シネマ鑑賞記④

e0082110_2352659.jpg

久しぶりにシネマ記など(忘れているのもあるかも・・)

写真は、パリ13区にある「モビリエ・ナショナル」
ゴブランやボーヴェのタピスリーやサヴォヌリーの絨毯など、古くからの伝統を今に伝える工房を総括している施設です。国有の家具の管理・製作も担当。また。2007年5月には、ゴブラン織りギャラリーがオープンしています

当然、私は、ここモビリエ・ナショナルの玄関で番をしている"牧羊犬"に用事があったわけですが(笑

で、前置きが長くなりましたが、本日公開の「プチ・二コラ」のロケ地に、ここが登場し、「牧羊犬♪牧羊犬」と、一人で興奮していた私です(笑)


<DVD鑑賞記>
「サンシャイン・クリーニング」・・サンシャイン組の第二弾♪どんな仕事も"誇り"を持つこと
「クララ・シューマン」・・音楽家たちの魂の結びつきに感動。ブラームスのファンになった(笑)
「ココ・シャネル」・・15年ぶりにコレクションを発表して失敗し成功したシャネルの愛と野心
※余談・・マイケル・ジャクソンは13年ぶりの「This in it」だったのよね・・
「べティ・ブルー」・・ブルーは寒色暖色どちらともとれ予測不可能。純粋で美しい映画だった
「理想の彼氏」・・恋に年齢は関係ない。でも悩む。悩みも恋の一部。年齢差も個性のひとつ
「椿姫」・・原作はデュマ・フィス。グレタ・ガルボ・マグリットで鑑賞。ただただ切なく美しく・・
「かげろう」・・第二次世界大戦最中の仏、イヴァンの若さと精神的な危うさに最後までドキドキ
「恍惚」・・大切なのは信じることと諦めないことと会話。ファニーとドパルデューとべアール◎
「This is it」・・怒っているんじゃないよ愛だよ。マイコーの志の高さと謙虚さと深い愛に感激
「愛と宿命の泉」・・許されぬ過ちはなく あがなえない罪もない 悔悟は全てを消す。聖なる・・
「幸せはシャンソニア劇場から」・・不況の中でも慎ましく歌い踊り戦い恋をする
「ジャッキーを夢見る子供たち」・・国立の騎手養成学校で勝負を学ぶ14歳の子供達の日常
「ラフマニノフ」・・天才にしかわからない苦悩。「あなたはいったいどこにいるの?」妻の言葉


<スクリーン鑑賞記>
「オーケストラ」・・チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が効果的に使われていた。けど・・
「カラヴァッジョ」・・光りの部分は限りなく美しく影の部分は罪深。見る者に聖書を発見させた
「アデル/ファラオと復活の秘薬」・・元お天気お姉さん、ルイーズ・ブルゴワンあってのアデル
「パリより愛をこめて」・・come back♪ジョン・トラヴォルタ&ジョナサン・リス・マイヤーズ
「シャネル&ストラヴィンスキー」・・ストラヴィンスキー「君(シャネル)は芸術家ではない」
「ドミニクの歌」・・ドミニクニクニク粗末な成りで旅から旅へ♪シスタースマイルの自由の旅の果
「ネコを探して」・・熊本県人としては水俣病とネコの関係には言葉を失った。よく取材したなぁ
「シルヴィアのいる街で」・・小津安二郎を敬愛しネルヴァルのシルヴィをヒントに・・なるほどー
「プチ・二コラ」・・ニコラの天真爛漫さ、子供の小悪魔さ、久しぶりに子供目線で鑑賞♪




by cocobear-riko | 2010-10-10 01:12 | いろいろ | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30