カテゴリ:16e( 25 )
Paul Landowski
e0082110_0575383.jpg

年末の仕事をしつつ(はやっw)、パリの街角動物調査を楽しむ日々ですが、ここで、ワールドカップ絡みの話を・・

写真は、いまもっとも世界で注目されている彫刻のひとつかも(wikiより拝借)。

ブラジル・リオデジャネイロのコルコバードの丘にある「コルコバードのキリスト像」は、1931年、ブラジル独立100周年を記念して、1922年から1931年にかけて建設されました。設計を担当したのは、ポーランド系フランス人彫刻家のPaul Landowski。キリスト像は、クリスチャン人口が80%を超えるブラジルの象徴になっていきました。

ところかわって、フランス・パリにも、ランドウスキの作品があります。



e0082110_181352.jpg4区 トゥルネル橋の聖ジュヌヴィエーヴ像

1928年~1930年

聖ジュヌヴィエーヴはパリの守護神と言われています。




e0082110_2281332.jpg





























e0082110_18163628.jpg16区 porte de St-Cloudにある2つの円柱の噴水

les fontaines de la porte de Saint Cloud
1937年





e0082110_105841.jpg写真のように物語のひとコマが描かれている円柱もあり、それらを見るのに何周もさせられましたw。







e0082110_2525720.jpg私の名刺代わりのプレスリリースにも登場していますが・・

円柱の噴水には、アールデコ調のたくさんの動物が施されています。








伝統的なパリが除々に野外美術館になっていくのは19世紀後半から20世紀前半、その真っ只中につくられた彫像たち。これからも、堂々たる風格で、街の守護神、象徴として愛されていくことでしょう♡

でも「コルコバードのキリスト像」で一番に思い出すのは~

マイコーのミュージッククリップ~^m^



by cocobear-riko | 2014-06-14 01:23 | 16e | Comments(3)
boulevard Lannes..
e0082110_254256.jpg

お目当てのラクガキは既に消された後だった。
小学校の外壁、しかもここは16区、ラクガキは短命なり・・

気を取り直して16区の大通り沿いをてくてく♫
ドビュッシー、シューマン、音楽家の名のついた公園が続く・・



e0082110_303734.jpg


e0082110_31345.jpg


e0082110_312960.jpg







e0082110_35175.jpg

この可愛らしい家は、ミレーと親交のあった画家Georges Laugée のメゾンでした。この通りの67番にはあのピアフも住んでいたもよう(プレートを見逃し)。



e0082110_7545446.jpg

晴れ女の実力発揮~今回の滞在では一度も雨にあわなかった。気持ちよかったぁぁ
お目当てのものが見つからなくても、それはそれでいいのだ・・!
by cocobear-riko | 2014-06-11 12:46 | 16e | Comments(0)
ギメ美術館でクメールの微笑み
e0082110_340197.jpg

この日は朝からノルマンディに行く予定でしたが、急きょ変更、パリ友のkikiちゃんと
ランデヴ♪

ギメ美術館→Tokyo Eat@パレ・ドゥ・トーキョーでデジュネ→凱旋門の展望台→
→「なりたけ」でとんこつラーメン

ワクワクが盛り沢山の心躍る一日でした。

ギメ美術館では、現代書道家100人の「SHO(書)2」を見るはずでしたが、
「アンコールワット展」の石像たちにすっかり魅せられてしまいました。

ギメ美術館といえば・・
実はフランスで初めて訪れた美術館。そう、私の愛するルーヴルより前に、です。
大学では落第点を取っているのにw、なにかと東洋美術に縁があるのです。。

人生は、想定外のこと、多し・・

東洋美術の源流を探る貴重なコレクションを有する宗教博物館、ギメ。
リヨンの実業家(旅行者、美術の鑑定、収集家としても知られる)エミール・ギメの
コレクションがなんと約4万5千点も収蔵されています。
ちなみに、ルーヴルは、3万5千点が展示、所蔵は30万点以上!



e0082110_0192510.jpg

e0082110_351034.jpg

1860年、フランス人のアンリ・ムオーによって発見されたアンコールワット、
数年前のカンボジア旅行では、その偉大さに圧倒されるばかりで・・
見ている内に、その感動が蘇ってきました。。

アンコール・トムをつくったジャヤバルマン7世など、クメールの微笑みといわれる
石像のお顔(口角があがった)と体の表情の美しさに、なぜこんなに心惹かれるのだろう・・
と思いながら、お一人お一人、食い入るように見ました。

・・見ているだけでこちらまで口角があがってくるよう。。
口角アゲアゲ運動になるので携帯の待ち受けにしましたw



e0082110_552043.jpg

e0082110_0184175.jpg

お洋服も美しぃ・・



e0082110_3503075.jpg

これまた美しいガネーシャ坐像・・
ガネーシャは、ヒンズー教の神。

ちなみに私もテレビをみる時にこんな姿勢ですw
女子は股関節のストレッチにいいのよ~お試しあれ~



e0082110_0204712.jpg

なんだか細々かわいらしくて・・作品作りのヒントになるものが多々。
作品番号のプレートもいちいち素敵。。



e0082110_0283117.jpg

ギメの常設作品の中にマリコロンに似た土偶を発見!w
勝手に「小梅ちゃん」と命名w。

ギメは常設も素晴らしく、upしたい画像がまだたくさんありますので、随時追加
していきますね(処理にちょっと時間が・・)。

そうそう、この日は着物だったので、よく話しかけられ、記念写真も頼まれました。
ギメに社会科見学に来ていた小学生も、先生の「ほらご覧なさい。日本の伝統的な
着物ですよ」の呼びかけで視線の嵐w。お役に立ててよかった^^;
by cocobear-riko | 2013-11-11 01:01 | 16e | Comments(0)
Square Lamartine
今回の渡仏で出合ったパリの街角動物オブジェをまとめ上げ、これまたたくさんのフランスレポを書いているところですが、気になるニュースを目にし、ふと、一年ちょっと前に撮ったパリ16区の広場のことを思い出していました。ここにもupしていたと思っていたら、twitterにツイートを発見、face bookは記事が行方不明(やはりこのあたりでfbの限界を感じます)。

7日、フランス東部、スイスとの国境近くに位置するオート=サヴォワで震度3の地震が発生したようですね。検索したら、この地域はここ数年、地震が頻繁に起きているよう。セイスムの情報サイトもありました。地図を見たら、イタリアとスイスとスペインの国境付近に多発、タイムラインにはラ・ロシェルの地名も確認できます。ひゃ~、ラ・ロシェル、大好きなところなのに~

フランス人の誰に聞いても「フランスは絶対に地震はない!!」と言いはるのだけど、地球は動いているのだから、ゼロではないよね。。被害がないよう祈るばかりです。。

そして、写真は、パリ16区のランマルティーヌ広場にある硫黄泉。1957年につくられ、今でも使用可能です(2012年の撮影の時点では)。体にいいらしく、私が写真を撮っている間にも、ペットボトルをたくさん抱えたムッシュがやってきて、水(温かった)を汲んでいました。地震との因果関係、詳しいことはわかりませんが、ゼロではない?ですよね。。


e0082110_17541139.jpg

by cocobear-riko | 2013-04-08 17:58 | 16e | Comments(0)
Musee Galliera de la Mode de la Ville de Paris
e0082110_1515237.jpg

パリはパリコレ中でしょうか。

ところで、最近、思うことがあるのです。
行きたいところ、行くべきところには、自然と辿り着く、と。。

リュード作のトラを探していて辿りついたところは、前から入りたいと思っていた
パリ市立ガリエラ美術館でした。モードとコスチュームの博物館ですが、現在改装中
とのことで中に入ることはできません(リニューアルオープンは2013年秋)。



e0082110_1514134.jpg

公園としても解放しているので、この時でたぶん19時をまわっていたと思われますが
夜のピクニックを楽しむパリジャンが数名いました。
そして、ここの彫刻たちが思いのほか素晴らしかったので、美術館がリニューアル
オープンした際には必ず行こうと決めました。

建物の印象的なファサードは、ガーナの彫刻家El Anatsuiエル・アナツイ作(1944年)
女性像が立つ "la Fontaine d'Avril (1906)" はPierre Roche作。
ピエール・ロシュも薬学と化学を学んで彫刻の世界に入ってきたひとりです。
フランスの彫刻家は医学からの転身、多し!



e0082110_1522842.jpg

Just Becquet - Dieu pan et un tigre - (1899)
フランソワ・リュード作だと思ったら、リュ―ドを偲んでつくられた彫像でした。
牧神のふくらはぎにくい込むトラの爪、痛そうだけどw、見入ってしまった。。



e0082110_3264863.jpg

e0082110_1521714.jpg

Jean-Joseph Perraud - L'Enfance de Bacchus - (1857)
こちらも牧神、肩の上に乗った小さなバッカス(酒神)が牧神の耳を引っ張っている
ところを表現しています。痛みに顔を歪める牧神の表情もさることながら、台座に施され
た羊頭の敷物とカタツムリの技の細かさに魅せられました。
ぺローはオペラ座のファサード彫刻も手掛けています。

ちょっと最近の私は足フェチ化しておりまするがw、でも、このテカリ具合をみますと
皆さんも同じようなことを考えているのですね。つい触りたくなる、つい覗きこみたくなる
おみ足、冬には靴下をはかせてあげたい。。ここはモード博物館だしw

10 avenue Pierre 1er de Serbie 75116
by cocobear-riko | 2012-10-13 02:59 | 16e | Comments(0)
l'enseigne 看板
看板は街中の小さなアート
今まで数点ココでも紹介していますが
今宵は魚屋さんと靴屋さんと室内装飾のクリーニング屋さんをご紹介

クリーニング屋さんは看板だけだと椅子の張替え屋さん?と思ってしまいますが
こちらの店舗は高級住宅街の16区、HPを拝見しましたが、その仕事は
絵画の修復と似ています
仕事に誇りを持って活きている、まさにパリは職人の街・・


e0082110_2395840.jpg



e0082110_219321.jpg



e0082110_2194659.jpg

e0082110_220658.jpg

by cocobear-riko | 2011-01-21 03:25 | 16e | Comments(0)
Baccarat
パリ16区のバカラ美術館

創業1764年、フランスのロレーヌ地方からクリスタル製品を送り続けているバカラ
我が家にはアンティークリキュールグラスが一脚しかありませんがやはりそのカットは美し・・

夢の世界は、4つの部屋に区切られていました(以下一部HPより引用)

「Folie des Grandeurs (大きさに魅せられて)」の部屋
ニコライ二世の大燭台、フェリエール家具調度品(19世紀インドのマハラジャが注文)を展示

「Alchemie(錬金術)」の部屋
装飾は画家ジェラール・ガルースト。クリスタルの製造に欠かせない水・砂・空気・火がテーマ

「Au dela de la transparence (透明の向こうに)」の部屋
1878年の万国博覧会にて出品された「トルコ風モカコーヒーセット」や花瓶「象」などを展示
キャプションが直接ガラスケースに書かれていてとにかくお洒落で素晴らしかった

美術館内は残念ながら撮影禁止にて今宵はそれ以外のところをご紹介

この館の女主人はマリー=ロール・ド・ノアイユ(1902-1970)
内装を託されたのは日本でもすっかりお馴染みの建築家・インダストリアルデザイナーの
フィリップ・スタルク。世界的高級ブランドのイメージを尊重しながら見事に「ヌーベル・メゾン・
バカラ」に再建しました

シンプルでクールでスタイリッシュなスタルクバカラの世界に心までキラキラになりました☆


e0082110_3511792.jpg



e0082110_3513264.jpg
e0082110_3514271.jpg



e0082110_3521923.jpg
e0082110_3523424.jpg



e0082110_353158.jpg



e0082110_3591566.jpg
e0082110_3592868.jpg

バカラ美術館名物のトワレット、1階も2階も一応使用させていただきましたが(笑)
全面クリスタルの豪華トイレで出口がどこかわからず暫し迷ってしまった人は
誰でしょう??(爆)
by cocobear-riko | 2011-01-18 04:10 | 16e | Comments(0)
たくさんの道と永遠のともしび
e0082110_0171727.jpg人生の応援歌のようですが・・^^

今宵は、無事に娘の成人の日を過ごし、ほっとして、もう眠たいです。。まだねないけど(笑

パリではひたすら歩きますが、道を間違えたら大変。特に、放射線状に広がる凱旋門のあるシャルル・ド・ゴールやバスチーユなどの広場は鬼門です。。

シャンゼリゼ~は王道ですが、私が歩くのは、シャンゼリゼの反対側にあるフォッシュ通り(前にも少し触れています)。アールヌーヴォーのギマール作品が残るポルト・ドフィーヌ駅でも知られています

通りの名前は、第1次世界大戦時の将軍フェルディナン・フォッシュに由来



e0082110_0173883.jpg


凱旋門のアーチの下には第1次世界大戦で戦死した無名戦士の墓があり、献花と燈火(1921年~)が絶えません。この日も凱旋門の周りに行列ができていました

永遠のともしび

その火を消そうとその上に座り込んだ男(当然火傷で救急車で運ばれ)、酔っ払いの放尿(結果消えてしまう。。でも予備はあるでしょうから)、その火で料理をしようとした男がいたようですが(即逮捕)、あは^^笑、これからもこの火が絶えることがないことを祈って・・

e0082110_0181710.jpg

e0082110_4343038.jpg

Ici repose un soltat français mort pour la patrie 1914~1918
1914~1918年(第1次世界大戦) 祖国のために亡くなったフランス兵士 ここに眠る
by cocobear-riko | 2011-01-11 02:17 | 16e | Comments(0)
Rue Berton
e0082110_3332030.jpg

e0082110_3334469.jpg

e0082110_334639.jpg

e0082110_3342265.jpg

e0082110_336623.jpg

ショコラのレポも書き終え、いよいよ、動物オブジェの資料作りです
暫く地道な作業が続くでしょう(針も持ちながら)。。

写真は、パリ16区、ベルトン通りから文豪『人間喜劇』のオノレ・ド・バルザックの家へ
私はその中の『ゴリオ爺さん』しか読んだことがありませんが面白かったです
ゴリオさんのよく喋ること(笑)、そして、最期はドリフターズの臨終コントのよう
(逝きそで逝かない・・^^;)

バルザックと言えば~借金~
事業の失敗や贅沢な生活のために莫大な借金をつくりました

書いても書いても借金は増えるばかり

前にも、ココで触れていますが、バルザックは借金の返済に、小遣い稼ぎをするために
小冊子『キリンと酋長の対話』(この本なかなか見つかりません。。)なるものも執筆して
います。キリンの言葉を読んでみたいものですが(笑)

借金取りが玄関から入ってきたらバルザックは勝手口へ"下りる"
起伏のある地形は姿を眩ますのに打ってつけだったよう(引っ越し歴なんと11回!!)

借金は、晩年に結婚したポーランド貴族の未亡人ハンスカ伯爵夫人の巨額の財産によって
清算されました(バルザックのお相手はいつも貴族のマダム笑)

なんとも眺めのよいお家ですが、エッフェル塔が建ったのは、バルザックの没後39年目
夜中に仕事をしていたようですから、眺めはあまり関係なかったのかも?しれませんが

さ、私もそろそろ寝るとします^^;

暫く、デスク作業に慣れるために、毎日、更新します!がんばるぞ~
by cocobear-riko | 2011-01-09 04:43 | 16e | Comments(0)
東京宮の蛇と飲み屋!
e0082110_16171614.jpg

今年の5月、所蔵作品が盗まれたことで大きな話題になったパリ市立近代美術館(ポンピドゥは国立)に行ってみました。盗まれたのはピカソの抽象画やマチスの風景画のほか、モディリアニ、ブラック、レジェの5作品。被害総額は推定9千万~1億ユーロ(約99億~約110億円)!!その後どうなったでしょうか・・

パリ市立近代美術館はモダンアートの殿堂、ラウル・デュフィ「電気の妖精」、マティス「ダンス」、ソニア&ロベール・ドローネ「リズム」(エッフェル塔の連作で有名)、他、キュビズムやフォーヴィズムやエコール・ドゥ・パリなどの作品、8千点以上を所蔵。建物は1937年の万博で建てられ、パレ・ド・トーキョー(東京宮)と呼ばれています

大学の時に行って以来、2度目の訪問ですが、ストの影響か?長蛇の列!で入館は断念。でも、私のお目当ては、相変らず館内ではなく、中庭に立つアントワーヌ・ブールデル作「La France」 (1925年) の蛇じゃ♪笑

蛇杖?を持っているということはアスクレピオス(ギリシャ神話に登場する医術の神)でしょうか?健康、 不老、長寿、不死などを象徴しているとされます。像の下には、1940年6月18日~1945年5月8日(第二次大戦)、フランスの名誉と自由のために死んでいった民兵部隊に捧ぐ、と彫られています

aux
volontaires
des forces
francaises libres
morts pour l'honneur
et la liberte
de la france
18 juin 1940
8 mai 1945

そして、慰霊碑に見守られるようにして在るのが、奇しくも、ダイアナ妃が亡くなった事故現場・・アルマ橋のモニュメント「自由の炎」には献花が絶えません・・(合掌)


e0082110_161752100.jpg

ブールデル(ロダンの弟子)の作品はあまり好んで見る方ではなかったのですが、この彫刻はいいなぁと思いました。ブールデルの晩年の作品、長く師事していたロダンの影響から逃れることができたのでしょうか

と、ここで、ブールデルよりも目をひいたのは、パリの友達も「知らなかった~」と言っていた、東京宮の屋上にちょこんと鎮座している箱

フランスの大手家電メーカー"エレクトロリュクス"がプロデュース、アイデアはコンテンポラリー・アーティストのローラン・グラッソー、この絶景ビューで新進気鋭のシェフ、ジル・スタサールのお料理がいただける。らしい。12席限定。その名も「nomiya - のみや -」。日本の飲み屋からインスパイア

箱女の私は(笑)興味津々です
忘年会シーズンですが、こんな飲み屋で飲んでみたい!泊まってみたい(笑)!


e0082110_16181772.jpg

ps.
ん~でも"宮"らしからず、外壁が落書き等でかなり汚れておった。。そして、思わず息を止めてしまうほどのあまりよろしくない臭いも。。
by cocobear-riko | 2010-12-12 18:08 | 16e | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b