e0082110_2150077.jpg

皆さま、この度は、「昂扇会」に、息子の舞に、お心をお留めいただき、劇場に足をお運びいただき、舞をご覧いただきまして、心より感謝を申し上げます。お陰さまで無事に終わりましたことをご報告申し上げます。

秀扇、初めての女形でした。顔だけ仕上がった息子が楽屋に座っていても、最初、誰だかわからず、どちらのお嬢さん?(男性専用の楽屋でしたが)「失礼しました・・」と去ろうとした私。「お母さん!」そのお嬢さんが低い声を発したのでビックリした次第です。笑 

舞に関しましては、本人は、反省点が多かったようですが、手前味噌ながら、初々しい舞妓さんの心情をよく表現できていたように思いました。もちろん舞妓の経験はありませんが、恋の道は歩いたことがありますから。

息子が舞いを始めた小学生の頃、先生に、よく、「将来、日舞が、心の糧となりますよう、見守って行くつもりです」というお便りを書いていたことを、ふと、思い出しました。見守ってきてよかったと、今、そう思います。

ところで、私は今回もアナウンス係りで楽屋のそでにずっとおりましたが、裏方好きな私にとって、ここは、特等席でした。鳴物さんが私の目の前で演奏をなさるのですが、鼓(つづみ)、笛、太鼓、玉が施された団扇は名前があるでしょうかラジオの効果音を懐かしく思い出しましたが、ひとつひとつ興味深く拝見しました。でも、演奏家は男性ばかり。男性しか出せない音があるのでしょうね。鼓の「イョー」という掛け声などは、こんなに小さな声で大丈夫かしらと思っていたら、客席の一番後ろまでしっかりと聞こえていました。どこから声が出ているのか・・鳴物の神秘を感じました。

忙しくとも心地よく充実の「昂扇会」、息子の名披露目の舞台でした(名取になって2年ですが)。今回は昂扇先生の舞をたくさん拝見できました。素敵でした。末筆ながら、お祝いもたくさんいただきまして、ありがとうございました。幸せをかみしめております。。

ps
あと40分で秀扇さんは二十歳です^^おめでとう。
十代最後の舞はいい記念になりました。いや、これが、ターニングポイントになるかもしれない。ならないかもしれない。道の途中です。


e0082110_2345262.jpg

e0082110_23453822.jpg

Commented by 金魚ふーちゃん。 at 2008-11-11 00:07 x
名披露目の舞台、おめでとうございました。
そしてお疲れさまでした。
拝見したかったですぅ〜!
これからもずっと続けていかれることと思いますわ。
Commented by cocobear-riko at 2008-11-11 00:43
ふーちゃん♪ありがとうございます。
少しほっとしています。
この会が終わったら・・・ 次の会が終わったら・・
そう思って○年。。
これからは本人にまかせます。
また機会があればお出かけください。
成長した姿をお目の高いふーちゃんにみていただきたいです^^

明日から仕事しなくちゃです!クリスマスモードです!
(今月末は銀座三越で実演販売)

Commented by nick at 2008-11-11 07:49 x
お疲れさまでした。そしておめでとうございます。

実はボクも13歳の頃まで能の鼓を習っていましたが
古い世界が(その頃はそう感じて)嫌でやめてしまい
少し残念に思ってます。  継続は力・・・、また20代の
舞も楽しめる様になると良いですね。
Commented by tiffany at 2008-11-11 14:37 x
riko様!ありがとうございます!
粋なお品のまきものを頂きまして感謝しております
楽屋に顔を出さないで失礼してしまいごめんなさいね
お名前の入った手ぬぐい、秀さんらしいこざっぱりした市松が
美しいです
お菓子もそして添えられたricoさんのお気持ちもよーく伝わりました
この世界、なかなかしきたりもあり大変なものです
でも親がこうして見守り続けてあげられることが
昨日の晴れやかな舞台になるのだと思いました
男にしておくのはもったいないけど(笑)
次回は着流しのすてきな姿もみてみたいです
こうしてお写真で観ても可愛くて、はんなりした色香が伝わりますね
お疲れも出るでしょうから気をつけてお過ごしください
そして、最後になってごめんなさい
秀扇さま、お誕生日おめでとうございます!
素敵な一年でありますように♪
Commented by honey at 2008-11-11 17:44 x
お心遣い。。。ありがとうございました。
写真・・・自慢してしまいそうです ^-^

貴重な体験をさせて頂きました。。。
・・・それにしても・・・艶っぽい舞でしたね。
今後が楽しみですね ♪♪
Commented by cocobear-riko at 2008-11-11 22:17
nickさん、ありがとうございます

なるほど!鼓があって「今」なのですね!
お着物姿のnickさん、とてもお似合いだと想像いたします。

「今までの経験を無駄にしない」「無意味なことはない」
と思っています。
いつまでも20代^^、子から教わる事、大切にしたいですね。

Commented by cocobear-riko at 2008-11-11 22:37
tiffanyさん
お知らせありがとうございます。
こちらこそ、いつもお気に留めていただき、嬉しゅうございます。。

今回は、娘が兄のことを誇りに思っていることがわかったことも
嬉しかったことのひとつです。
娘に習わせたくて始めた日舞、まさか、息子がここまで続けてくれるとは、、
先生(昂扇会の皆さま)、両親、家族、 tiffanyさんを始めとした友に
感謝しています。

お祝いメッセージもありがとうございます。
秀は、ワイン(ブルゴーニュのロゼで乾杯しました)とビールがきいたらしく
早くもひっくりかえっております;
日々鍛練ですね^^

それにしましても、tiffanyさんの文(ふみ)は、tiffanyさんそのままです。
舞い方さんにしか表現できないものを感じました。お美しい・・

ありがとうございました・・☆
Commented by cocobear-riko at 2008-11-11 22:53
honeyさん
お知らせありがとうございます。
そう言っていただけると嬉しいです。。幸せです。。
そして、わーい♪自慢してくださいませ~^^
もう、家族(ヨン様風 笑)同然です~

テディベアと日本の伝統芸能は似たような問題点があるように思いました、今回。
興味は、結局、好みや趣味に因るところが多いと思いますが、
作り手、表現者が、まず、やらなければいけないこと、
そして、それを、人任せにするのではなく自ら活かして行くこと、
課題は生涯に渡って尽きることはないように思いました。
気長にまいりましょう。と思います。

それにしましても、honeyさんほど、多方面でお目にかかることも
ないように思います。ご縁ですね^^♪

Commented by *milly* at 2008-11-12 00:29 x
rikoさん♪
息子さんの舞☆
堪能したようですね♪
芸の道。きっと厳しいのでしょうけれど、
突き進んでいる姿は清々しいものですね。
そして、それをみまもっているrikoさんもきっと感無量でしょうね。
すてきな舞台だったようで良かったですね!
そして息子さんおめでとうございます!
奇遇にもrikoさんの息子さんと同じ誕生日ってとこにも
なんだか不思議な縁をかんじるわたしです★
うふふ。

ではではまた♪^^
Commented by cocobear-riko at 2008-11-13 11:38
*milly*ちゃん
お誕生日おめでとう♪
素敵なお祝い月間が続いていることでしょう。
私の友だちの中には、お祝いできる時がバースデー
ということで、半年前に前祝(もしくは後祝い)をする人もいて
お祝いの形も様々だなぁと思いますが。
tiffanyさんも↑でおっしゃっていますが、伝統芸能はしきたりの
世界ですので、親子共々、毎回、勉強させていただいておりますよ。
相変わらず間抜けなリコさんにて^^;

ps
今度の日曜日ちらっと大江戸に行く予定にしています。

by cocobear-riko | 2008-11-10 23:19 | 鶴田のイベント情報 | Comments(10)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31