お寺はアートの宝庫だ~

e0082110_2411889.jpg

e0082110_2395528.jpg

e0082110_3221431.jpg

e0082110_2410100.jpg

藤沢山無量光院「清浄光寺」 通称「遊行寺(ゆぎょうじ)」
こちらの宝物館で開催中の「描かれた動植物展」を見にお初の藤沢へ行ってまいりました。今日まででしたのでまたもぎりぎり^^; 藤沢駅からはタクシーに乗りました。美術関係の本では清浄光寺をよく目にしますが、タクシーの運転手さんには「遊行寺まで」と言った方がいとよろし。と前もっと知っておけばよかった~><(笑) 名物の大イチョウとここ時宗(じしゅう)総本山の開祖一遍上人(いっぺんしょうにん)像に迎えられ宝物館へ

以下、記録です(検定試験前にて独り言と思ってください笑)

・「草花図断簡」 江戸初期 俵屋宗達(絵)&本阿弥光悦(書)
小品だけど、ふたりのコラボレーションをまさかここで見れるとは思わなかったので嬉しかった

・「十六羅漢像16幅」 室町時代
寅・犬・獅子・龍・猿などが一幅一幅に生き生きと描かれていた

・長谷川等玉
等伯の弟子。大胆な構図。等伯を思わせる

・「山水人物図」 桃山時代 雪村

・「青緑山水図」 江戸時代 谷文晁

・国宝「一遍聖絵」(特殊コピー) 鎌倉時代 円伊作(絵)
時宗総本山遊行寺の開祖一遍上人の生涯を描いた日本最古の絹で作成された絵巻。丹後久美浜、一遍上人の念佛で海中から龍が。筑前武士の館の馬小屋の馬番は猿! 他、動物がさり気なく描かれていて見入ってしまった

・「初音 」昭和 黒崎義介
童画家。遊行寺宝物館の初代館長(だっけ・・?)。日本人の心の故郷のような画風に癒された

etc

<番外編(常設)>
・「空也上人像」 室町時代
念仏を唱えながら遊行する空也上人像。口からは六体の阿弥陀。老いと苦行相が表に出つつ眼光鋭く一歩を踏み出す姿に強い信念が見られる
重要文化財「後醍醐天皇像」(清浄光寺蔵)は京都でお仕事中~



もちろん、国宝「一遍聖絵」も複製、有名な画家の作品も小品でしたが、こういう規模の展示が私は好きです。大きな展覧会は会話ができないというか。。明日は渋谷ユーロスペースで上映中の越後妻有「大地の芸術祭の里」のドキュメンタリー映画「小屋丸 冬と春」を見に行く予定。起きれたら(笑;)



e0082110_242883.jpg

「干支教室2010」のお知らせはこちら~
by cocobear-riko | 2010-10-12 02:44 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)

2017年12月22日(金)23日(土) 鶴田眞利子『パリの街角動物』出版記念作品展 「Les animaux au coin des rues de Paris ~パリの街角動物~」 ホテルサンルート熊本4階「石亭」にて 第二弾となる出版記念展では、熊本初、干支教室「プードル」も同時開催!


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31