マイコーからマリコロンへ

e0082110_23592377.jpg「新宿伊勢丹ベア&フレンズ2009」、無事に終了いたしました。メッセージもたくさんいただきました。ありがとうございました。

私は12日の抽選日にマスク姿で(インプラントの術後だったため;)そっと鑑賞。

コラボレーションは、例え作家の名前を伏せてあったとしても「誰がつくったか」わかる、個性溢れる"スター"ばかりでした。オンリーワンも然り。このイベントの参加メンバーの一人であることに今回(も)誇りを感じました。

私の「バブルス・マイコー・チーキー・ホー」も「クロエ」もご縁が繋がりまして、たくさんご応募をいただきましてありがとうございました。

※撮影は許可を得ています。

ほっとしつつ、とにかく、今、「マリコロン展」のDM作成が大詰めです。
明日が抜糸にて、本腰入れてがんばれると思っています。がんばります!
「アニモーマカロン教室」(仮名)のサンプルもつくっていますよ~

e0082110_02743.jpg


ところで、話が前後しますが、実は、今回、マイコーをつくりにあたり、初めて
「スリラー」を最初から最後まで見ました。見ることができました。
というのも、「スリラー」が流行った当時(大学4年)、狼男にトラウマ(子供の頃に
みた映画で。吸血鬼も苦手)があった私は、「スリラー」のPVが怖くて怖くて全部を
見ることができなかったのでした。一人暮らしがスタートしたばかりの頃でしたし。
制作にあたりDVD「ONE]を買いましたが、今でも、毎日、一回は、みています。
これまでのトラウマをかき消すかのように。
何度みても見飽きることがありません。元気がでます。
青春を想いながら、マイケルと同じイニシャル(M)というだけでも嬉しい私です。笑

今宵のシャンソンは、ペプシCMと、これはホントに懐かしい、「オレたちひょうきん族」。爆
パート2も追加しました(笑)。フラワーダンシングチームは今や大御所、かなり豪華です。
あはは、通訳さんも面白い。覚えています。思い出しました。
そういえば、ウガンダさんも亡くなられたのでした。。合掌
この頃のお笑い、パロディは、レベルが高いように思います。












ps.
昨日、「タクシデルミア~ある剥製師の遺言~」という映画をみました。
(ご覧になった方、いらっしゃるでしょうか・・)
全体的にかなりグロテスクですが、ラストシーンが印象的で、でも、このラストを受け入れる
にはやはり最初から見ていないと理解できないわけで。。
映画は、父子3代の物語。祖父は性欲。父は食欲。そして剥製師の息子は、、
その息子が最期につくった剥製に度肝を抜かれます。でも、人間の本質も感じます。
長くなりましたが、剥製師のアトリエの壁に、マイケル・ジャクソンの「Bad 」のポスターが
貼ってあったのがなんとも意味深だったのでした。。。
by cocobear-riko | 2009-09-15 00:05 | いろいろ | Comments(0)

Mariko TSURUTA, je suis créatrice d'animaux, d'ours en peluche. 動物・テディべア作家の鶴田眞利子です。いよいよ今秋「パリの街角動物」出版です。 よろしくお願いします。Tous droits reserves copyright(c)1995-2017


by cocobear-riko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31