世界の医療団ソワレ・ドゥ・ガラ2013@フランス大使館公邸

昨日、フランス大使館で開催された「世界の医療団 / 誰もが治療を受けられる未来を」のチャリティ、ソワレ・ドゥ・ガラ(夜会)に行ってきました。昨年末のルーヴルイベントで知り合った平澤麻理さんが司会をなさるというので、お誘いをうけての初大使館。緑豊かの公邸は、ここが東京であることを忘れさせてくれました。公邸では一緒に参加したショコラの旅友、漫画家の水城せとな嬢といつものように撮影大会~^^♪
世界の医療団・・パリに本部を置く、世界各地に医療・保健衛生分野の専門スタッフ中心に派遣し、人道医療支援に取り組む国際NGO。


e0082110_17141870.jpg

e0082110_1714189.jpg

e0082110_17141897.jpg

e0082110_1714184.jpg

e0082110_17561757.jpg

e0082110_4111051.jpg

e0082110_1749212.jpg


クリスチャン・マセ駐日大使のご挨拶でパーティがスタートしました。東京中の名立たるフレンチが集結したビュッフェ、抽選会の進行は、ACジャパンの親善大使の滝川クリステルさんとドン小西さん(ファッションチェックもあり)。世界の医療の現場の生の声も聞くことができ、支援し続けていく必要性を感じたり、充実のひとときでした。

ジリ・ヴァンソンさんの司会も、私たち日本人よりも美しい日本語とそれを即座にフランス語で話されるという、惚れ惚れいたしました。麻理さんとヴァンソンさんの美男美女司会、とても素敵な進行でした♪

ここで、ビュッフェ協力のレストランをあげますと・・
ビゴ東京、ニューオータニ、セルリアンタワー東急ホテル、フェルミエ、ルヴェ・ソン・ヴェール、オテル・ドゥ・ミクニ、ホテルオークラ東京、ウェスティンホテル東京、八芳園、フランス料理文化センター、レストラン・タケル・ヨシノ、帝国ホテル、藤井商事、横浜ベイホテル東急、メゾン・バルザック丸の内、東京會館、オトワレストラン、ザ・キャピトルホテル東急、ホテルメトロポリタン・エドモンド、ロック・フィールド、ロイヤルパークホテル、銀座レカン、ホテルメトロポリタン池袋、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、パレスホテル、東京調理師専門学校、レストラン・パッション、青柳、全てにシェフの愛情とボランティア精神に満ち溢れた、美味しいお料理の数々とサーヴィスでした。ジャンパンは、モエ・ヘネシー・ルイヴィトン・ジャポン、何杯飲んだかな‥^^

以下、写真の大きさが不揃いで、お許しを・・


e0082110_17504163.jpg

e0082110_4362210.jpg

e0082110_1995616.jpg

e0082110_19105879.jpg

e0082110_17141822.jpg

e0082110_437034.jpg

e0082110_17141881.jpg


そして、私はと言いますと、抽選会で、二等賞のロンシャンのバッグを当ててしまうというクジ運の良さを発揮してしまいましたw。そうそう、その前に、晴れ女の威力も発揮したのでした。一位はフランス往復航空券でしたが、結果オーライ、ロンシャンジャポンのニコラ・シトボン社長も、着物でロンシャンのバッグを嬉しそうに持っている私を、とても喜んでくださいました。この日の着物は、母からもらった福田喜三郎氏の刺繍入りの藤の花の着物、強運な母の運気が着物に宿っていたに違いありません!


e0082110_17141949.jpg

e0082110_1805970.jpg


そして、お土産は、シャネルとアンスティテュ・エステダム・ジャパンから、私の大好きなボディクリーム。ありがとうございました--

何より、世界中に誰もが治療を受けられる未来を願いつつ、来年も協力できればと思った、世界の医療団ソワレ・ドゥ・ガラ2013でした。
by cocobear-riko | 2013-05-18 17:14 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31