テディベアと仲間たち

e0082110_0165031.jpg銀座三越のイベントも無事に終わり、少しほっとしているところです。。

実演販売には、平日にもかかわらず、本当にたくさんの皆さんにお立ち寄りいただきました。ありがとうございました。テディベアブーム再来か・・?イベント後、久しぶりに仲間たちと飲みに行きましたが、手応えを感じたのは、私だけではなかったよう。来年公開の映画「スイートリトルライズ」(江國香織原作。主人公はテディベア作家)の影響もあるようですが、メディアの影響は大きいです。

個人的には、行くべきところに作品が動いたり、友達がひょっこり遊びに来てくれたり、一足早いクリスマスプレゼントをいただいた気分になりました。早朝より並んで下さったり、お仕事帰りに立ち寄って下さったり、皆さん、お疲れは出ていらっしゃいませんでしょうか・・ありがとうございました


e0082110_017951.jpg
e0082110_0172058.jpg

実演では、トラ吉の斑描きをいたしましたが、斑を"手描き"していることに、皆さん一様に驚かれていました。恵比寿三越の「トラ吉教室」の生徒さんも、トラ吉をご持参くださり、一緒に斑描きをいたしました。こーれは楽しかった。一日こうしていたかったです。

また、今回は、「テディベアのイベントなのに、トラばっかりじゃないですか」「鶴田さんはテディベア作家さんだけど、ベアは作っているのですか?定番のベアってあるんですか?鶴田さんの定番って何ですか?」というお言葉を頂きました。そうなんですね(笑)、「ノエリーベア&フレンズ展」においては、仏像ですから・・

センシビリティー(幸せな偶然)の積み重ねでしょうか。素敵なファヴリックを見つけてしまったり、時を同じくして感動する出来事があったり。すぐに"運命"を感じてしまうクセもありますが(笑)、これが私なのですから、仕方がありません。

追記:作品はすべてsold outです。merci


e0082110_017396.jpg←写真は、「トラ吉教室」の生徒さんからの写メール。一部、縫製を間違われたのですが、これも個性と見なし、そのまま完成へ。とにかく、斑描きの力強さに脱帽です。手作り品といえど、形あるものを生み出すわけですから、最後まで責任を持って完成させる、命を吹き込む、その想いが伝わった・・と思えた生徒さんの作品でした。
by cocobear-riko | 2009-12-03 01:14 | 鶴田のイベント情報 | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31