上方舞吉村流「昂扇会2012」

e0082110_3145590.jpg「昂扇会2012」
お陰さまで無事に終了いたしました。

今回もご縁のある皆様がたくさん観に来て下さいました。またメッセージもたくさんいただき、ありがとうございました。

息子は師範になって初めての本舞台でしたが、久しぶりに拝見した昂扇先生の舞い、賛助出演の古ゆうさまの舞い、昂扇会の皆さまの舞い、そして、先生のお孫さんの初舞台^^、いろんな個性の舞いを鑑賞することができ、心が豊かになったような気がしました。

今回は国立劇場でしたので、舞台の写真がないのですが(撮影禁止にて)、後日、会より数枚頂けると思いますので、今宵は、DVD鑑賞している画像でお楽しみください(最後の一枚↓。DVDはすぐに頂けるのです)。

舞のDVDを見ながらひとり反省する息子がおりましたが、舞い歴18年とはいえ、客席に大学の芸術学部の舞踊の先生の姿が見えた時は緊張したよう。息子は理系に進みましたので、芸術学部とは無縁と思っていたのですが、モーションキャプチャーの研究をしている中で、ご縁が出来たのでした。また、いつもはなかなか褒めて下さらない方よりお誉めの言葉を頂けたようで、「どうすればもっと日本舞踊が上手くなれるのだろう・・」と、さっそくやる気をみせていました。来年、社会人になっても、二足の草鞋で頑張っていくことでしょう。よろしければまた応援してくださいね。よろしくお願いいたします。

ちなみに、本日の私の着付けには、タオル布団wが5枚、綿が数か所入っています。結果、鳩胸で~すw(娘に「オードリーの春日(失礼~親しみを込めて呼び捨てです)みたいw」と言われつつ・・w



e0082110_1445198.jpg

e0082110_1494436.jpg

e0082110_4263834.jpg

e0082110_1473984.jpg

e0082110_1475562.jpg

e0082110_1481082.jpg

e0082110_3135582.jpg

e0082110_3141872.jpg

Commented by 金魚のふーちゃん。 at 2012-09-30 14:58 x
ご盛会おめでとうございました。
息子さんの舞姿を拝見したのは、もう何年前のことでしょう。
すっかり成長され、来年は就職なのですね。
いつか舞姿を再び拝見したいです。
Commented by cocobear-riko at 2012-09-30 18:05
金魚のふーちゃん。さん♪
わー♪あれから何年が経つでせう。。
blogなんかやっていない頃ですもの~
ずっと応援してくださり、有難いです。。
昨日は真由ちゃんのご両親も見に来て下さったのですよ。
真由ちゃんと息子は偶然にも同じ流派、これもご縁ですね。
名取の時に三越劇場で舞われた「鐘ヶ岬」を未だに覚えていますが。
印象に残る舞い、感情移入しすぎずに無心に舞う、、
なんでもそうですけど、「これで完璧」と思ったら、そこで
止まってしまうのかもしれませんね。。
息子に教わる今日この頃です^^;
by cocobear-riko | 2012-09-30 03:55 | 鶴田のイベント情報 | Comments(2)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31