白水社『ふらんす』のエッセイと読者プレゼント♪

e0082110_22302597.jpg

少しご無沙汰いたしました。
まずは、縁起のいい富士山画像をお裾分け♪
先週末、義母の一回忌と熊本の2番目の姉の還暦祝いに九州に里帰りした時に
飛行機の中から撮った富士山です
※正確には窓際に座っていた息子にシャッターをきってもらった



e0082110_22241917.jpg

さて、前にココでも告知いたしましたが、白水社の月刊誌『ふらんす』8月号(7月22日頃
発売)の巻頭ページ「フランスと私」のコーナーに、エッセイを書かせていただきました。
入稿も、敏腕美人編集長に一回でOKをもらい、この数年の苦労がやっと報われたと、、
涙が出ました。。

写真は、7月号ですが、私がバトンを受け取った建築史家の坊城俊成氏のエッセイが
「大聖堂の塔」、ノートルダムの記事ということに、まず、驚きました!

なぜかといいますと・・



e0082110_22281088.jpg

私は、この度のエッセイでも、パリの街角動物オブジェについて書かかせて頂いて
おりまするが、坊城俊成氏のエッセイを拝読する前に、ちょうど、ミシュラングリーンガイド
(ミシュランの観光版)のノートルダム・パリの項をじっと見ていたのです

クマのガーゴイルがいるではありませぬか!!!!!w

前に一度、ノートルダムにのぼったことがありますが、その時には、このペリカン(?)すら
見つけることができなかったのですよね。。(他の文献に掲載されたガーゴイルも然り)
恐らく観光客が入れない場所からの撮影だと思われますが・・

"お日様の光"と"建築"という視点で書かれた坊城俊成氏のエッセイを拝見していたら
私も、『ふらんす』片手に、シャルトルやストラスブールやトゥールーズのノートルダム
を巡ってみたい!と思うようになりました



e0082110_22284266.jpg

私のエッセイも、どなたかのお心に、小さくとも、届きますように。。。
また、私の敬愛する鹿島茂先生におかれましては、同誌の連載「パリ風俗辞典」
が101回目となられます。100と1回目、、そんな新たなスタートの号で、執筆者一覧に
名前を連ねることができるなど、、これで死んでも悔いはありません。。><


e0082110_2325913.jpg

そして、"テディベア作家"が日本にもこうして居ることを、一人でも多くの方々に
知っていただけましたら、こんなに嬉しいことはないわけでして、、
今回は、エッセイを買って下さったお礼として、自作のクマちゃんを読者プレゼント
として提供させていただきました^^v
応募要項などは、『ふらんす』8月号(7月22日頃発売)をご覧ください。
『ふらんす』は、日本全国の書店(教育誌コーナー)に置いてありますが(私はいつも
神保町で買います。鹿島茂先生のサイン本が売ってある書店でw)、売り切れる場合
もありますので、ご予約をオススメいたします!

5年間、何かに動かされるように歩いて歩いて撮った街角動物オブジェの写真と調査の
エッセイ、心を込めて書きました

また近くなりましたらご案内いたしますが、ご興味がありましたら、よろしくよろしく
お願いいたします。保存版として数冊お求めくださいね^^w

クマちゃんとフレンチアンティークキーホルダーは、敏腕美人編集長と一緒にセレクト
しましたよ〜



ーーーーー



さて、明日からは針仕事に戻ります!
久しぶりに針を持てるのでワクワクしています♪
以下、納品予定です

全国紙デビュー記念としてフランス書簡専門店・欧明社へ数体
大阪のテディベア専門店Ritti Bearへ数体
Dear Bear 名古屋 LACHIC店へ3〜5体
※9月1日(土)〜23日(日) 秋のアーティストフェアに参加いたします

そして、東京では、いつもの新宿伊勢丹の秋一番のイベントにもお声をかけていただき
ましたので、いろいろいろいろ作りまするよ〜。お楽しみに〜^^/
by cocobear-riko | 2012-07-02 23:58 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30