カテゴリ:20e( 10 )
rue Dénoyez
e0082110_18463768.jpg

只今、ちょこっと年末の仕事に取り掛かりつつ、パリの動物たちをどう調理するか・・考えているところです。。未公開写真が山のようにありますが、ツイッターやフェイスブックで小出しにしつつ、その反応をみてきました。

その中で、rue Dénoyezの写真に、ちょっと違いのわかる方々からの「イイネ!」が多かったことに気が付きました。。ブログではパリからのレポートの中で少し触れただけでしたが、少しだけ写真とコメントを追加しておきます。

パリ20区、デノワイエズ通りは、中国系、ブラックアフリカ系、アラブ系、近年ではアーティストが多くアトリエを構えているBellevilleの一角にあります。通りの名前は、1830年代、この通りにあった居酒屋に由来。2000年あたりから写真のようなグラフィティ(落書き)通りになっていった模様。

特記すべきは、車止めのポールに植木鉢を勝手に?刺してデコレーションしていること!日本では考えられません!!ww


e0082110_19105996.jpg


e0082110_19112466.jpg


e0082110_19163468.jpg


e0082110_19165248.jpg


e0082110_191744.jpg


e0082110_19172462.jpg


e0082110_19223516.jpg


通りのスタルク歴史板「la goutte de lait de belleville」によると、1892年、牛乳の低温殺菌の発明により乳児死亡率の低下に貢献した医師Gaston Variotが、この地にベルヴィル診療所を設立した、とありました。疲れた体を、かってこの通りにあったバー・デノワイエズで癒していたかも、しれません。。

描いては消され、消して描いて、描いてというよりもデノワイエズ通りの落書きは「盛る」感じ。。その変貌を定期的に撮っておきたい衝動にかられる通りです。
by cocobear-riko | 2014-06-09 19:32 | 20e | Comments(0)
Pique-nique au parc des Buttes-Chaumont
e0082110_514304.jpg

帰国日、たっぷり時間があったので、ホテル近くのセバスチャン・ゴダールとメゾン・ランドゥメンヌでいろいろ買い込んでビュット・ショーモンでピクニック♫

これって病みつきになりそう・・



e0082110_582470.jpg

e0082110_5114324.jpg

e0082110_51215100.jpg

e0082110_5325832.jpg

e0082110_5132965.jpg

e0082110_5134994.jpg

e0082110_5141038.jpg

e0082110_5125153.jpg

起伏に富んだビュット・ショーモン公園には、体を鍛えることが好きなパリジャンパリジェンヌがたくさん、綱引きグループまで(´艸`)
by cocobear-riko | 2014-04-30 10:06 | 20e | Comments(3)
impasse Poule
e0082110_23425530.jpg

impasse Poule

めんどりの袋小路

引き続きお洒落なパリは登場しないブログですが(苦笑)お許しを

今回のパリで、動物の名前のついた53の通りの撮影が終りました
impasse Pouleを撮る時は感慨深いものが・・


e0082110_2352280.jpg

が、そんなオセンチな気持ちを吹き飛ばしてくれたのは、"白い人"の落書きで有名な
メスナジェの落書き。53の通りの中で有名なグラフィティを見たのは初めてでしたので
私は大興奮(きっと私くらいだと思われる笑)

「めんどり待て~」の図


e0082110_144765.jpg

e0082110_2353398.jpg

パリのグラフィティの作品にはメッセージが込められていることが多いのですが
何やら書いてあります

途中ちょっと読みとれないところがあるのですが・・

Un intellectuel assis va moins loin(かな) qu’un con qui marche

座っているインテリは歩いている馬鹿より遠くに行かない

con(馬鹿)については前にコチラで語っていますが

言葉よりも先に、このメスナジェの"白い人"を見ると、心が躍り、「とにかく行こう!」
という気持ちになる♪
パリの落書きたちはパリの街角でたくさんの人々に元気を与えてくれています
(そうでない落書きもありますし、落書きは違法だったりするわけですが。。)

が、ここは、袋小路、、"白い人"はめんどりを捕まえることができるでしょうか。。

通り沿いの家々の壁も実にユニーク♪


e0082110_1443413.jpg

e0082110_23523499.jpg

e0082110_23524898.jpg

by cocobear-riko | 2010-12-10 01:35 | 20e | Comments(0)
pochoir(ポシュワール)
e0082110_22594339.jpg

ポシュワール、英語ではステンシル、フランス伝統の「型抜き」と言われる手法です。前にもココでご紹介しましたが(連載でも)、パリを歩いていると、さまざまな落書きに出くわします。落書きと言っても、その行為は、一種のオートマシスム(自動現象)、一種のアートと位置づけられています。

もちろん、基本的に、落書きは、フランスでも、法律で禁止されていますし、社会問題になっている現状も否めませんが(メトロの落書き除去には多大の税金が使われている模様)。

帽子のポシュワールは、6区、モンパルナス・ビアンブニュの動く歩道にて。
高速の動く歩道はまたもやメンテナンス中・・



e0082110_2353262.jpg帽子繋がりで^^
この秋も、20区にアトリエを構えるエステルのお店に行きました。

彼女の帽子は私を帽子好きにしてくれました。

「次回は来春ね♪」

お店を後に、Rue de Menilmontent を歩いていると、


Nemo(ネモ)発見↓


e0082110_238640.jpg

ネモは写真集が出版される程の有名人ですが、アメリカのアニメーター、ウインザー・マッケイ(アニメーションの創始者)作の"Little Nemo"が名前の由来とか。

動きとストーリー性を感じる、楽しくてどこかミステリアスな落書きです。


ps.
オマケ
週末は、大阪ウナ・カーザで、干支の「トラ吉教室」ですが、マレ4区のRue des Rosiers で、トラに遭遇!ファラフェル屋さんの近くです。といっても、今もまだ存在しているかどうかわからないのが、落書きの宿命・・
※このロボット?も、パリのあちこちで見かけます。Speedy graphito作

e0082110_073087.jpg

明日も落書きの話です。~
by cocobear-riko | 2009-12-18 23:44 | 20e | Comments(0)
日本通り
e0082110_1554159.jpg

今日、「マリコロン展」で展示するパネルが仕上がってまいりました♪
パリの街角動物オブジェの写真ですが、内、通りプレートが2枚。
一枚は、もちろん、3区のクマ通り、もう一枚は、9区の魚売りの女通り
(にあるお寿司屋さんの壁にある通りプレート)。

本日のフォトは20区の日本通り。
といって縁のものは何も見当たりません。
ただ、ちょっと、嬉しかったりして。

10月イベントの詳細が決まりました。
DMは静かに作成中です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Mariko TSURUTA Exposition 2009~2010 in Tokyo & paris
「maricorons(マリコロン) &
Animaux Photos」


鶴田眞利子オリジナル"マカロン"ドール
        &パリの街角動物オブジェ写真の展示販売


・2009年10月10日(土)~10月23日(金)
 伊勢丹新宿店本館6階 BEAR!BEAR!BEAR!にて
 営業時間:10:00 ~ 20:00
 tel:03-5269-5744


・du jeudi 15 octobre 2009 au printemps 2010
 パリの職人通りパッサージュ・モリエールの
 靴屋さん Tamano Paris とコラボレーション
 営業時間:不定休にてご来店前にご確認ください
 157 rue Saint Martin 18 Passage Moliere 75003
 tel/fax:01 42 78 09 53
 ※Le jeudi 15 octobre 2009, de 18:00 à 20:00
  Vérnissages(ヴェル二サージュ/オープニングパーティー)


・2009年10月20日(火)~11月5日(木)
 Dear Bear 目黒店にて
 (目黒駅東口から目黒通りを白金に向かって約4分)
 営業時間:11:00 ~ 19:00
 tel:03-5789-7766
 ※10月31日(土)、「アニモーマカロン教室」を開講いたします。
by cocobear-riko | 2009-09-18 02:20 | 20e | Comments(3)
ビジュアライゼーション(映像化)
e0082110_2294019.jpg

自分が描いたものがアニメ化されたらいいなぁと思ったことがあったでしょうか。
パラパラ漫画が近い感覚がありますね。
自作のクマ、動物を映像化させたら、楽しいかもしれない。

写真はパリ20区。

とある5階建てのマンションの壁面をキャンバスに、昔のポンピエが
逃げ遅れたネコちゃんを助け出すシーンが描かれています(写真は4~5階部分)。
等身大で、迫力があります。
温かみもあり、無事に助けられたネコちゃんとポンピエが梯子をおりてくるシーンを、
野次馬たちの拍手も、聞こえてくるよう。

私がパリの街角動物オブジェに魅了され追っかけ(笑)をしているのは、
"豊かさ"と"共存"を感じるからです。
ちょっとしたことで人は豊かになれるのかもしれません。

こちら↓は数学のビジュアライゼーション、数学って美しい♪とはじめて思いました。



by cocobear-riko | 2009-08-22 22:54 | 20e | Comments(2)
Poissonnerie 海水魚
e0082110_22334597.jpg

昨日の続き、魚ネタです。
モザイクオブジェもパリの街中でよく見かけます。
洒落ていますし、わかり易くてよいですわ(目立つ☆)。

e0082110_2245022.jpg

こちら、私物の、ジャン=エミール・ラブルール「アンドロメダ」 1935年/エッチング
ギリシャの伝説を基に描かれていますが、人物よりもオブジェへの執着、グロテスク趣味、
オブジェの併置、集合による効果など、30年代のシュールレアリスムの手法が見られます。

e0082110_22454543.jpg

パリの魚たちも実に面白いのであります。
また機会がありましたら、ご紹介いたしましょうね。

e0082110_472180.jpg

by cocobear-riko | 2009-04-02 22:59 | 20e | Comments(0)
パリ20区一景
e0082110_23281328.jpg

e0082110_23283123.jpg

e0082110_23284274.jpg

3枚目は通りがかった骨董店にて。ここで私は古いTin缶を買いました。お店はご夫婦でなさっているようでしたが、とっても感じの良いお店でした。こうやって写真だけ見ても、店主のお人柄か、気さくで品のある骨董が多いように思います。時間があったらもっとゆっくり見ていたかった。。たぶん20区だったと思いますが。。今宵は記憶のあるうちに;ぽんぽんと記事を投稿してゆきます。

追記:20区でした! 2009/01/25
Entre Temps
12, place du Guignier 75020 Paris
by cocobear-riko | 2009-01-14 23:33 | 20e | Comments(0)
N°6・・・Rue aux Ours(ウルス通り)
e0082110_0581896.jpg

今日も<au travail!(美しき仕事人たち)>(タグ)で。

20区を歩いていると素敵な帽子屋さんを発見♪店舗兼アトリエかな??と思いつつ、「ボンジュール」、そろりそろり中に入ってみました。接客される様子なし。。普通ならここでお店を出て行くところ、やはり、ご縁のあるところは、魂が引き止められる、そういう感じなのですね。

「どうしようかな・・」と思っていると、マダム(Estelle Ramousse エステルさん)↑が、「私はこの帽子があなたには似合うと思うの」とある帽子をすすめきて下さいました。綺麗なブルー(アンゴラ)をした乗馬帽のような帽子です。私がいいなぁと思っていた帽子だったので、「私もいいなぁと思っていたところでした」と伝え、即、被ってみました。ピッタリです☆マダムは私の頭と帽子のサイズがピッタリなのが信じられないという感じ。帽子にも好かれているような気がしたので(笑)、購入し、そのまま被ったまま散歩を続けることにしました。そして、その驚きは、20区から坂を下って3区へ、雪だるまのように大きくなっていったのであります。

前にもお伝えしましたクマ通り近くのマレの靴屋さんTAMANOさんを久しぶりに訪ねました。彼女とはパリでコラボレーションをしましょう!という話になっているのですが。帽子姿の私を見たTAMANOさん、「あ、その帽子、20区ですよね。私はその赤がほしいと思っていて。実は私はこのマダムのアトリエの近くに住んでいて、マダムとは友達なんです。自分の靴の師匠(100歳~のムッシュ)もマダムのアトリエの裏手に住んでいます」、いきなりこんな会話。TAMANOさんとは実はこの日が初対面でしたが、すぐに意気投合したというわけです(それまでは人を介したやり取り、メールのみ)。帽子のお陰、動物たちのお陰です(動物の撮影をしていて出合ったお店でしたから)。

帰国してマダムの帽子屋さんのHPを拝見したら、パリコレでも評価の高いデザイナーさんであることがわかりました。TAMANOさんからもメールが届き、マダムが、「あの日はどこかの彗星から彼女(私)が降りてきたのかと思ったわ」とおっしゃっていたそう。マダムのあの驚きようは本物だったのだと確信したのでした。TAMANOさんによると、このことがキッカケで、マダムの帽子とご自分の靴のコラボレーションをすることになったのだとか。なんだかキューピットのようで嬉しいではありませんか。ご成功をお祈りしたいと思います。

そして、次は、私とTAMANOさんとのコラボレーション。実現できるかどうかはまだ未定ですが、bokuさんと「リコラボク展」を実現できた時と同じように、「一緒にやりましょう!」と、ふたつ返事でまず言って下さったことがとても気持ちがよく、何かいい予感を感じている私です。

e0082110_146241.jpg

マダムの大ファンになりました♪
笑顔も帽子もとってもチャーミング。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


e0082110_055737.jpg「JAPAN TEDDY BEAR vol.46」

N°6・・・Rue aux Ours(ウルス通り)

この号から担当ページが3ページになったのでした。有り難かったな・・




e0082110_0553312.jpgそうそう、"カンカンポアのクマ"というレストランはもうありませんでした。。名前が変わっていました。。パリは古いものも残っている半面、移し変わりも激しい。。

バックナンバーのお問い合わせご購入はコチラから
よろしくお願いいたします。
by cocobear-riko | 2008-12-08 02:06 | 20e | Comments(0)
20区
e0082110_15255852.jpg

20区
・Square de la SALAMANDRE(山椒魚)2008/10撮影済
※ちなみに山椒魚はフランソワ1世のお印。火トカゲ(伝説上の怪物。火の中に住み、火を消す力がある)の意。
Mais aussi des noms de personnes ayant un patronyme animalier
・Impasse POULE(雌鶏)
...Des noms de metier lies aux animaux
・Sentier des ECUYERS(優れた騎士)2008/10撮影済
...Des noms de lieux lies aux animaux
・Impasse et rue de la MARE(沼)2008/10撮影済
・Cour de la METAIRIE(小作地)2008/10撮影済
・Rue des MONTIBOEUFS(山牛?)2008/10撮影済

※只今、写真は、イメージ写真ということで、ご紹介しています。
by cocobear-riko | 2008-10-19 15:26 | 20e | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
最新情報!テディベア(くまモ..
at 2017-03-28 02:03
テディベア(くまモンバージョ..
at 2017-03-22 06:46
「くまモン大集合」@日本橋三..
at 2017-03-16 06:52
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧