カテゴリ:8e( 27 )
ベルナール・ビュッフェ回顧展@パリ市立近代美術館
e0082110_16305998.jpg

ベルナール・ビュッフェ回顧展@パリ市立近代美術館へ

ビュッフェは大学の卒論で取り上げた画家。滞在中、パリで見れるなんて・・

まず、メトロのポスターの種類の多さに驚いた。私が見ただけでも4~5種類。関心の高さがうかがえる。ビュッフェ19歳、初個展での出品作「羽をむしられた若鶏」はポンピドゥ所蔵。

その画風から賛否両論の的となってきたビュッフェ、最期はリューマチを患い自ら命を絶ってしまう壮絶な人生を、絵の中に見た・・



e0082110_16565249.jpg

ビュッフェは1928年生まれのパリジャン。一緒に行った友達と「見た目も格好いいよね」と意見が一致。11歳の時に第二次大戦が始まる。5年後パリ解放、ただ一人の理解者だった母親を脳腫瘍で失うも、20歳にして国内最高の賞である批評家賞を受賞、彗星のごとく戦後のフランス画壇に登場した。



e0082110_1719468.jpg

第二次世界大戦の荒廃したパリに生きた画家、ビュッフェはまさに時代の証人。




e0082110_17285640.jpg

人気のピエロ、サーカスシリーズでは巨漢の富を得る。




e0082110_17302174.jpg

Je ne crois pas à l'inspiration.
印象的な直筆の言葉「私は直感やインスピレーションを信じない」

自分が見たものしか信じない。過酷な時代を生きた人(ビュッフェ)ならではの言葉。




e0082110_1734427.jpg

唯一無二のビュッフェのサイン。




e0082110_17392042.jpg

愛妻アナベルを描いた絵に昔から惹かれる。




e0082110_1745261.jpg

「数年にわたる戦争から復員したばかりの私は、感動して彼の絵の前に呆然と立ちつくしたことを思い出す。研ぎすまされた独特のフォルムと描線。白と黒と灰色を基調とした沈潜した色。その仮借なさ。匕首(あいくち)の鋭さ。悲哀の深さ。乾いた虚無。錆びた沈黙と詩情。そこに私は荒廃したフランスの戦後社会に対する告発と挑戦を感じた。当時のわれわれ青年を掩(おお)っていた敗戦による虚無感と無気力さのなかに、一筋の光芒を与えてくれたのが彼の絵であった。国土を何回も戦場にし、占領され、同胞相殺戮しあったフランス。その第2次世界大戦の激しい惨禍のなかから、このような感受性と表現力をもった年若き鬼才が生まれでたことに畏怖の念をいだいた。その表現力はまさしく、私の心の鬱々としたものに曙光を与えたのである。以来、私はビュフェの虜となった。無宗教の私に、一つの光明と進路を与えてくれたのが、ほかならぬ彼のタブロオそのものだった。これが私のビュフェへの傾倒のはじまりである。」
岡野喜一郎著「ビュフェと私」1978年4月

同じ戦禍を生きた岡野氏の言葉には説得力がある。




e0082110_17484160.jpg

卒論を書くにあたり静岡のビュッフェ美術館にも数回行ったけど、今回初めて見る絵がたくさんあった。




e0082110_1749475.jpg

教授から「なぜこんな暗い絵が好きなのか?」と聞かれたことをふと思い出した。でも、暗い絵とはむしろ彩やかな色彩の奥にあると今回実感した。




e0082110_1749354.jpg

早熟であまりにも売れすぎたアーティストの最期は・・晩年の骸骨の絵を見れば一目瞭然。でも、その光と影に惹かれたのだ・・と、暮れ行くパリをみて再確認した一日だった。




e0082110_18262066.jpg

形を変えながら繰り返される歴史。その中で「自分に出来ることはなんだろう・・」卒論にも同じことを書いていたように記憶している。



by cocobear-riko | 2016-11-18 18:31 | 8e | Comments(0)
Studio Harcourt Paris
e0082110_5513386.jpg

「着物でパリ」が趣味の私、今回は、フランスの写真館の殿堂、憧れのスタジオアルクールで記念撮影をお願いすることに。

義母の形見の着物、実家の母の帯、そして、ここに来させてくれたのは、スタジオと同年代(1934年創業)のお義祖母さまの羽織りだったのかも・・私にとって着物とは「一人じゃない」と思わせてくれる存在。

撮影スタッフの皆さんも、それらの思いを瞬時に感じ取って下さり、着物に合うポーズを互いに試行錯誤しながら、終始、快適に撮影に臨むことができました。フランス語でのやり取りも、日本人スタッフの坂本京子さんが間に入って下さったので安心、緊張することなく、とても楽しく掛け替えのないひと時を過ごすことができました。

撮影後は館内をゆっくり見学、アルクールノワール(フレンチシック)のパネルに囲まれ、パリのエスプリ漂う夢のような空間にうっとりするばかりでした。仕上がりは二カ月後、楽しみ

Studio Harcourt Paris
http://www.studio-harcourt.eu/fr/


e0082110_4194897.jpg

さっそくサンプルを送って下さいました!でも、どれも素敵に撮っていただいて、選べない(>_<)



by cocobear-riko | 2015-04-22 07:40 | 8e | Comments(0)
『PARIS 1900』@Petie Palais
e0082110_4552081.jpg

e0082110_4543123.jpg

プチパレで開催中のパリの100年を振り返る展示会をみました。パリの歴史がぎゅっと凝縮されていてとっても面白かった。図録は重かったけど大好きなものがたくさん載っていて重さは気にならなかった・・



e0082110_4515131.jpg

PARIS 1900 - petit palais. Paul JOUVE, Ours, 1900. Grès émaillé Alexandre Bigot, bas-relief pour le décor de la porte monumentale à l'Exposition universelle.

パリ万博とアレクサンドル三世橋の建築に関する展示が興味深く、パリ万博のゲートに飾られていたクマのレリーフに、その背景のモザイクを担当した陶芸家アレクサンドル・ビゴの仕事に心躍りましたなり。



e0082110_4564950.jpg

もう一度みたい・・
by cocobear-riko | 2014-04-30 10:08 | 8e | Comments(0)
Bill Viola@grand palais
e0082110_7205891.jpg

Bill Viola..
遅ればせながら初めてその存在を知りました。。

メトロの映像広告でも大々的に宣伝をしていたので、夜の空いた時間に行ってきました(20時閉館はありがたい)。






ビデオアートの第一人者として映像芸術を牽引するビル・ヴィオラ。1951年、ニューヨーク生まれ。水や火や光などの根源的な要素を用い、生命の誕生や死、再生、信仰といった宗教的、哲学的なモチーフを主題とする作品を多く制作。日本でも作品展が開催されているのですね。

「生と死、喜びと哀しみはつながっている」

グラン・パレの会場いっぱいに広がるヴィオラワールド、日本でこれだけの器でこんなに人が入るかしら・・と思うほど、どの部屋もたくさんの人で賑わっていました。

淡々と繰り広げられる日々の営み、それらの映像からは、言葉では表現できない懐かしさを感じました。それは妊娠中に腹部エコーで聞いた胎児の心臓の音だったり、もしかして自分自身の遠い記憶だったり・・

何も考えず、ただ、感じてきました・・



e0082110_1421482.jpg


e0082110_1423014.jpg


e0082110_1424397.jpg


e0082110_2314462.jpg


e0082110_143251.jpg

そうそう、この作品が本日の一番!カーテンがスクリーンになっていて、鑑賞者もこの中に入ることができる、まるで自分も作品の一部になったようで面白かった。



e0082110_1431971.jpg

久しぶりのグラン・パレ、帰りに何げに外の噴水を見たら・・

ずっと探していた白蛙を発っ見!!!!!

「merci」「merci」と何度も心の中で唱えながら、ゲートが閉まるまでw、シャッターをきりました。

探している時は見つからないもの。でも、願い続けていれば、ふと出合うことができる。動物たちからまたひとつ教わりました。

正面玄関のトロンプルイユも素晴らしかった!

Un grand MERCI au Grand Palais !



e0082110_9465542.jpg


e0082110_9471566.jpg

by cocobear-riko | 2014-04-30 02:30 | 8e | Comments(0)
クマたちがいる風景
e0082110_7452614.jpg

いちいちチップを確認していたシャンゼリゼのファラオ(´艸`)



e0082110_754196.jpg

サントノーレに素敵なインテリアショップを発見♫



e0082110_7545324.jpg

インパクト大の芝生クマ!
招き猫ならぬ招きクマ(´艸`)



e0082110_7554081.jpg

植木には・・コアラベア・・



e0082110_7562515.jpg

とっても愛されていたであろう風貌・・
お友達は、ファミリーは、迎えに来てくれたかな・・
by cocobear-riko | 2014-04-29 17:59 | 8e | Comments(0)
Crazy Horse Paris
e0082110_85075.jpg

今回のパリでは、憧れの老舗ナイトクラブ「クレイジーホース・パリ」に行ってきました!80日間だけ上演された伝説のショー「FIRE(ファイア)」を映像化した『ファイア by ルブタン』をル・シネマで見て以来、無性に行きたくなり・・。そして、これでパリの3大ナイトクラブを制覇したことに!

そうそう、ここの女子トイレは2つあるのですが、片方のトイレに便器が2つありましたよw。写真を撮ろうと思いましたが、ちょうど入る方がいて断念。でも、ピンクで可愛かった(´艸`)

ちなみに、ショーの間は撮影禁止。





映画は、デザイナーのクリスチャン・ルブタンが演出、デヴィッド・リンチが音楽を担当、スクリーンいっぱいに映し出されるダンサーたちの息遣いや筋肉に、今までのイメージが吹き飛びました。とにかく美しい!

クレイジーホースはナイトショーの最高峰、1951年の創立以降、入場者数600万人以上を誇る人気のキャバレー。キャバレーとは19世紀末のパリに発生、社会風刺を含んだ歌や寸劇を見せる酒場のこと。かの有名なシャンソニエ「ラパン・アジル」もキャバレー。日本のキャバレーのイメージとはちょっと違いますね。





こんな映画もあったのですね。正にこの世界♡



e0082110_851574.jpg

とにかく「格好いい!」の一言!ダンスというよりスポーツに近い感じ。前にサロン・デュ・ショコラ・パリの余興でやっていたブラジルのカポエイラを思い出しました。ショーの間に組み込まれた双子のムッシュによるタップダンスも未だに心のど真ん中で響いているような感じ、とても素晴らしかった。

クレージーホールといえばコレ→英国バッキンガム宮殿衛兵隊風の衣装とマーチダンス、映画『バークレー』にみるようなポールダンスetc、クレージーホースは、今後の私の創作に大きな影響を与えてくれるものと確信しています。

私たちは21時半のショーを選択、シャンパン(2人に1本)とアミューズ付きにしました。案の定、途中で、居眠りをしてしまいましたがw(ショーの前にも少し飲んでいたので)、シャンパンは飲み干してしまいました。シャンパンが実によく似合うショーだと思いました。記念に唇のTシャツを買いましたが、もう一度見てみたい!クレージー・ホースを見ずしてパリは語れませぬ。
by cocobear-riko | 2014-04-28 17:44 | 8e | Comments(0)
La grenouille pleure...
e0082110_16454986.jpg

綿がきれた為、制作小休止(なぜ早めに気がつかないのか自分w。学習能力なし。。)
書きかけの記事がたくさんあることを忘れかけていたので、パリレポを少しばかり。
ついでに動物オブジェの調査も。年末にまとめてやろうと思っていましたが、出来る
ではないかw!なんでも先延ばしにしてはいけませぬね^^;

明日は東京は雨のようですが、、
パリでは、南京錠をかけられた蛙が、アレクサンドル三世橋の上で、泣いていました。。

芸術橋が南京錠橋と化しているのはテレビの特番にもなっている昨今
でも、パリで一番美しいとされるアレクサンドル三世橋まで汚染されているとは。。
予想外でした。。

芸術橋の南京錠レポはコチラ→ 1 2 3


e0082110_08629.jpg

この街では南京錠がショッピングバッグに見えてくる。。


e0082110_16545210.jpg

e0082110_061748.jpg

e0082110_0144577.jpg

e0082110_0184094.jpg

1900年のパリ万博のために架設されたアレクサンドル三世橋
19世紀末における金属建造物の流行と、いかめしい装飾を好むこの時代の趣味とを
よくあらわしていますが、まさかこの南京錠を持ってして完成とは。。。。。?

このままではパリの観光名所は南京錠化してゆくかも。。
鍵はセーヌに投げ入れているようだから、、鍵の110番さんに来てもらいましょ!!
恋人たちにはワルイけどw
by cocobear-riko | 2012-10-03 00:45 | 8e | Comments(0)
凱旋門
凱旋門を初めてくぐってみた

ナポレオンもくぐれなかったアーチ

アーチには不思議な力が宿っていると思った

祝い事にアーチをつくるけど、パワーの結集なのだ・・


e0082110_5142922.jpg

e0082110_518771.jpg

e0082110_5152615.jpg

e0082110_5191295.jpg

e0082110_5154834.jpg

e0082110_516320.jpg

e0082110_5162980.jpg

e0082110_5164323.jpg

e0082110_5165329.jpg

新しい大統領が決まり、お祝いムードのシャンゼリゼ♪
by cocobear-riko | 2012-06-04 03:57 | 8e | Comments(0)
Saint-Augustin サン・トギュスタン
サン・トギュスタンとは、神学者で守護聖人アウグスティヌス(354~430)のこと

ガイヨンの泉のイルカを撮影するべく向かったのサン・トギュスタン教会。この教会の
近くに泉があるはず! が、どこを探しても見当たらない。。
サン・トギュスタン通りのガイヨン広場の間違いだと気が付いたのは今日のこと(苦笑

サン・トギュスタン教会は8区、私が探していたガイヨンの泉は2区、オペラ座の近くだ
もう忘れない(笑

ま、でも、そういう時にいい事があったり、いいものと出合ったりするのです

サン・トギュスタン教会は、第二帝政期(1852年~1870年)に建てられた、ルネッサンス、
ビザンチン、ロマネスク、ゴシック様式が融合された美しい造りの教会

教会前のジャンヌ・ダルクの騎馬像の馬にも惚れ惚れしました。パリにはたくさんの騎馬像
がありますが、この仔が一番好きかも(ジャンヌもいい顔しています)

ガイドブックに載っていないこういう街角の教会が好きです。床の寄木も美しく

しばし祈りを捧げる・・



e0082110_27617.jpg

e0082110_263623.jpg

e0082110_264866.jpg





おまけ・・





サン・トギュスタン教会前のジャンヌ・ダルクの騎馬像の馬に触発されてつくった馬頭
明後日の甥の結婚式の為に制作。馬は甥の干支、蛇(ウロボロス)はお嫁さんの干支
「永遠の家」を象徴させました。披露宴の席で参列者に蛇の斑を描いて頂いて完成♪
※馬は「家」、蛇は「再生」と「永遠」を象徴。馬頭は馬肉屋さんの看板にも見られます

e0082110_2211863.jpg

伊勢丹用(右)にもつくりました。ちょっと画像が悪いな・・(後日、撮り直します)
ファブリックは馬も蛇もジャパンシルクです。日本ガンバレ!の意味も込めて、あと、
伊勢丹作品としましては、"ウロボロス日の丸"などもつくっています。「5」がテーマ
ですが、Go!Go!でいきましょう

台座に貼った布は16世紀のフランスの布。ヴァンブの蚤の市で骨董店主のマダムに
叱られながら買ったレアアイテム(笑)。「マダム、こうして(両手で大事にかかえながら)
大事に扱ってね。とっても古い布なのよ」 私は自分の行為を恥ずかしく思い、丁寧に
謝りました。別れ際、「マダム、いいものができるわよ」と笑顔で言って下さったマダム

Merci・・
by cocobear-riko | 2011-05-03 02:57 | 8e | Comments(2)
AU JAPON
パリ6区オデオンのショーウインドウと8区の桜に
癒され、背筋が伸びました

コケシが嬉しかったな^^

そして、色々を学習し、胸をはって生きていきたいと思いました

写真の整理がやっと終わりました~(4,000以上)
来月は新宿伊勢丹個展や尾道Martonオープニングイベントへの参加もありますが
制作の合間をぬって、また、パリでの様子をご紹介いたしますね

お花見、行きたいな~



e0082110_4391333.jpg
e0082110_4375688.jpg

e0082110_4381456.jpg

by cocobear-riko | 2011-04-07 04:52 | 8e | Comments(0)



Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. テディベア、動物作家の鶴田眞利子です。Tous droits reserves copyright(c) 1995-2017 Coquin Coquine Bear 
by cocobear-riko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
HP他
最新の記事
水無月 十一面千手観音菩薩クマ
at 2017-06-24 15:27
フランス旅2017年春(長く..
at 2017-05-01 19:45
ポール・マッカートニー On..
at 2017-04-28 05:19
納品情報@Dear Bear..
at 2017-04-11 02:14
初日レポ!くまモン大集合@日..
at 2017-03-30 07:40
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
〇〇号は私も気に入ってい..
by cocobear-riko at 04:48
(どうも長文だと送れない..
by cocobear-riko at 04:46
鍵コメさま わ~コメン..
by cocobear-riko at 04:45
真弓さん 新しいノート..
by cocobear-riko at 01:31
しっかり予習出来ました^ ^
by 杉藤真弓 at 16:28
カテゴリ
鶴田のイベント情報
トランクはパリに預け・・
Paris
1er arrt
2e
3e
4e
5e
6e
7e
8e
9e
10e
11e
12e
13e
14e
15e
16e
17e
18e
19e
20e
クマたちがいる風景
いろいろ
タグ
ライフログ
画像一覧
フォロー中のブログ
まさよのおフランス日記・...
代官山だより♪
パン好きkinoのバリアな日々
旅する材料屋 hand ...
「IMAGE」 by M...
Nick's Favor...
milly.b