銀座のライブハウス


e0082110_1222527.jpg
KENNEDY HOUSE

来年の1月11日で25周年らしいけど、今日の今日まで知らなかった。。迂闊だった。。

60年~90年の音楽を楽しいトークも交えて聴かせてくれたのは、熊本出身の上田司さん(バンドリーダー)。
ボーカルのミオさんは一昨日25歳になったばかりのマドモアゼル。
7歳の時にお母さまに連れられて来店して以来、ケネディ・ハウス歴18年という筋金入りのクラブ歌手、歌姫。
ファミリー的な雰囲気がしたのはそのせいかもしれないけど、そこかしこにドラマを感じるライブハウスでした。

まるで、ジュークボックスのように、いろんな年代のいろんな曲を実に魅力的に歌ってくれました。
ビージーズで胸がキュンとなり、クラプトンで酔い、チャゲ飛鳥で笑い(笑)、弾け、チューリップで泣き・・
半分は英語の曲にて、外国人の友達を連れて行ったら、喜ばれそう。
バンドのメンバーは6人、個性派揃い☆

美味しいボジョレーもいただき、食事もスタッフも申し分なく、でも肩肘張らない、KENNEDY HOUREは
最上級の大人の遊び場。銀座で、子供連れでも安心して遊べる、唯一のプレイスポットかも。

友よ、連れて行ってくれて、ありがとう。また再来週(笑)、KENNEDY HOUSEで☆彡

帰り、酔っ払いさんが、ミャンマーが言えずに、アンミャー、アンミャー
と言っていたのも楽しく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一夜明け(?)追記
最後の一行と〔送信〕に記憶なく、、(消そうと思いましたが、そのままにしておきます 笑)
酔っ払ってはいませんでしたが、きっと夢の中だったのでしょうzzz(03:34 送信になってる;)

知っている曲では場内大合唱。
癒されているお客さんに癒される。
銀座に在って、バンドのリーダーが同郷(熊本)というのも最高で。
KENNEDY HOUSE、通いそうです!

KENNEDY HOUSE
by cocobear-riko | 2007-11-18 03:34 | いろいろ | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30