「鐘ヶ岬」

e0082110_17202337.jpg

息子、吉村秀扇(しゅうせん)出演の吉村流上方舞・昂扇会「夏の会」も無事に終わり
この会が終わると、梅雨本番だなと思っていたら、先に台風が来てしまいました
皆様、お気をつけてお過ごしください

息子は「鐘ヶ岬」を舞いましたが、秋には、本舞台(国立劇場/小劇場)も予定しています。
よろしければ、芸術の秋を日本舞踊で、ごゆるりとご鑑賞いただければと思います。
また、ご案内いたしますね

鐘に恨みは数々ござる 
初夜の鐘をつくときは諸行無常と響くなり
五夜の鐘を撞くときは是生滅法と響くなり

なんとも印象的で素敵な出だしです。
是生滅法、ぜしょうめっぽう、仏教の言葉で、この世のすべてのものは
常にとどまることなく移り変わり、生きているものは必ず死ぬという考え方。
鐘の音を通じて現世の迷いから解脱する、いわば"女の生涯"を表現する舞いです
一部、御師匠さんのHPより抜粋いたしました


e0082110_17211050.jpg

江戸深川資料館のショーケースに展示中の江戸のからくり駒
動きを想像しながら、息子の帰り支度を待ちます
日本人ってホントに面白いものをつくりまするね

[追記]
江戸の伝統工芸にお詳しいマドモアゼルからメールをいただきました
この独楽は、江戸独楽作家の重鎮、広井政昭氏の作品で
日本国内のみならず海外でも認められ、ルーブル美術館にも作品が
永久保存されているとか。いつか動いている姿も見てみたい!
情報をありがとうございました__


e0082110_17213131.jpg

そして、家族でお疲れちゃん会。こちらも恒例の「門前茶屋」にて。
〆の深川名物"あさり飯"は、今年も蒸籠でいただきました。
これが薄味で美味しいのなんのって~

今年は久しぶりに娘も「夏の会」を見ることが出来、家族が揃いました。
舞の会の帰りに必ず寄っていた深川名物のお土産屋さんのおじちゃんもおばちゃんも
お元気そうで、これまた久しぶりに記念撮影。
変わらないっていいねぇ^^
Commented by 森内です at 2012-06-19 20:43 x
近くなのに寄ることができなくて残念でした。
きっと素敵な舞台だったのでしょうね。

まだ大阪は静かですがお気をつけてお帰りください。
Commented by cocobear-riko at 2012-06-19 23:59
森内さん♪
気に留めていただいて~ありがとうございました
いえいえ、舞いの会は東京だったのですよ
大阪で舞う機会がありましたら、よろしければ
みてやってください

東京は風が凄いことになってます><
でも、飛行機は飛んでいます。。不思議。。

いづれにしても、梅雨、台風、夏~
体力をつけて、負けないようにしないとですね!

by cocobear-riko | 2012-06-19 18:06 | いろいろ | Comments(2)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31