたのです。でも、天使を思い浮かべたというのは間違いではなかったようですねw。よく見たら、キューピーにはないものがちゃんとついていますものね。羽とおチ・・(略w)



e0082110_9424490.jpg

パリ3区、流行発信地のマレ地区のセレクトショップのショーウインドウに飾ってあったのですが、このディスプレイ感覚はさすがです!!



e0082110_954384.jpg

e0082110_943536.jpg

e0082110_9472146.jpg

今、パソコンのデスクトップ画像です^^
by cocobear-riko | 2012-11-15 23:27 | 3e | Comments(2)
Quels jolis choux♪
e0082110_2185847.jpg

                                            ※撮影許可は得ています

北マレにあるシュークリーム専門店ポペリーニでデセールの調達。
全て箱入り(ただし中身は自由に選べる)ということで6個入りを注文。が・・

種類が多くて迷う~

私はスタンダードなお味とマドモアゼルお薦めのピスターシュをシュワズィ



e0082110_2192743.jpg

e0082110_2191495.jpg

屋号は1540年にシュークリームを発明したイタリアのパティシエに由来とか。
女性ばかりのパティスリーで、清潔感があってとても感じがよかった

斜向かいの30番地には、ビオ食材、キャロットケーキが人気のRose Bakery
持ち帰ってアパルトマンで食べようと2回も行ったのに、2回ともフラれてしまった。。
次回に期待!

Popelini
29 rue Debeylleme



e0082110_2201893.jpg

Quels jolis choux♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-10-01 17:52 | 3e | Comments(0)
cabas de MERCI アリガトウの中身
新宿伊勢丹で開催中の「サンク展」も折り返しです
BEAR!BEAR!BEAR!にお立ち寄り下さり
心温まるメッセージの数々・・

MERCI

「ありがとう」繋がりで
今宵は、パリの人気のセレクトショップ"メルシー"の買い物袋に
書かれてあるフランス語を訳してみました


e0082110_048576.jpg



e0082110_0242051.jpgCE SAC PEUT CONTENIR このバッグに入るもの・・

votre bol あなたのボウル
vos interrupteurs あなたのスイッチ
votre sonnette velo あなたの自転車のベル
votre bougie あなたの蝋燭
VOTRE SOUTIEN あなたのサポート
vos disques あなたのディスク
vos desirs あなたの欲求
vos assiettes en bagasse あなたのプラスティックの皿
vos animants あなたの元気
VOTRE COEUR あなたの心
votre cabas あなたの買い物袋
vos boutons あなたのボタン
vos torchons あなたの布巾
vos livres あなたの本

vos pinces a toast あなたのパンはさみ(いわゆるトンク?)
votre eye-line あなたのアイライナー
VOTRE ATTENTION あなたの親切
vos elastiques あなたのゴムバンド
vos brosses a chaussures あなたのシューズブラシ
votre affection あなたの愛情
VOS IDEES あなたのアイデア
vos petites cuilleres あなたの小さなスプーン
vos barrettes あなたの髪留め
votre ricil あなたのマスカラ(?)
votre chapeau あなたの帽子
votre brosse a dents あなたの歯ブラシ
vos bas あなたのガーターストッキング
vos ballerines あなたのバレリーナシューズ
vos boites a cirage あなたのワックスの箱
VOTRE AIDE あなたの助け
votre verre a expresso あなたのエスプレッソカップ
vos coupons de tissus あなたの布の端切れ
VOTRE CONFIANCE あなたの信頼
vos goupillons あなたのスプリンクラー
votre bague あなたのリング
vos ampoulesあなたの球
votre lampe baladeuse あなたの携帯用ランプ
vos lunettes de soleil あなたのサングラス
votre metre あなたの計り
VOS ESPOIRS あなたの希望
votre pinceau あなたのブラシ
votre eau de toilette あなたのオードトワレ
※最初"トイレの水"とか書いておりました(笑)
votre cravate あなたのネクタイ
vos rubans あなたのリボン
votre crayon de charpentier あなたの大工の鉛筆
votre tablier あなたのエプロン
VOTRE AMOUR あなたの愛
vos douilles en porcelaine あなたの磁器のソケット
votre conscience あなたの良心
votre casquette あなたのキャップ
votre stylo a plume あなたの羽ペン
votre collier あなたのネックレス
votre thermos あなたの魔法瓶
vos fils electriques torsades あなたの電気コード
votre montre あなたの腕時計
votre cadeau あなたの贈り物
VOTRE AMITIE... あなたの友情

Merci. ありがとう

Merci a tous..
by cocobear-riko | 2011-05-24 01:08 | 3e | Comments(4)
Eglise Saint-Gervais-Saint-Protais
e0082110_235382.jpg

金色の鳩のオブジェを撮影した後、雰囲気のある路地の左奥に、ゴシック様式の教会を
見つけました。その教会は、前から行ってみたかった、クープランが演奏したパリ最古の
オルガンが残っているサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会(1657年〜)でした



e0082110_245048.jpg

e0082110_242471.jpg

午前中ということもありましたが教会内、明るいなぁと思いました。ステンドガラスも印象的

4世紀、古代ローマ時代のネロ治世下、ミラノで殉教した聖ジェルヴェと聖プロテが教会の
名の由来

このパイプオルガンはパリ最古(1601年とされている)のもので、1656年から1826年まで
クープラン一族の8人がオルガニスト奏者を務めたそう

パイプオルガンというと近寄りがたいイメージがあるのですが、クープランのパイプオルガン
は温かみがありますね。最近では、原子炉の模型がまるでパイプオルガンのようだなぁと
思って見ていました。下世話な話、パイプオルガンは三千万円〜、原子炉は三千億円〜
背筋が寒くなります。。

クープラン一家(wikiより一部引用)
17世紀から19世紀初頭までの200年間もの間、フランス音楽史、とりわけバロック音楽の
時代に最も影響力のあった楽師の一族。出身はパリ東部のショーム・ザン・ブリ(現在のセー
ヌ=エ=マルヌ県)。1653年の復活祭当日にルイ・クープランがその地位を得てから174年
に渡って、クープラン家の出身者が、パリ郊外のサン=ジェルヴェ教会のオルガニスト務めた

中でも一番有名なのはフランソワ。太陽王ルイ14世に見いだされ、「親指を使う」運指法を
フランスで初めて提案した音楽家らしい。昔は親指を使わなかったんですねぇ知らなかった



e0082110_251643.jpg

e0082110_252732.jpg

クープランのオルガンを聴くことはできませんでしたが、マダム達の祈りが、地震から一週間
後にパリ入りした私の心と体を優しく包み込んでくれました・・

この日はちょうど祈りの日だったよう

私も暫し祈りを捧げました・・



e0082110_25493.jpg



e0082110_2275323.jpg裏手には修道院が経営しているモナスティカと呼ばれる
売店もありました。珍しいですね

私は迷える子羊ちゃんを2つ購入(ひとつは未年の母へ)

「顔がみんな違うんですよ。マダム、選ばれますか?」

「もう選びました^^」(そこはプロですから笑)

陽気で可愛らしいマドモアゼル(ではないけど)
修道服姿のシスターが対応してくれました

今はBokuさんが作って下さった眞利子天使に優しく寄り
添ってくれています





e0082110_27560.jpg

私は裏のバルス通りから教会に入りましたが表はサン・ジェルヴェ広場に面しています
そう言えば表から撮影していなかったかも〜と別の日の夜に撮影

ファサードはパリ初の古典様式、下からドーリア様式、イオニア様式、コリント様式の三段式!
なんて調和の取れた建物でしょう。。真ん中の段に聖ジェルヴェと聖プロテの像が設置されて
いますが、暗くて見えませんね><

今宵はサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会のパイプオルガンの音源を♪と思ったのですが
探してもヒットしなかったの、代わりに、ラヴェルの「クープランの墓」を
追記:パイプオルガンの映像を追加しました

ラヴェルはフランスへの愛国心が強く、フランソワ・クープランを尊敬していました。この曲は
フランソワ・クープランのみならず、第一次世界大戦で戦死した知人たちに捧げられました

仏題は「Le Tombeau de Couperin」
Tombeau deは"故人を偲んで"という意味








by cocobear-riko | 2011-04-23 03:54 | 3e | Comments(0)
merci
遅ればせながらパリのmerciを少し
きっと今はまったく違う店内だと思いますが、日本製の麻紐があったのが嬉しかったな
※merciのHP、シンプルでよいです



e0082110_4163595.jpg
e0082110_417233.jpg



e0082110_4172212.jpg





e0082110_4182829.jpg
e0082110_430011.jpg




e0082110_419217.jpg




e0082110_4241847.jpg


e0082110_4283284.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-17 04:36 | 3e | Comments(0)
マレで出合ったシロクマシュマロマン^^♪
e0082110_17582770.jpg

Combien de ours blancs sont là?^^
by cocobear-riko | 2010-11-05 18:03 | 3e | Comments(0)
merci♪
月曜日に無事帰国しました
今回も一期一会満載な感謝感謝ないい旅でした
ルクセンブルグとメッス(フランス)はたぶんもう行く事はないでしょうから
貴重な体験となりました
いや、一期一会でいうと、全てが貴重な思い出ばかり・・
昨日も一日がかりでフランス人の友達に、日本人の宗教観と一期一会
についてメールしていたところ
返信の一行に努力が報われたような気がしつつ、週末の試験勉強は捗らず
でも焦りもない(苦笑

いつものように旅を遡る感じて・・

帰国日、マレで偶然に通りかかった(道を間違ったが正解、笑)セレクトショップMerci
流行は自分で決めるもの、そんな意思の強さと自由さを感じる
噂通りの素敵なお店でした
そして、何よりも店員さんの感じがよい♪店は人なり、なのだ


e0082110_16432571.jpg

e0082110_16434918.jpg

e0082110_1644681.jpg

e0082110_16442054.jpg

ビオタマゴのゆで卵が美味しかったな
バゲットはエシレバターで
ワインはもちろん赤
お水にはミントの葉
静かにユーズドブックに耽る

「ずっとここにいたい・・」 ほろりつぶやく・・
by cocobear-riko | 2010-11-05 16:59 | 3e | Comments(2)
C'est
sympa♪

e0082110_55265.jpg

by cocobear-riko | 2010-07-05 01:16 | 3e | Comments(0)
Jean Le Rond d'Alembert(ジャン・ル・ロン・ダランベール)
久しぶりにスタルク(パリの歴史板)のお時間です^^

が、どこに建っていたか、定かでないのです。。窓ガラスにうっすらとパリ友がうつっているので(あは)、狩猟博物館の近くだと思われますが。。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださいね

ジャン・ル・ロン・ダランベール(1717~1783)、日本でも小学生向きの伝記本が出てもよいのでは、と思いました(いつものように自己流な訳、脱線多しです)

e0082110_0533153.jpg

1717年、11月16日、伯爵夫人である彼の母親は(父親は、騎士デトーシュ)、ジャン・ル・ロン教会前の石段に、未来の数学者・哲学者、ジャン・ル・ロン・ダランベールを捨てました(ダランベールの名前は、教会の名前に由来。教会は現存しません)。彼は、ここに住んでいたマダム・ルソー、ガラス職人の夫婦に引き取られました。マダムとの結びつきは強く、48歳まで、この乳母の家で暮らします。父親が残してくれた財産のお陰で、後に、ダランベールは、バカロレアに合格、法律や医学で身を立てようとしますが、数学に全てを捧げます。彼の最初の仕事は、科学アカデミーに評価され、24歳の時に、助会員に選ばれます。1745年、ディドロと一緒に、「百科全書」の編集をはじめ、1751年、長大な「序論」で名声を博します。タンベールは、数学者・哲学者として広くその名を知られ、とりわけ、マダムGeoffrinに気に入られ、社交界でも人脈を広げます。1764年、ジュリー・デ・レスピナス(生涯で愛した唯一の女性と言われている。15歳年下。2度の浮気でダランベールを悲しませる)の家に移り住みます。1754年、アカデミー・フランセーズの会員になり、1783年10月29日、突然亡くなるまでに、アカデミー・フランセーズの終身幹事という最高の栄誉職に就きました。



e0082110_10846.jpgこちら、モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール作(ポンパドール夫人の肖像画で有名)のダランベール氏の肖像画です

可哀想な過去を持ちながらも、なんて上品で豊かなお顔立ちをなさっているのでしょう

産みの親より育ての親、ということだったのでしょうか

何が彼を動かしたのでしょう

数字(美)の魔力か

15歳年下の彼女の存在か・・




+++++

その他、スタルク風景を一挙ご紹介(一部です。訳はまたいつか^^;
私の管轄(笑)ですと、上から二番目、ご覧ください(9区)。建物の帯の部分に、狩猟をイメージしたレリーフが彫られています(犬、鹿、イノシシなど)。かなり細かく、しかも、迫力もあり、私はこの周りを、上を見上げながらぐるぐるぐるぐる廻ってしまいました。そうすると、パリの人達も、「こんなところにこんなのがあったんだ」と、暫し立ち止まって見て行かれるのでした。

e0082110_19243.jpg

e0082110_192412.jpg

e0082110_194083.jpg

e0082110_1100100.jpg

e0082110_1383865.jpg

e0082110_1101380.jpg

e0082110_143081.jpg

e0082110_1412478.jpg

by cocobear-riko | 2010-02-09 00:53 | 3e | Comments(4)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31