カテゴリ:9e( 25 )
rue des Martyrs..
住むなら今ならマルティール通り
全て揃っている!


e0082110_5462765.jpg

e0082110_5465930.jpg

e0082110_547481.jpg

e0082110_5483935.jpg

e0082110_92813100.jpg

e0082110_9271976.jpg

e0082110_5492180.jpg

e0082110_551168.jpg

e0082110_5422638.jpg

e0082110_5423918.jpg

セバスチャン・ゴダールでいろいろ買ってビュット・ショーモンでピクニック♪
by cocobear-riko | 2014-06-11 12:46 | 9e | Comments(0)
Musée Jacquemart-André
e0082110_5443755.jpg

パリ友と、これまたお初のジャックマール・アンドレ美術館へ。

1869年、エドゥアール・アンドレとネリー・ジャックマール夫妻のために建てられた邸宅
には、夫妻のコレクション、イタリア・ルネッサンス、18世紀フランス、オランダなどの絵画
作品とともに、美術工芸品や家具、タピスリーをはじめとする調度品にいたるまで、夫婦
の審美眼にかなったコレクションが見事なまでにセンスよく現代に活きていました。
奥様のジャックマールさんは画家だったのですね。

建物は二階部分を改修工事中で、工事中のカバーが全面にかけられていましたが、
よーく見るとトロンプルイユになっています。いやはやこういうところが素晴らしい!



e0082110_1355342.jpg

スピーピングライオンが可愛くて、頬の表情などは他に類をみません。でも、、
私有地にて街中動物にカウントしてよいものかと、この手のオブジェをみると
いつも悩むのです(墓地も然り)。。



e0082110_1405367.jpg

e0082110_17291828.jpg

e0082110_1413630.jpg

温室のような廊下はイタリア色が濃く、他、手間暇お金も惜しまない調度品の数々を
私は、予想に反してすべて興味深く鑑賞しました。絢爛豪華なものは食傷気味に
なりますが、ジャックマールさんとアンドレさんのコレクションは品がいいので、
飽きることはありませんでした。フランス人の友達に「これ(マイセン)欲しぃ~」というと
「いいけど、とても高いよ~」と笑われてしまいましたw。



そして企画展「Désirs & volupté 欲望と官能」へ・・



e0082110_202687.jpg

e0082110_1471032.jpg

e0082110_1482852.jpg

これまた予想に反して全てに興味深く、ヴィクトリア女王時代(1837-1901)のイギリス
の画家たちの作品を一堂にみたのは初めてだったので、しかも、フランス人の友達が
作品に添えられた説明書きを解りやすく説明してくれたので、絵画の中のメダムに感情
移入しながら見入ってしまいました。きっと私一人なら心の中で会話をしていたことでせうw

La peinture devient un rêve éveillé
"目を開けたまま見る夢"と名付けられた絵画

とりわけこの時代の画家たちが描いた「女性」は、同性の私から見ても好感が持てました。
愛を求める夢心地なマダム、なかには気になる異性に惚れ薬を飲ませようと企んでいる
小悪魔なマダムまでいてw、ヴィクトリア朝芸術の豊かさやそれに反する複雑さを感じとる
ことができました。

・・やはり自分の興味のあるものばかりを見ていてはダメ、、たまには寄り道をしなくては
いけませんね。。

この日は他にもいろんなことがあった印象的な一日でした。
きっと生涯忘れることはないでしょう。

merci
by cocobear-riko | 2013-11-13 22:55 | 9e | Comments(0)
Aux Pipalottes Gourmandes
e0082110_18505149.jpg


e0082110_8314090.jpg


e0082110_8321067.jpg


e0082110_6353038.jpg


e0082110_6152993.jpg


e0082110_5361412.jpg


e0082110_5365264.jpg

デリで美味なるデジュネ♪
パリはこれだから面白い!
by cocobear-riko | 2013-11-13 22:46 | 9e | Comments(0)
VILLAGE Joué Club
e0082110_953174.jpg


e0082110_9541143.jpg


e0082110_9563239.jpg


e0082110_9544085.jpg


e0082110_9544153.jpg

3 / 5, boulevard des Italiens

ここでは毎度お馴染みの玩具屋ばかりが軒を連ねるパサージュ



e0082110_8485543.jpg

新しくオープンしていたヌイグルミ専門店で(たぶん。私が気がつかなかっただけかもしれないけどw)、ハンサーのカタツムリを連れて帰りました~うちのコにピタリ~^m^



+++++


Teddy Bear's Club 大阪うめだ阪急店(10F)でショップ内個展中ですが、会期も残り少なくなってまいりました。いい出合いが続いているようで、嬉しいです。ありがとうございますm(_ _)m

平成25年4月10日(水)~23日(火)
「鶴田眞利子作品展"le violet(紫)"」
Teddy Bear's Club 大阪うめだ阪急店10Fにて

出展作品はコチラ。ご要望があり、写真集"le coin des nounours"も納品しています。在庫が残り少なくなってまいりましたので、よろしければ、この機会に、お求め下さいませ。


+++++
by cocobear-riko | 2013-04-21 17:29 | 9e | Comments(0)
Beau Soir
母とあがって以来か・・
久しぶりにギャラリー・ラファイエットの屋上にあがってみた

Quel Beau paysage..


e0082110_147168.jpg

e0082110_1462399.jpg

e0082110_1465583.jpg

e0082110_1472935.jpg



    



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年10月30日(日)干支教室 in Dear Bear 目黒店の詳細はコチラ
さっそく、お問い合わせ、お申し込みを頂いているようで、ありがとうございますm--m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by cocobear-riko | 2011-09-30 15:18 | 9e | Comments(5)
Cour du Coq(雄鶏の小道)
鳥についてはオペラ座の王様で少し触れましたが(話が飛びましたが笑
このCour du Coqは、3階建ての建物が立ち並び、1階部分または屋根裏(一部)は職人がアトリエとして使っています。通りの名前にちなんで鉄柵には雄鶏の装飾がつけられています(wiki 通りの名前より)

パリには、調べただけでも、動物の名前のついた通りが53ありました
webで検索したところ、24のみ、ちょっとした歴史を読むことができたのですが

例えば、Cour du Coq、なぜcoq?が知りたいのですが、総じて、理由が見当たらず
苦戦しとります。。

e0082110_4225990.jpg

by cocobear-riko | 2010-07-06 01:58 | 9e | Comments(2)
La Maison Doree
e0082110_2251188.jpg

この日は、パリ9区、Boulevard des Italiens沿いの狩猟レリーフを撮影
レリーフはあまりに細かく最初は気付かず通りすぎてしまいましたが、ありました!
1階と2階を繋ぐ帯部分に

スタルクも設置してありましたのでちょっと翻訳・・



e0082110_22545290.jpgマダム・タリアンが住んでいたhotel choiseul-stainville(フランスの元帥)跡地。その後、カフェになる。
※マダム・タリアン・・変態小説家サド侯爵に「パリ一の娼婦で、愛欲そのもの」と言われる

カフェ・アルディは、1839年、そのファサードの装飾からメゾン・ドレ(金色の)と呼ばれるようになりました。

パリの政治、物書き、色事の名士たち、バルザック、ユゴー、ネルヴァル、フロベール、ゴンクール兄弟がたちが住んでいました。

1853年、アレクサンドル・デュマは常連で"三銃士"の執筆を行いました。

1886年、メゾン・ドレでは、印象派の最後の展覧会が行われました(第8回)。

1976年、BNP(フランスの国立商工業銀行)は、ファサードの復元に着手しました。そして、今日では、BNPパリバ(パリに本拠を置くフランスの大手銀行グループ)が入っています。
※2000年にパリ国立銀行とパリバは合併し、社名をBNP Paribas(BNPパリバ)とする



ps
こんな動画(「ミス・フランス」)をみつけました。最後の方でマダム・タリアンが登場します
どの子がお好み^^?やっぱりレカミエ夫人はお綺麗ですね
マダム・テレジア・タリアン、テレジアといってもハプスブルク家のマリア・テレジアではなく、
スペインの石鹸工場の経営者の娘でフランス革命前後の時代を奔放に生きた女性
美しすぎたがため、恋多きが故、歴史を動かし、第二のマリー・アントワネットとも呼ばれる



by cocobear-riko | 2010-06-09 23:54 | 9e | Comments(2)
Rue Blanche
e0082110_23125731.jpgこの寒暖の差に、私の周りは、体調を崩している続出、皆さんも、ご自愛なさってくださいね

さて、パリを歩いていると、「ん、この通りは、他とはちょと違う・・」という通りに出くわす時があります。と言っても、私の場合は、建物の装飾を見て、ということになりますが

←写真は、9区の"Rue Blanche"

このアパルトマンの装飾には、蠍、羊、天秤、牛、双子ちゃんなどが見られます

どうも星座をモチーフにしているよう

なんだか夢があっていいですよね・・

「私のアパルトマンは、そう、ブランシュ通りの星座のオブジェが散りばめられている建物」なんてね

このもう少し先、ブロンシュ駅の近くの建物には、ファサードに施されるのは珍しいアイテム(取っ手などにはたまに見かけますが)、手のモチーフ。目を引きます。この他にも珍しいオブジェが多々。「隣には負けられない!」職人の意地を感じます。

そして、nickさんを思いながら撮影をした骨董屋さんの働く自動車たち^^

e0082110_23295499.jpg

e0082110_23324147.jpg

e0082110_23325960.jpg

e0082110_23315334.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-21 23:24 | 9e | Comments(2)
AVENUE FROCHOT
e0082110_2131121.jpg

私のパリの歩き方は、事前資料でチェックした動物オブジェを点と点で結び、ひたすらひたすら渡り歩く。その間、新たに、新しいオブジェを見つけることも多々あるのです。が、気が付くと、ちょっとアレな雰囲気の中を歩いていることも多々・・この日も・・

「おっ"ピガール"だ!"アヴニュ・フロショー"だ!映画『パリ・ジュテーム』では、ファニー・アルダンとボブ・ホスキンスが、この門をくぐって中に入っていくんだよな・・」
※ピガールは歌舞伎町のような歓楽街。女の子(まあまあ笑)の一人歩きはちょっとちょっとな雰囲気・・

と、独り言を言いながら・・





ヴィクトル・マセ(作曲家)
シルヴィ・ヴァルタン(歌手)
レジーヌ・クレスパン(オペラ座の歌姫)
ヴィクトル・ユゴー(ロマン派の詩人・作家)
アルフレッド・ステヴァン(印象派の画家)
トゥールーズ・ロートレック(後期印象派~の画家)
ジャン・ラインハルト(作曲家)
アレクサンドル・デュマ(パパの方)
ジャン・ルノワール(映画監督)
ジョヴァンニ・ボルディー二(ベル・エポックの画家)
シャセオリー(ロマン派の画家)
ギュスターヴ・モロー(象徴派の画家)

以上、アヴニュ・フロショーの過去の住人たち(鹿島茂「パリの秘密」より抜粋)。

アヴニュ(大通り)と言ってもここは袋小路、1827年につくられ、以来、歓楽街に近い悪立地にもかかわらず、ここに住みたいという人が後を絶たないとか。

わかるような気がする・・

e0082110_2265157.jpg

by cocobear-riko | 2010-01-19 21:53 | 9e | Comments(0)
パサージュ・ジュフロワのショーウインドウ コア編;
e0082110_23144618.jpg

額屋さん(たぶん)のショーウインドウでしたか・・
"箱女"(古い箱が好きでつい買ってしまう)"額女"(額が好き)の私もここまでは^^;負けた(笑
ブレていてあまりよく見えませんが、、ちぃさな額の中にミニチュアを入れているのですね。
中には歯や骨らしきものもありましたが;、そう言えば、クリニャンクールのチャッピーさんのお店も、お店の壁全面にキーホルダー(古い)がディスプレイされていましたっけ・・
壁面のディスプレイもお上手、この街は。

8月1日(土)、今週末の「カバくん教室」もよろしく~☆ 今、面白いカバさんをつくってま~す
by cocobear-riko | 2009-07-28 23:44 | 9e | Comments(2)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-01 00:28
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b