Y'sARTS(ワイズアーツ) ①

カテゴリーは「美しき仕事人たち」。

時代(とき)を経て 
デスクトップを彩る 
やすらぎの時間と空間を演出するデザイン

Design for Comfort
GINZA
Y'sARTS

毎度お馴染み(旧)ビーチグローブが、銀座の奥野ビルに新装オープン♪
お日柄もよく、素晴らしい門出日和でした。
堤さん、ワイズアーツさん、おめでとうございました。
e0082110_1273583.jpg






























奥野ビルは、同潤会青山アパートメントを建築した川元良一さんが、1932年に手掛けたビル。今では中央区の文化財に指定され、戦前の建物として都内に残る数少ない建造物になっています。エレベーターは手動♪安全性の問題で新しくなっていましたが。古い様子はコチラ。5階へ・・
e0082110_1335087.jpg














店主の堤さんが、新しい門出のモティーフに選んだのは、イオニア様式の神殿の柱。
「つい、まだ、ビーチさん、って言ってしまうけど、ここに来たら、ワイズね、アーツね♪」
またまた意味不明なことを言う私;に、堤氏は・・

「全てのモノはデザインから始まっているから"Design for Comfort"にしたんです」

Comfort(癒し)とは、neccessities(必要)とluxuries(快適)の間のこと。デザインとはこういうことなんだと感じました、言葉ではうまく表現できないけれど・・
e0082110_1514493.jpg














新しい門出を祝いに、たくさんの堤さんファンが、入れ替わり立ち代り来店。その流れにそってギャラリー(奥野ビルにはたくさんのギャラリーが入っています)関係者も立ち寄る・・

「若い芸術家の何かしら役に立ってゆきたい」

5階のアンバス(袋小路)に位置するワイズアーツは、堤さんの思惑通り、面白いくらいに賑わっていました。そんな中、私も、ひさしぶりの再開、偶然な出会い(もしかして必然・・)に、興奮大!初めて来たのにそんな気がしなかったのは、そんな懐かしさもあってのことだったのしょうか・・ 恐るべし、堤マジック・・

センスよく塗られた壁

三角隅の丸窓と四角窓からの小春の日差し

時を経た灯

ここに集うべくして生まれてきた古物たち 私 私たち・・ 

ココベア(ゲンズブールくんタイプ)とココ河童も、あそことあそこに^^♪merci*
e0082110_1585698.jpg































続きは、カテゴリーを変えて、レポします。コチラ

GINZA
Y'sARTS(ワイズアーツ)

〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル508
03-3564-5123
by cocobear-riko | 2007-01-28 01:40 | いろいろ | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31