江戸の粋 米人の粋

イタリアの勝利は劇的でしたねえ。ああ今夜も眠れない♪
今日は、歯医者の後、上野の東京国立博物館(平成館)で行われている「若冲(じゃくちゅう)と江戸絵画展」へ。
e0082110_18173852.jpg

アメリカの美術収集家ジョー・プライス氏による若冲コレクションの最初で最後の里帰り展覧会。これは見ないと許しませんよ~

個人で600点以上もの江戸絵画を収集しているなんて!←本展ではその中から六分の一を紹介江戸絵画がこんなにモダンだったなんて! それからなんと今回は
「江戸時代にはガラスケースはなかった。江戸絵画は自然光、蝋燭の灯りが合う」
という氏の粋な計らいで一部むき出し展示、スポットライトの角度や明暗にひと工夫有りということになっています。もちろん手すりは設けてありますが、その屏風が飾られてあった江戸の民家にタイムトリップしたような絵師の息づかいが聞こえてきそうな、正に体感できる展示になっていました。

プライス氏は、作品を購入する際、ネームバリューは気になさらないそう。感性のままに。素晴らしいですね。通りで、愛着に満ち溢れた空間になっていたわけです。その一貫した鑑識眼には驚かされます。狩野探幽や俵屋宗達や尾形光琳など、大御所の作品が少ないというのも、逆にプライスコレクションの魅力のひとつなのかもしれません。

※プライス氏が購入した始めての若冲…大学の卒業記念に購入。当初はスポーツカーを買う予定だったとか。
e0082110_1846343.jpg

それで、展示品のほとんどがオフィシャルブログ(ブログ化は定着しましたね)に丁寧に紹介してあって驚きました!とにかくいずれも甲乙つけがたく、でもちょっとくすぐったい気持ちで見たのは「美人に犬図/山口素絢」。遊女の赤い襦袢が透けて見えているのですよ。犬もなんともいえず可愛いですし。表装のセンスもいい。

他には、、
虎などは、絵師は想像の世界で描くしかなく、個性派揃いでしたし。動物の毛並みの筆の細やかさに見入っている内に何度もガラスケースにゴッツンコしてしまいましたが; 黒とそして白で描く墨絵からは絵師の熟練の技と魂を感じましたし。若冲が、藍問屋の跡取を弟に譲って、一生独身で絵画制作に没頭した(できた)経歴も興味深かったりして。

日本はそのほとんどを輸入に頼るしかない国ですけど、こんなに素晴らしい近代美術が、伝統文化が、四季が、花鳥風月があるじゃないか!今日はアメリカ人であるプライス氏に色んなことを教わったような気がしました。。
e0082110_1847367.jpg

「若冲と江戸絵画展」は、8月27日(日)まで。上野・東京国立博物館(平成館)にて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行きに帰りにクチナシの香りが心地よかったです。初夏には白い花がたくさん楽しめますね。なんて爽やかなんでしょ。自然の粋な計らいのようにも感じました。
e0082110_1818147.jpg

遅いお昼は日本橋高島屋の糖朝(とうちょう)で。お粥と    ↓ ふ~ふ~(かなり熱い;)
e0082110_18502645.jpg

名物「豆腐花(とうふばな)」 軟らかくて幸せ~ ←まだ歯が--;
e0082110_1850372.jpg

さあてそろそろお風呂に入って寝るとしましょかね。フランスガンバレ~ ポルトガルはもっとガンバレ~^^♪
Commented by momocyoko at 2006-07-06 09:40
cocobearさんこんにちは!糖朝いいですよね~香港に行った時よく行っていたら日本に出来て・・・嬉しかったです。お昼のセットお得ですよね^^見てたら食べたくなっちゃいました。余談ですが香港のは果物がこれでもかってほど乗っていました。日本は果物高いのかしら?香港にはもう10年くらい行ってませんが・・・
Commented by cocobear-riko at 2006-07-06 10:47
momocyokoさん♪やはり本場は違うのですね。
どんな感じなのでしょう。。
フルーツ大好きの私は、これでもかっ、に、反応してしまいましたですよ。
行ってみたくなりました~
ところで、豆腐花はフルーツ抜きには食べることが出来ない私です;
表参道店(一号店)に行ったら日本橋高島屋にもあることを知り、
以来、中継地点のココが私の休憩処になっております。
仙草(でしたか?)ゼリーにチャレンジしようと思いつつ勇気のない私です--;
Commented by momocyoko at 2006-07-07 09:27
香港のは下の仙草ゼリーや豆腐花が見えないくらいごろっごろのってました。マンゴーも日本のは有難そうに添えてありますが山盛りでしたし^^私もフルーツ大好きなのであったかい国はフルーツ天国って感じで幸せです。亀ゼリーも美味しいですよ。だた日本で食べると亀ゼリーも仙草ゼリーも缶詰が多くてがっかりすることが多いので食べるのやめました。変に甘くて缶詰の味がするんですもの。香港のは甘味はシロップで調節して食べてました。糖朝のは缶詰っぽくなかった気がしますが・・・よく覚えてなくて・・・ゴメンナサイ。一度チャレンジするのも良いかもしれません。
豆腐花桶で頼んで失敗した思い出が・・・小さい桶でなく普通の桶だったんです><豆腐ばっかたべらんない~それに私そんなに豆腐が好きじゃないのです。ちょっと食べるのは好きなんですが
Commented by cocobear-riko at 2006-07-07 21:17
momocyokさん♪グルメ情報嬉しいです。
んっ?亀ゼリーですって!!??どんなんだろう。。。。。

実は今日も糖朝に行ってきました。
仙草ゼリーにチャレンジしましたですよ~←正確には隣の人に影響され;
コーヒーゼリーに近いですね。
美味しかったです。

豆腐花桶は、アハハハハ
私も、お初は、桶で頼んで、友達と涙を堪えながら食しました。
温かいのにしたので、まるで、湯豆腐みたいで--;
別の友達の話では、温かい豆腐花に「杏仁シロップ」をかけてあるヴァージョンが
美味らしいですよ。
グルメな方なので確かだと思います。
今度またチャレンジしてみます。

マンゴーのあの甘さは人を幸せぃする甘さだと思いますぅ。
これからは桃ですね~
イチヂクも好きですよ~
by cocobear-riko | 2006-07-05 20:52 | いろいろ | Comments(4)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30